ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

未熟者!

おはようございます、ベロです。

 

昨日のミーティングのテーマこんな感じだったので、ちょうどいいなと思い、今日のブログのテーマにしました。

 

自助グループのハンドブックには、未熟、ギャンブルをすることで大人としての責任を避けることが出来ると考えていた。というように書いてあります。

 

 

私は、19歳の時からギャンブルにハマり、40歳くらいにになるまで、ちょっとした休止を除いては、ずっとギャンブルをやり続けてきました。

 

その間には、仕事は入院期間中と、スリップして失踪していた時以外はずっとしていました。

 

そして、寮生活が中心ではありましたが、生活も何とかしてきました。

 

 仕事

ずっと仕事は頑張っていたよ!と思ってましたが、仕事が終わった後のことばかり考え、時には仕事そっちのけでギャンブルしていました。それで本当に仕事頑張っていたと言えるんでしょうか?

 

違いますよね、頭は常に借金とギャンブルのこと、時々仕事や家族のこと。

金銭的に追い詰められてる時は、お金とギャンブル以外のことは考えてません。

仕事中にサラ金に借金をしに行ったこともあります。

 

一生懸命してると思っていたけどいつも中途半端。キリのいいところ迄はしたつもりでも、自分の物差し。周りのことはお構いなしでした。

 

しかも、仕事もそっちのけで、失踪したり、度々休んだり、入院したり。

仕事上では信頼、信用されていると思うこと自体、傲慢以外の何者でもありません。

でも私はいつも信用されていると思っていました。影で色々言われてるとも気付かず。

 

生活全般

そもそも借金を増やしながら生活し、払いきれなくなったら、親、家族、公的機関を頼りにして、返済などしてきて、金銭管理が出来ていると思うこと自体も、おかしいですよね。

 

さすがに金銭管理は出来ているとは思わないものの、いつも、ここで勝てば何とかしのげる!みたいな感じで、少しずつ借金が増えていくのに見て見ぬふりをずっと続けてきました。

 

いつかは誰かが返済してくれる、または自分で大勝して返済できるといつも考えていました。宝くじが当たる夢もいつも見てました。過去にスクラッチで、一度だけ100万当てたことがあるからです。そして過去に1度だけ、1回の競艇で一日に百万以上勝ち、百万以上も返済したことがあったので、その記憶だけが頭に残っていました。いつかは逆転できる。ずっと夢を見ていました。

 

寮の部屋はいつも豚小屋。片付けを出来ない人でした。それはあんまり変わってないかなあ。そこはもともと持っていたものかもしれませんが、今より相当ひどかったです。

とにかく掃除もせず、食べたものは放置、洗濯物は畳まず、ひどい時は後輩に洗濯を任せ、自分はギャンブルや飲み屋へ行っていました。

 

いつも部屋が汚いと言われてました。

 

人間関係

若いころからギャンブルに嵌っていたので、人間関係の構築もうまくいきませんでした。アルバイト先の友達からも借金をしたり、学生時代の友達からも借金をしたり、友達の財布からお金を盗んだともありました。だいたいの自分の周りの人をほぼ金づるとしか考えていなかったし、そんな関係ばかりなので、一人、また一人と、友人、同僚は減っていきます。親とか上司とかには当たり前のようにお金の無心や借金のお願いをしていました。

 

そして金銭関係のトラブルも時々ありました。仕事場の同僚に借金を返済せず、仕事の上司に告発され、アルバイト首になったり、給料から天引きされて返済するということも何回もありました。

 

ギャンブルが原因で、ほぼすべての友人をなくし、残ったのは、金銭面で迷惑をかけてないごく一部の人だけになりました。そして、借金はしているものの、羽振りがいいふりをしていたので、奢ってもらえるならついてくる、という友達ともいえない人しか周りにはいなくなりました。

 

彼女も何人か出来はするのですが、いつも金銭関係で喧嘩して、別れるという感じでした。借金を返さないまま別れた人もいます。

 

 

 

何が言いたいのか、と言うと、ギャンブルのことしかずっと考えてこなかったので、人としての成長が、19歳の大人になりきれていないまま、ずっと止まっていたのです。

 

そして、やっと40くらいになって、回復の道を歩み始めたから、少しずつ大人になり始め、責任を自分で取り始めるのです。

 

自分の言ったこと、した事に対して、失敗もしながらも、成長を始めたのです。

 

だから、当然自助グループに通い始めなんか、未熟者そのものですよね、歳だけは一人前のおっさんですが、やってることも言ってることも無責任、嘘は相変わらずついていたし、通い始めの自分には今はうんざりだし、恥ずかしいです。

 

40を過ぎてから生きなおしなので、なかなかうまくは行きません。だって中身は19歳から成長してない世間知らずで、傲慢、謙虚さのない人間ですから。

 

自己中心的なところや、傲慢なところはなかなか抜けず、今も苦労しています。

承認欲求がすごくて、自分がちょっと頑張っていると、人に認めてもらいたくて仕方ありません。

 

自助グループに通い続けていることや、12ステッププログラムをしているので、前の自分よりはいくらかはましになったとは思います。

 

でも、今だに自分の事を未熟者だとは思っているので、なるべく謙虚に生きていかなきゃな、とか思ってはいます。

 

ずっとギャンブルとお金の事しか考えてこなかった人生、そんなに簡単には変えられません、どうしたらいいのか、どうやって生きていけば、どうやって人と付き合っていったらいいのか分かりませんでした。

 

人との付き合い方も未だにうまくできるとは思わないし、人見知りで、話下手です。

 

私の事を知ってる人は、そんなことないやろ!

 

と思うかもですが、実はそうです。

最初の頃は、私が下を向いて黙っているのを、怒っていると勘違いしていたみたいですが、全然そんなこともなく、怒ってもいない、ただ、話を振ることもできないから黙っているんだ、ということは妻は今はわかってくれています。

 

私が雄弁に話せるのは依存症についてだけです。他の事は一切話などできません。

仕事の事か、ギャンブル依存症のことしか話せません。仕事の事は守秘義務あるので話せませんが^^

 

 

 

成長は一生だと言いますが、私もまだまだ少しずつ成長していかないと!

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク