ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

退学、地元へ帰省 ベロの物語⑤

 

 

ギャンブルへののめり込みが激しすぎて、借金もどうにもならなくなり、周りの友達や、彼女も段々呆れてしまい、少しずつ人が離れて行きました。

 

それでもギャンブル場へ通うことは辞めず、足掻きます。

最後の方は、パチンコではもう返済できないと思い、競馬や競艇に行き、そこでまた負けていました。

競馬の予想ソフトを購入したり、競艇場のおじさんと仲良くなり、コーチしてもらったりして、月に100万勝つこともありましたが、それはほんの何回か、

勝ったところで散財し、またギャンブルの資金にしてしまうので、借金は全く減らない状態でした。

 

大学3年の前期終了時点で、大学に通うのはもう無理なことを自覚していました。(推薦で入学したので、何年も留年はできないので)

もうどうにもならなくなって、一旦親に、大学を辞めることは伝えようと思い、夏休みを理由に、帰省しました。

 

大学を辞めることを言った瞬間の親父、お袋の落胆具合は、今でも覚えています。

親父や兄貴が入りたかった憧れの大学でもあり、またギャンブルが原因などとは当然ながらだれも思わないので、なぜこんなに単位も取れてないんだ、ひとりぼっちだから寂しかったのか、と初めは同情してくれました。

 

 

そして職探しもあるし、一旦帰ろうとしていた時、親父がたまたま飛行機のチケットを見て、カードで航空券を買ったことがわかり、

 

『何か隠し事があるだろう、全て話すまでは帰るな』

 

と言われました。そこで、観念し、借金がたくさんあること、ほとんど毎日のようにギャンブルをしていたことを白状しました。もちろん借金は全額は言いませんでしたが。

 

『もう死んじゃえばいいんだよ、この馬鹿野郎!』

 

とボコボコにされましたが、当然でしょうね。親父の怒りはもっともでしたが、返済をすぐに準備してくれるのを見て、ほっとしてました。

 

そして何日か後、帰ろうかなと言ったら、『返済してほしいなら、全てを捨てて、一からやり直せ!』

 

その後お前がどこに行こうと勝手だが、今のまま返すわけにはいかないぞ、そもそもお前はなにをしようとしてるんだ?

と言われ、抵抗することもできず、後日お袋とアパートを引き払うことになりました。

 

乱れた生活のせいで、部屋は大変なことになっていました。

 

マンガ本の山、ゴミの山、洗ってない食器など、今で言うゴミ屋敷状態で、ワンルームの部屋なのに、片付けるのに、何日もかかりました。

 

そして、冷たい視線の大家さんに母が平謝りをしていました。自分のせいなのに、すごく悔しかったです。

 

外にゴミを出したら、あまりにも多すぎて、回収してくれないので、少しずつ大家さんが出してくれることになりました。

 

最後の最後まで迷惑をかけました。

 

ここが最大の転機だったのかもしれませんが、もうギャンブル依存症になってしまっていた私は、この後もずっと悪い状態のまま、20年近くを過ごしていきました。

 

 

ブログ応援して下さい!クリックお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク