ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

それぞれの役割

 

f:id:bero3:20190301070707p:image

 

おはようございます、ベロです。

 

家族会が発足して、3、4ヶ月後に発足記念イベントを開催しました。

 

ひとえにイベントと言っても、参加するだけなら、結構参加もしたし、気楽ですが、こちらが主催するというと、簡単ではありません。

 

先ずは日程の調整から。田中さんは忙しい方なので、たまたま隣の県でもイベントやるってことで、連日のイベントということで、スケジュール空いたのは、ラッキーでした。

 

そして、次はチラシ。これも何枚頼むかとか、結構話をして、2000枚位作ったのかなあ、こんなに要らんやろと言いながら、イベント前には無くなりました。

 

1番大変で、でもみんなでしたので、各個人の成長にも役にたったと思われるのが、行政各所、医療などへの広報活動でした。

 

ほとんど各場所の仲間達が、平日の空いた時間とか、コツコツ配ってくれました。

たまたま大型連休もあったので、私も、遠くの方に、一日だけですが、遠征して、挨拶、広報活動をさせてもらいました。

 

妻は、いつもしているので、慣れたものです。

挨拶の仕方から何から、営業マンか!と言うくらい😄これも慣れだし、元々人懐こい、人とすぐ仲良くなれる性格なので、得する部分は多いし、尊敬するところでもあります。

 

私は最初緊張して話せないのですが、話し出したら止まらなくなるので😄妻の話をなんとか遮らないようにしなごがら、楽しく広報出来ました。

 

ほんとにたくさんの場所へ仲間が広報に行ってくれました。離島とかには電話で広報し、チラシを送ってもらったりもしました。

 

予約制ではなかったから、何人来るか分からないし、何人来るかが成功、失敗では無いけれど、気にはなる所でした。

 

そして、金銭的にもイベントはお金がかかります。家族会はお金がある訳ではないので、参加費を少し募ろうという話になり、参加費を頂きました。

 

でもこれもまた、仲間が、県から助成金を獲得してくれました!

助成金があったお陰で、イベントも、金銭的にも苦しくなく、何とか行えました。初めは、自腹も覚悟。位の気待ちでやってましたから、正直ほっとしました。

 

私達はとにかくこういう会とかは運営とかしたことが無いので、助成金の申請の仕方とかも分からなかったのですが、仲間がサクサクやってくれて、助かりました。

 

そして、だいぶ端折りますが、イベント当日。

参加者だけでいえば、70から80人くらいで、人数だけでいえば、たくさんの仲間の準備から考えると、物足りない人数でしたが、中身がすごく良かった😄

 

参加者も、行政やマスコミからも多くの方が見えて、司会は妻がまたまたプロ顔負けの司会😻をしてくれ、田中さんもいつものパワフルで、丁寧な講演、仲間の体験談も良くて、私も少しだけスピーチさせてもらいました。

 

なかなかイベントを企画することも普段の生活ではないし、またそれから、開催するための準備がどれだけ大変かということも実感しました。

 

でもこの貴重な経験から、1番は、仲間同士の結束力が、高まったこと、そして、活動をしていくことにより、自分の欠点が出てきたり、仲間の欠点が出てきたり、振り返りもたくさん出来ました。

 

本当にイベントを開催して良かったです。

 

周年記念とかもそうですが、参加だけではなく、主催者側で、準備とか仲間とするのも、回復には大変役立つのではないかなあ!

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!↓

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク