ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

アノ出来事

いつもありがとうございます、ベロです。

 
減額の申請も何とか終わり、引越しをしてすぐのストレスからは解放されて、穏やかな一日が少しずつ過ぎて行きます。
 
引越ししてからの給料は、結構少なくて、大変でしたが、彼女(今の妻)が何とかやりくりをしてくれたおかげで、凌ぐことが出来ました。
 
引越しをして直ぐに、手元に2万くらいしかなくて、それで2,3週間過ごさなければならなかった時がありました。
 
その時、彼女はコツコツ貯めていた500円貯金を出してきてくれて、これもあるから何とかなるよ(笑)と明るく笑い飛ばして、節約してくれました。
 
一緒に引越しの際に色々買ったものの、やはり手元にお金がないのは不安だと思うのですが、そんなことを微塵も感じさせず、また体調も良くなかったのに、頑張ってくれた彼女に有難いなあといつも思っていました。
 
そんな時に、あの地震が起きました。熊本の方はほんとに大変だったと思います、今もまだ大変な状況にある方々もいらっしゃると思います。
 
こちらの地方にも、2回それなりの震度が来ました。私は2回とも夜勤だったし、地震が起きた時、丁度重機に乗っていたので、全く気が付かなかったのです。
 
それでも当時ガラホだったのですが、けたたましい音がなり、なんだなんだと、重機のラジオをつけると、熊本で震度7て!
 
ビックリして、直ぐに仲間や友達にLINEしましたが、連絡つく人つかない人様々で、心配しました。
 
彼女からも、食器棚を押さえていた、と泣きながら連絡があり、仕事が終わってから直ぐに帰りました。
 
報道はとにかく大変な状況になっていることを伝えていて、私達はデートでよく熊本に行ったし、入院も熊本の病院だったので、他人事ではありませんでした。
 
一先ずは募金とかも積極的にしました。ボランティアにはいけませんでしたが、私の職場からも、災害派遣に地震後3ヶ月くらいしてから、6人くらい行きました。
 
私がギャンブル依存症で、回復に向かう時、いつも何だか地震が起きます。
 
はじめて自助グループに通い出した時は東日本大震災、そしてスリップした後は熊本地震です。
 
その度に、ギャンブル依存症て、本当に贅沢な病だなあと痛感します。
 
地震が起きた時は特に、真剣に、病気に向き合い、二度としないように、どうして行けばいいかと考えて、ミーティングに行く回数が増えるのです。本当にとんでもない病にかかったものです。
完治もしませんし😓
 
 
 

スポンサーリンク