ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

グループの運営と問題

こんにちは、ベロです。

 

今日は多分誰も語ったことのないことかも知れません。

 

それこそ今Twitterで流行りの、炎上覚悟で書きます🤣

 

自助グループは、匿名性、無名性で守られているし、それが大切なことは分かります。

 

誰でも、自分の素性を明かさずに、依存症の問題にだけ向き合えるのは、本当に大切だと思います。

 

そして、居ない個人の話、噂話、陰口は、いっさいしないということになっています。

 

ですが、実際に自助グループに通ってる皆さん、本当に守られてますか?

心配してるということで話したりしてませんか?

 

依存症当事者は特に、回復してくると、共依存になります。簡単に言うと、人に、人の行動に囚われるようになってきます。

後、お節介になります。自分のことだけでなく、仲間のことが気になるし、口出しをするよ

うになってしまいます。

 

これは回復してきて、人のことに目を向けること、誰かの助けになりたい、という考え方は素晴らしいし、どんどんしたほうがいいのですが、自分と他人の境界線はちゃんと引けてますか?

 

後、長く繋がっている仲間が、そのグループのリーダー的存在ってのはいいのですが、支配してませんか?その人の言うことを聞かなければ、そのグループに居づらい雰囲気とかになってませんか?

 

自助グループを立ち上げた方が偉いわけでもなんでもありません。長く繋がっているから、偉いわけでもありません。周りの方の助けがあって、開けられているわけですから。その意見が重要でもなんでもありません。

 

できるだけ仲間みんなでなんでも決めることが大切なのです。

開き続けているメンバー全員の力で自助グループは成り立っています。

 

誰かがこういうふうに言ったから、従わなければならないなんてのは、グループとしておかしいです。

 

後、自助グループには、司会を務めたり、献金を管理したり、会場を予約したり、たくさんの役割があります。

 

誰か独り占めしてませんか?

 

役割を貰うことは、回復には非常に役に立ちます。責任感や、存在感、経験した事のないことを経験することによる自己肯定感のアップ、効果は伝えきれないくらいです。

 

実際、司会とかは、誰がやってもいいし、やってもらうべきだと思います。それこそ司会の心得みたいなものを、皆さんに渡しておけば、後は時間配分や、テーマ決めなど、何事も経験です。会がスムーズに行くのがいい会ではありません。

 

私は、誰か司会者が、コメントしたりするのも経験したこともありますが、要らないと思います。やはり、誰かが教祖になってはいけないと思います。仲間は仲間、神は神。

 

仲間は当然誰も平等で、上も下もありません。明日ギャンブルをしてしまえば、元に戻る、または元より酷くなることについては、一緒です。新しい仲間も、古くからいる仲間も、一緒です。

 

古くからいる仲間は、やめる方法と、やめ続ける方法をたくさんしっていて、安定感があるだけです。ステップを踏んでいるかどうかも重要だと思います。

 

借金をした額が多ければ、返済をした額が多ければ、入院した経験が多ければ、施設で勉強した期間が長ければ偉いのですか?

 

違いますよね。長い仲間は、それを忘れがちな方が多いと思います。

 

私は本当の回復者は何人かしか知りません。だけど真の回復者は、どこまでも謙虚です。威圧感などは感じません。惹き付ける魅力があります。私はそうなりたい。なれないけど😅

 

今、このブログは、そこそこいろんな方が見てくださっています。

 

昨日は初心者向けの話をさせてもらいました。

 

今日は、自助グループに通ってる仲間たちへのメッセージです。

 

私達の地域だけなら、問題ありませんが、全国的にも、これは問題として上がってきては居ないでしょうか。

 

自助グループを見直すきっかけのひとつになれば幸いです。

 

私も、自助グループの中で、色んな提案もしてきていますが、やはり昔からの仲間とかに却下されることもしばしば。変わらないということが大事なのかな?

 

それでもたくさんの仲間で賑わえばいいのですが、いつも同じメンバー、代わり映えしないミーティング、であれば、だんだん忙しくなって、もういいかなと思う仲間は増えてくると思います。

 

仲間の力で、できるだけいいミーティングを作りたいですよね。そのための努力は、今居る仲間達がしなければならないことでは無いでしょうか。

 

私は自助グループが大好きだし、広めたい、だけど、繋がり続けた先に、明るい未来しかないか、と言えばそうでも無いというのを感じています。

 

だからこそ、今繋がっている仲間たちに、今出来ることを私達は出来ているでしょうか?と改めて問いたいし、自問自答しています。

 

それは、自助グループを勧める以上、責任もありますから。繋がってください、後は回復は本人次第だからね、だけではいけないと思うのです。

 

ブログ応援してください!!クリックお願いします!↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク