ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

思いやり

おはようございます!ベロです。

 

思いやりのある人になりたくないですか?

 

私はなりたいです。でもそもそも思いやりって?

 

①相手の気持ちになる

②相手の様子を気遣う

③自分の相手に対する態度に気を配る

④自分も大事に、相手も大事に

 

こんな感じですかね。

思いやりの反対は自分勝手だそうです。確かに自分勝手で思いやりがある人は

なかなか見かけませんね。

 

自分の都合が普通は最優先ですよね。でも相手の事を考え、時には相手の事を優先するのが思いやりです。相手の様子を気遣うのですね。

 

 

私はギャンブルをもう20年以上続けていたので、いつも自分のことが最優先、一歩も譲りませんでした。というより譲れない事情ばかりでしたから。

 

借金、嘘、時間を作ってギャンブルしなくちゃならなかったので、他の人を優先するなんてことは全くできませんでした。

そりゃできませんよね、自分が追い詰められているのに、人の事なんかかまってはいられません。

 

そして、ギャンブルを止めようと、回復していこうという取り組みを始めて、8年が経ちました。7月で9年目に突入です。

 

思いやりは備わったか?

 

うーん、どうでしょうね?もちろんギャンブルを止め始めで、自助グループや病院にも通い始めた頃は、やっぱり自分のことしか考えてないし、むしろ、仕事の都合や、相手の用事などで、ミーティングに行けないとか、病院の時間に間に合わない、とかなったら、かなりイライラして、誰かを傷つけたりもしていたと思います。

 

やっぱり時間かかると思うんですよね、特に心の使い方とかは。

 

だってギャンブルをしていた時は、ギャンブル仲間というのはいて、お金の貸し借りとかはしてましたが、心の交流とかいうよりも、話はギャンブルの事だけ、あの台はどうだ、とかあの店は出るとか、そんな話ばかり。

 

いつしかギャンブル仲間もいなくなり、一人になってしまいましたが、私は特にパチンコ、スロットだったので、台と向き合うだけ、しかも嵌れば嵌るほど、台に向き合う時間ばかりが増え、人と話すことなどありません。食事やコーヒーを買う時間でさえもったいなく思い、焦ってギャンブルをしていましたから。

ギャンブルが原因で膀胱炎になったこともあります。

 

そんな状態で、人と接することさえなかった、まあ家族くらいですよね、その家族も適当にあしらっていたので、人に対する思いやりなんて育つわけありませんよね。

 

ギャンブルをやめても、始めは人に対してどう接していいかわからない状態、もともと話下手なのもあり、仕事のこと以外はほとんど話しません。

 

それは今も変わってないかな。仕事と家の往復、車通勤なので、途中でどこか人の多くいる所に立ち寄ったり、人に触れることもありませんので、狭いコミュニティです。

 

だから、私にとっては、自助グループは、申し訳ないのですが、練習材料だったのですよね、コミュニケーションの。

 

しかも、皆ギャンブル依存症の方なので、狂った話も分かってくれる方が多くて安心するし、そして意外と頭いい方多い!自助グループで、仲間を増やすことで、前向き、上を向いて歩けるようになってきました。

 

そして、仲間はなにせ優しいんです。お金は持ってない方ばかりなので、奢ってくれるとかではなく、心をたくさん奢ってくれます^^いい方は変ですけどね。

 

とにかく寄り添ってくれるし、心配もしてくれます。助言もしてくれるし、色んな事教えてくれます。私は生きなおしの真っ最中ですが、仲間によって、少しずつ心が成長してきているように思います。

 

でも、結構この前話にでた共依存の方も多くて、境界線を引けずに、ずかずか入ってくる人もいるので、トラブルもないわけでもありません。

 

生きなおす方法は色々あると思うし、人と接してない時間が長ければ長いほど、恐れもあると思います。だから、これが一番と

いうのはないんだとは思いますが、やっぱり

人が人を作る

のではないかなあ。

 

不器用で、失敗を繰り返しながらでも、仲間と少しずつ触れ合って、自分の過去を少しずつ振り返り、そして新しい方が見えたら、また初心に戻って、というようなことを繰り返しやっていくうちに、私は少し変われました。

 

一つの方法としては良いのではないかな?言葉だけでは限界もあるのかなあ、という気はします。ツールとしてはTwitter大事だし、大好きだけど、140字に囚われてしまうこともあります。

リアルより大事なものはありません。

 

関係ないですが、ギャン妻、親さんが、回復が早いのを感じるのですが、元々のコミュニケーションスキルがギャンブラーと違うからかなと思ったりします。

 

人の中に生き、人に囚われ、依存し、依存されることで自分の存在を保つのが共依存なので、人ありきなんですよね。

 

でもギャンブラーは、ギャンブルをしている間に人とかかわりを持たなくなるので、人間力が育たず、なかなか回復もむずかしいのかなあ、なんて、時々家族の自助グループの仲の良さや、結束力を羨ましく思ったりします。

 

思いやりのある人になりたいので、人と関わっていきたいです。

 

もう機械は勘弁^^

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク