ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

新しい命、人でなし ベロの物語⑰

ギャンブルだけでなく、ゲームにも依存し、どうにもならなくなってきた頃、地元九州への転勤の話がありました。

 

やましいことだらけなので、帰りたくはなかったので、担当している場所が目処がついてから、とくいさがったのですが、そこ迄待ったら、別の人が入っちゃうよ、ということを言われ、普通なら、子供も生まれるし、喜んで転勤するのですが、渋々転勤を受け入れることとなりました。

 

荷物を作るのも自分、そして、ギャンブルもしていたし、その時期はなかなか調子良かったので、ギャンブルばかりしていて、なかなか捗りませんでした。それでも何とかまとめ、九州に転勤になりました。

 
九州に帰り、仕事をするのですが、隠し事があまりにも多すぎて、また借金も返せなくなってきたので、毎日胃が痛く、不安の日々の連続でした。
 
しかも、前の所長に、何か悪口を言ったと、言われの無いことも言われて、精神的に落ち込んでいました。
 
 
そんな頃、会社に電話があり、とうとう産まれそうだと。
出産に立ち会いました。生まれてきた時に、本当に可愛いなあ、とは思いましたが、同時に、可哀想だな、生まれて直ぐにトラブルに巻き込まれ、元妻も狂っちゃうかもなあ、とか、素直に子供の誕生を心から喜べない自分がいました。
 
 
それだけでも子供にとっては可哀想なのに、更に悪いことに、退院して、元妻と子供が初めて元妻の実家で生活を始めようとした日に、またとんでもないことをしてしまうのです。
 
 
私は隣の県に出張という形だったので、週末だけ2人の元へ帰るという生活をしてたのですが、
給料日が、産まれて直ぐにあり、それを持って帰らなければ行けない時に、また嘘をついて、まだ給料は入ってないといってしまったのです。
 
 
それは、給料が入ってから直ぐに、ギャンブルで3万程負けてしまったからです。そして、実家での初対面もそこそこに、仕事が忙しいと嘘をついて、何とその足で、競艇に出かけたのです。
 
 
心無い行動は今まで沢山してきましたが、このことは今でも罪悪感がすごくあり、まだ息子にも話せていません。
 
 
そして、給料の全てを競艇にたった一日で使ってしまうのです。残金は一万位でした。
 
死のうと思いましたが、意気地無しです。なかなかいいだせなかったのですが、給料の催促があったので、白状するしかありませんでした。
元妻に、はじめて頬を思い切り叩かれました。
その日から、家はお通夜のようになり、仕事をしてる場合ではないと、休んで話をすることになりました。
 
ブログ応援して下さい!クリックお願いします!
 

スポンサーリンク