ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

年末年始の過ごし方

あけましておめでとうございます!

ギャンブル依存症当事者は、穏やかでない毎日を過ごされているかも知れません。
 
私の正月は、まずギャンブルにハマっていた時は、とにかくまずギャンブルをいつやるか?ということに重点を置いた中での年末年始、そして、年末までに、できるだけお金を残して、「正月は出ないからやらないよ!」とか言いながら、毎年大晦日は夕方で切り上げ、正月は元旦から、朝は親がうるさかったので、昼過ぎからパチ屋に行きました。そしてだいたい三が日でだいたいお金が尽きるまでギャンブルをし、明けには前借りをするという生活をずっと何年もしていました。
 
結婚してからは、長い休みはやはり上手くいかず、喧嘩をして、寮に帰ったりしていたので、空いた時間に、数少ない小遣いをはたいて、ギャンブルをしていました。ギャンブルはしなくても、長い休みに私も元妻も、お互いのストレスに耐えられず、喧嘩をして、私は早々に寮に帰り、我慢我慢の年始を過ごしていました。
 
自助グループに繋がり、やめる努力をしていた時も、誰にも打ち明けないものの、ソワソワイライラして、中々穏やかな年末年始とは行きませんでした。
 
そんな中でちょこちょこスリップしそうになったこともあります。
 
ここ3年は、ギャンブルに対する無力を心から認め、ギャンブルが大好きな自分も認めたため、本当に穏やかな年末年始を過ごすことが出来ています。やはり傍にいてくれる妻の存在がすごく大きいですが。
 
たった3年以上前は、ギャンブルのことが頭から離れない状況だったので、もし、今妻がいなくて、ステップもしていなかったら、自分も年末年始を乗り越えられるか、自信はありません。
 
 
だから、年末年始苦しんでいるギャンブラーに、どうやって止めたらいいか、とかも勿論言えないし、特に、地方ではあまり自助グループもやってないので、本当にそれこそギャンブル場に近づかないことと、お金をなるべく持たないこと、後は遠くの自助グループまで遠征するのもいいかも、食べて寝る食べて寝るを繰り返す(笑)あんまいい考え浮かばないですね。やはり年末年始は我慢でしょうか。
 
仲間にLINEや、Twitterを使うのもいいかもですね。こんな時こそかまってちゃんはいいと思います。それで何とか気が紛れるなら。
 
とにかく1人で居ないことしかないですよね!
 
苦しい時期こそ遠慮せず、仲間を使い、できることをして行きたいですね!
 
 

スポンサーリンク