ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

結婚指輪

いつもブログを読んで頂きありがとうございます、ベロです。

 
新しい生活もだいぶ慣れてきて、仕事場の同僚達とも、仲良く仕事をしながら、ミーティングにもボチボチ通って行きました。ホームグループだけではなく、時々は別のミーティング場まで足を運べるくらいの余裕も出てきました。
 
私達は当時、まだいわゆる同棲状態で、結婚はいつでも出来るのだけど、本当になんせ金銭面で苦しく、結婚式はもちろんのこと、指輪もなかなか手に入れることが難しい状態でした。
 
実は、妻は前のアパートにいる頃から、コツコツ500円玉貯金をしていて、結構貯まっていました。
 
引越しした後、苦しい中で、妻は見せてくれました😃そして、それをまた貯金して、結婚指輪を買うための資金にしようと目標を立てました!
 
結婚をする日は決めていたので、その時期に向けて、500円玉貯金を、少しずつして行きました。買い物の時とかに、出来るだけ意識して、1枚、また1枚と、本当にコツコツ貯めていきました。
 
そして、それなりの大きさの瓶にいっぱいに、なってきて、1回かぞえてみようか、ということになり、数えました。
 
結構あるじゃん!テンション上がりました!
 
 
結婚をする時に、婚姻届を出さなきゃいけないのですが、保証人というか見届け人として、別の地域にいる、自助グループの仲間夫婦にお願いしよう、ということになりました。
 
私は旦那とは自助グループの仲間で、奥さんは妻と仲の良い家族の自助グループの仲間でした。
 
この夫婦に立ち会って貰えたら最高だね!と言って、お願いしたら、心から喜んで下さり、快く引き受けてくれました。
 
そして、会う日にちを決めて、2人と、その子供達に婚姻届を持って会いに行きました。
 
そこに近いモールの中の、そこそこ有名な宝石店に、結婚指輪を買いにいこうということになったのです。
 
実際に行ってみました。そこで担当してくれたのは、その店舗の店長さんで、依存症のことはさすがに話しませんでしたが、温かく迎えて貰いました。
 
凄く丁寧に対応して下さいました。私は指輪とかは全く興味も無いので、全部妻任せでしたが、自分の指輪は、妻がデザインを選んだものに近いものを選びました。
 
妻が選んだものには、小さなダイヤが埋め込まれていた素敵な指輪でした。
 
長い時間をかけて、選ばせてもらい、決めました。私は全く知識が無いので、サイズを合わせたら、直ぐに持って帰れると思っていました😅
 
しかし、一月位かかるということで、出来上がったら、私の地域に送ってもらうということになりました。
 
その店長さんに、色々苦労もあり、引越しもしたばかりで、必死になって500円玉貯金をして、今日買いに来れたというエピソードを話をしたら、本当に素敵なご夫婦ですね、と涙ぐんでいました。
 
そして、代金も、予定通り、というか、なんとか範囲内で収まったので、私は他にも何かプレゼントしたいと思い、セール品ではありましたが、誕生石の入ったピアスもプレゼントしました。
 
店長さんは、大層喜び、というか羨ましがっていました。凄く仲良く見えたのでしょう、実際仲がいいのですが🥰🥰
 
何とか無事結婚指輪も買えて、婚姻届の見届け人の名前も書いてもらい、結婚をすることになりました🤗
 
婚姻届は大安の日曜日に出しました。
 
まだ暑さの残る、晴れ晴れとした九月の日差しがやけに眩しくて、2人を祝福してくれてるかのようでした😃
 
ブログ応援してください!クリックお願いします↓
 
 
 

スポンサーリンク