ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

周りが変わっていく

おはようございます。ベロです。

昨日は特にTwitterのフォロアーの皆さんにたくさん見てもらえました。ありがとう

 ございます。

www.bero3.com

 さて、昨日話そびれた、依存症なってしまった後、回復を初めてからの家族との話から。

 

ギャンブルを止めていれば、やはり家族も変わってきます。ギャマノンに行ってると対応とか、ギャンブラーへの巻き込まれ方とかかなり変わってくるのでしょうが、ギャマノンに行ってなくても、当事者の行動は間違いなく変わってくるので、家族も、向き合っている当事者にはだんだん理解を示してくれます。

 

例えば、GAに行く時間を確保してくれる、とか、周年記念で日曜日開けるのを、快く送り出してくれるとか、もっと日常でも、たくさんいいことはあります。

ただ、やはり、家族は全般に、傷つけられた過去があるので、かなりの長い期間、恨みや怒りを持たれてしまいますが、そこは本当に当事者は謙虚に、我慢というか受け止めることも必要かもです。病気とは言え、散々嵐を巻き起こしてきたのに、少しばかりおとなしくなったからと言って、家族の警戒が解けるはずはありません。私もそうでした。長い年月巻き込んで、高々一年位やめたからといって、全てが変わり、上手くいくという事ではありません。病気が、少しずつ回復して行くのと同じように、家族の傷ついた心も少しずつ癒されてくるとおもいます。そこは自業自得です。

 

家族も回復に向かっている家庭は、小さな問題こそあれ、少しずつ互いが互いを尊重しあう関係になっていくと思います。だからこそ当事者の私も、家族に是非自助グループに行ってほしいと願うのです。

 

家族の病気に対する理解があるギャンブラーの回復は本当に早いし、安定感は違いますよ。家族の理解がないことが、回復を妨げることもあります。

 

私は当事者を甘やかしたほうがいいと言っているわけではありません。当事者に、自分がとった行動の責任をきちんと取らせるというのが家族の一番大事な理解だと思います。

 

責任は本人に返す

 

最初の頃は、当事者は恨んだり怒ったりするでしょう。でもそのうち、近いうちかどうかは本人次第ですが、感謝される日は来ます。そして、当事者の良い変化を感じ取れるようになってきます。自分で問題を解決一つ一つしていくことが、何よりも本人の回復のために有効だからです。

 

本当に細かいことからでいいと思います。例えば、毎回GAに連れて行っていたのを、自分で行かせる。自分で帰ってこさせる。それが1回できた、2回出来た、その積み重ねも大事だと思います。本人が考えて、やるべきことを本人に返してあげてください。

 

人にあげてもらった自己肯定感や自信は、何かあるとすぐに崩れ落ちます。

でも、自分で、自分の行動で上がった自己肯定感や自信は、揺るぎのないものになり、

回復の大きなエネルギーになります。

 

それを踏まえてのお金の事

 

これもギャンブルを止めていれば、少しずつ楽になっていきます。少しずつって、今ある借金が心配なのに、、、って今までさんざん湯水のように使ってきたのでしょう。その結果は受け止めないといけません。ここで周囲が金銭的に助けるから回復しないのです。特別な場合を除きます。重度の精神疾患や、収入が著しく少ない場合はなかなかうまくいかないかもしれません。それでも少しずつは好転します。

 

そこまで自分を追い詰めたのは誰ですか?他の誰かですか?

私も散々もがいた口ですが、自分でもたくさん清算もしてきた、自信と力はあります。

 

 

ギャンブラー、甘えてはいけない!

 

自分で作った借金や浪費のせいで、携帯代払えない、食費がない、たばこ代がない

当たり前ですよ。今の飽食の日本、ただで、ただ同然でしのぐこと、やろうと思えばできます。犯罪をしなくても。

携帯止められてもfree wifiあります。タバコ、お金入るまで我慢しましょ。

全てにおいて甘いのです。GAに繋がって長いギャンブラーでさえも、金銭感覚甘い方たくさんいます。そんな方はスリップした後、こなくなってしまいます。

 

これは変えられます。訓練によって。自分でお金を管理していくことによって。

人に管理してもらっている間は、金銭感覚は戻りません。せめて、小遣いだけでも、ひと月に1度、全額もらい、小遣い帳つけながら、自分で分配、やりくりをして行くのです。

 

その中の失敗、スリップなど取るに足らない。

 

借金を返済している間のスリップは、もともと借りれる額も知れているし、また社会からは借りることできないし、そもそも回復の道を目指しているのだから、早めに帰ってこれます。

 

借金が無い方は、借りれるのを制限できる制度、(ごめんなさい、名前忘れた)があるので、そこに登録すればいいです。自分で解除も出来ますが、そこまでするってことはスリップする気満々なので、止めてもむだですから。

 

だから、お金の事は、ギャンブルを止めて、コツコツ生活していけば、一番初めに解決していくものです。もちろん困難な場合もあるでしょう。でも、お金に関しては、間違いなく減っていきます。自分の望むスピードであるかどうかは別として。

 

だから私はいつもギャンブル依存症からの回復を目指すのが一番だと言ってるのです。

 

順番を間違えたら本当にダメです。

 

回復>仕事、家庭>お金

 

この順番を間違えなければ、回復するし、周りは状況が少しずつですが、結果的に劇的に変わります。

何年も何十年もギャンブルの問題があったのに、1年やそこらで、ガラッと変わります。

 

借金を早く返したいなら、まず回復を目指し、スリップしない体を作ってください。

いくら仕事に没頭しても、家庭のサービスを優先しても、趣味を持っても、

回復しなければ、またギャンブルをするのです。

 

それは病気だから、、、止められないのが病気だから。

 

目の前のお金だけに囚われている間は回復は難しいでしょう。生きていくお金がほとんどないにしても、その原因は自分にあります。誰かのせいではありません。脅されてギャンブルをさせられたわけではありません。自らそこへ向かったのです。歯を食いしばって止めていれば、好転します。最初の頃だけは、1に我慢2に我慢。Twitter仲間も、もがきながら、這い上がろうと必死に頑張っている方々も沢山います。本当に頑張れ💪

 

GAに通い続けるうちに、少しずつ心が楽になっていきます。

 

がむしゃらに回復に向かって下さい。できることは何でもするっていう気持ち大切だと思います。最近までやってこなかったんで、いまさらと言われる方いるかもですが、

少なくともtwitterとかからでもいいのです。誰かにギャンブル依存症の苦しみを分かち合えるだけでも、そこから変化はあります。ギャンブラーはすぐに孤立したがります。

 

孤独になって待っているのは、仲間ではなくギャンブルです。

仲間に頼るのを恐れないでほしい。それ自助グループの仲間でも、Twitterの仲間でも、ほかの仲間でも、みんな苦しみを知っているから。寄り添ってくれるから。

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク