ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

家族の支えが大切です

 

 

こんばんは、ベロです!一つ前の、ミーティングの話が何だか反響があり、本当にありがたいです。今日もミーティング行きましたが、仲間とミーティングの大切さは、コツコツ通わないと分からないし、コツコツ通うことで変わっていくということを話し、回復より優先する仕事や用事はない!とミーティングでも言ってきました😄

 
さて、今日は家族の話です。自分の話ではないので、また、あくまでも私の考えなので、賛否両論はあるのは承知の上です。
 
私は、ここ1年くらいですけど、特に家族の方とお会いする機会がすごく増えて、また、未だ家族の自助グループに通われてない家族の方に質問されることが多いのですが、私はいつもハッキリ、
 
家族に出来ることはありません
 
出来ることがあるとすれば、完全にお金をシャットアウトすること、責任を本人に返すこと。
これだけをいつもお伝えします。
 
そんな無責任な、という方が沢山いらっしゃるのですが、本当に当事者に責任を、借金整理でも、休職手続きでも、入院でも、生活保護申請でもです、当事者にやらせないと、自分のした事の重大さ、責任の重み、回復へ向かうことの覚悟などが出来ないと思うのです。
 
底をついてないギャンブラーは嘘の天才ですから、泣いたり、謝ったり、自殺をほのめかしたり、回復者のフリをしたり、なんでも出来ますから。
 
そして、思ったほど勇気もないので、自殺も出来ない、完全に逃げて、別の生き方をすることも出来ない、回復もろくに出来ないのです。私がそうでしたから。
 
でも、底をついて、回復をしようと、生きる方にもがく、頑張るギャンブラーには、家族は出来ることは沢山あると思います。
 
私は、前の家族には、感情面で抑えられ、意見も言えず、金銭面でも苦しかったし、何かあると罵声を浴びせられ、子供にも会えず、人として扱われなかったように思います。怒りや恨みの矛先が私だったのでしょう。
でもそれはそれで、ごく一般的な家族の対応で、仕方ない部分もあると思います。
 
だからこその家族の支援が、本人を回復へ大きく導くものだと思います。
 
家族の病気への理解
 
これは当事者にとって、本当にありがたいです、
ギャンブル依存症は病気なんだから、治療が必要、そのためには、自助グループへの参加、病院への通院、回復への努力は沢山いるし、そのためにかかる費用とかは必要なものだ、と理解して貰えるだけで、自助グループへ通ったり、講演に行ったり、回復への努力を沢山できるし、変わっていきます。
 
そして、借金を返すこともしなきゃいけないことだけど、それよりも回復へ向かう方向に本人がキチンと向き合うこと、これが家族には中々受け入れられないのでは。お金の問題は、本当にギャンブルをキチンと止められていれば、少しずつしかも1番早く解決する問題です。
 
本人が生き方、性格を変えていくことが、必要で、しかも時間がかかります。だからこそ1秒でも早く本人が回復の方向へ向かうこと、これが一番大事だと思います。ですから、当事者が繋がる前から、家族がその事を理解し、必要な手伝いだけをするということは、回復の助けになると思います。
 
ご自身を大切にすること
 
家族の方が、傷ついた自分を癒し、自分自身を見つめ、自分の回復へ向かうことが、どれだけ当事者にとって良い事でしょうか。
家族が、当事者の事に関心がなく、自分の事に目を向けていくと、当事者は焦ります。そして、どんどん元気になって行く家族を見て、繋がっている当事者は勿論、繋がっていない当事者も、対応の変化を感じ、ああ、本当に助けてくれないんだな、とか、自分は見捨てられたな、とか思ったりします。それが当事者が回復の方向へ向くチャンスですもんね!
尚更家族が、プログラムとか始めたりして、心から元気になって行くと、ああ、俺もステップしたいなあとか、相乗効果間違いなしだと思うのです。
 
実際私は、去年の春からスポンシーをもって、ステップワークしていますが、妻は既に7、8人スポンシーいるのでは?普通に焦ります(笑)妻の霊的成長に一歩でも近づきたいと思います。
 
ウチは特別だと思いますが、家族が家族の自助グループで元気になっている当事者と、家族が自助グループに行っていない当事者は明らかに、心の元気さ、回復の中身が違うと思います。後者の方は、明らかに苦しそうだし、何年経っても、家族から認められもしないし、余り人として扱われてないように思います。体感ですが。ミーティングでも自己憐憫や、後悔の念ばかりを話します。
 
散々苦しめられた家族からすれば、ギャンブラーのくせに何言ってんの!とお叱りを受けるかも知れませんが、私はいつもそんな考えで御家族と話をさせて貰っています。
 
ギャンブラーは自分の現在、未来のために、自分のために回復しなければいけませんが、家族の支えがあると、結果的には家族もちゃんと幸せになると思います。
 
幸せでいるために
 
私には回復し続ける責任があります!
 
そのためには妻の協力が必要不可欠なのです。
 
 
 

スポンサーリンク