ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

時間の使い方

f:id:bero3:20190306062344p:image

おはようございます、ベロです。

 

昨日はお金の話をしました。

 

今日は、時間や行動の話です。

 

ギャンブルをしている時は、金銭面でもそうですが、時間も凄くギャンブルにかけていて、ギャンブルをしなくなると、先ずはどうしたらいいんだろう?とだいたいギャンブラーは思います。

 

ミーティングに行くということを考えている方は、その時間は少なくとも作るのでしょう。

 

でも私は厳しいようですが、新しく来られた仲間にはいつも話をしています。

 

ミーティングに行くことを最優先にした方が良いと。

 

それは何故か?これ当たり前なんだけど、言わなきゃ分からないし、分かっても実践出来てないようですが、ギャンブルをまた始めれば、仕事も家庭もほったらかすのは目に見えているからです。

 

やめるために、やめたいと思ってせっかく繋がったのに、何故来ないのか?

 

私も思っていましたが、ミーティングに出て、自分の話や、他の人の話を聞いただけでギャンブルが止められるなら苦労はしないよ!

 

止められるんですよ🤗

 

それは続けてこない、途中で自助グループに行くことをやめる方の言い訳です。

 

ギャンブルに一生懸命向かったように、回復に対しても一生懸命に向き合ってみたらいいのに。といつも思います。

 

私も病んでスリップする時は、もちろん自助グループにも行かなくなったり、誰とも連絡取らなかったりですから、人のことは言えないけど、少なくともまとまな時、回復に向き合うときは、やはりミーティングに行くことを最優先考えています。

 

本当につながり始めは、毎日でも行った方がいいくらい。最初から週一なんて甘いと思います。重症の病気になっているのです。

 

慢性疾患、重症のやつにかかったと診断されて、普通に仕事や用事を優先する方はいるのでしょうか?

 

入院せず、施設にも入らないで、社会にいながら頑張ろうとするギャンブラー、そして、自助グループを利用しようと考える方は、是非その向き合い方を考えて欲しいと思います。

 

余った時間は自助グループへ🤗

ギャンブル依存症の本を読むのもいいと思います。依存症関係の本は、ギャンブルのだけでなくても、アルコール、薬物関係で、素晴らしい本もたくさんあります。

 

知識だけでは行けないですが、少なくとも向き合う、という観点からは、読み漁るのもひとつの手だとは思います。

 

ギャンブル依存症に向き合うというのは、簡単なことではありません。

 

むしろ簡単にやめられない大変な病気なのです。

 

私は今かなりTwitterもしてますが、新しい向き合い方もあると思いました。

 

Twitterでは、色んなジャンルの方が、色んな発信をしてます。

 

その中で、ギャンブル依存症当事者や、家族、他の依存症の方、メンタル関係の方たちと繋がり、やりたい気持ちとか、止めたい気持ちとか、苦しみとか、共有、共感出来ます。

 

これはミーティング程ではないかもですが、孤独にならないということで、充分効果はあると思います。

 

やめるためにはどんなことでも!

 

の姿勢で、いろんなことを試すのもアリだと思います。

 

Twitter仲間の皆さん、共感出来たら今日のブログ、RTしてください(笑)なんつって🤣🤣

 

なかなか進まないまとめでした、明日は行動かな

 

 

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク