ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

決断

入院して一月くらいたった後、元妻が話をしに来てくれました。
 
入院当初は、私はお金を持っていないふりをしていたので、お金がないから病院に送ってくれ、と言いましたが、先生と話をしてからとか言われ、またじゃあ洗剤だけでも送って欲しいと頼んでも、まるで無視され、2週間過ぎに、粉洗剤が急に送ってきたりして、もうろくに連絡も取れない状態でした。
当然かも知れません。3年半やめてからのスリップなので、ショックもあったでしょうが、最初に言わなかったのがやはり一番こたえたみたいでした。後入院して、お金もかかるのに、生活も厳しくなるのに、と頭に来てたのかもしれません。
 
 
何を話に来るのだろうと思いながら、こちらにもどうせ話はあるから、まあいいやと思って、その時間をむかえました。
 
色んな話、ほとんどお金の話をしましたが、私の方から、もう信頼して、本当の事を話せないと伝え、離婚したいということを言いました。
自分から切り出そうと思っていたのでしょうが、私の方から言われ、驚いた、そして、怒りの顔をしてました。
 
どの面下げてあんたから!と思ったんでしょうね。慌てたように、私も離婚したいと思っていたと言われました、また借金を返していく生活は耐えられない!と。
 
考え方はお互い合意していましたが、離婚するまでは金銭管理は元妻がするという事なので、なんのために、と聞きましたが、まだ離婚してないから、私が管理しなくてどうするの?
と言われました。その私をお金としか見てないのが嫌なんだ、と思いましたが、その時はどうでもよかったです。手元にお金はありましたから。
 
本当は、元妻のことは、恨みが出てしまうので、書きたくなかったのですが、話上仕方ありません。
 
嫌な気持ちになった方も沢山いるかもしれません。すみません。
 
そんな感じで離婚が決まりました。
 
もしかしたら子供に会えるかも、という期待は外れ、この後1年近く会えないことになるのです。
私達はそれで良かったのかもですが、子供はどんな思いだったかなと思うと苦しくなります。
 
入院1ヶ月目にして、人生での大きな決断をしました。それは今でも後悔はしてません。いまの私が幸せだからです。
 
ブログ応援してください!クリックお願いします!↓
 

スポンサーリンク