ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

内観

おはようございます!ベロです!

 
さて、ゲームに依存しながら、何とか入院生活も後半に差しかかり、後半になると、先生から、最後の前の週に、内観をするかどうか尋ねられます。
 
これは別に費用がかかる訳ではありませんが、内観専用の先生がいるので、予約をとって、していただかないといけないので、聞かれるのです。
 
それと、入院して、全ての人が状態がいい訳では無いので、精神的に状態が悪い人は、先生の判断で、内観は取り止めます。
 
そもそも内観とは?なんですが、自分の見調べですね。してもらったこと、して返したこと、迷惑をかけたことの3つのテーマに従って、近い身内から、一人一人を振り返ります、そしてそれをしていくなかで、自分の価値、生きていく意味などを深く考えて、人生観、価値観が、劇的に変わっていったりします。ステップにも通ずるところのあるものです。
 
自分の幼少期から振り返ります。身近な人、1人ずつ。例えば父親と私の生まれてきてから、今までの関係性、してもらったことをずっと振り返ります。感謝の気持ちと、謝罪の気持ちを表していきます。
 
相手がどんな思いだったかを想像します。自分の感情がどうだったか、どれだけ大事に思われたか、愛されたかなどをずっと考えます。
 
朝8時から始め、夜8時か、9時まで、1時間に1回、先生に、話をします。その間、1人で個室に入り、どんな体勢でもいいけど、ある人とのある時期について、ずっと考えます。
 
それは夕食が終わった後も、1時間、夜は考えて、ノートに書きます。
 
先生は、私を基本何でもお手伝いしてくれます。お茶、ご飯を部屋までもってきてくれ、1時間に1回、10分くらい、ずっと私の話を聞いてくれ、あなたがどれだけ大切な存在か、愛されていたか、必要な人間か、肯定的な面に触れます。
 
それは1週間続きます。そして、その間は、基本的に、他の人とは話しません。外部の電話なども取り継がないし、携帯も使用禁止。
 
徹底的に自分の過去の、幸せの欠片を、とことん見つめ直し、肯定感や、自尊心を上げていくのでしょうね。
 
やり方は違いますが、ステップの違うやり方みたいなものですね。
 
説明が下手なので申し訳ないのですが、私には、外界からの情報を断ち、勿論ゲームもせず、内観に取り組めたことが、すごく良かったです。
内観をしたおかげで、一気に穏やかさ、人に対する感謝などが、思い起こされ、毎日が有意義なものに感じるようになってきました。
 
やはりステップと一緒で、続けて行かないと行けないのですが、私はそれ1回きりでした。
 
だけど、社会復帰をする前に、凄く有意義な時間を頂きました。
 
ブログ応援してください!クリックお願いします!
 

スポンサーリンク