ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

心の底から

おはようございます。ベロです。

 

昨日は、家族会があり、そこでも感動的なことや、当事者が来られて、色々話ができたことで感じたことを書きたいと思います。

 

一人の当事者が言いました

 

「苦しいんです、止めたいけど気が付いたら、ギャンブル場に・・・」

 

ステップを踏んだ方はどこかで聞いたことがあるフレーズですよね。

彼は泣きながら、心からの叫びを皆に告白してくれました。

 

私もそうでした。何度も大きな借金をし、そのたびに最初は親に、次に家族に、そして最後には自分で債務整理をし、散々な生活になりながらも、長い期間ギャンブルを止め続けることは出来ず、また元と同じような、あるいはさらにひどい借金を繰り返していました。

 

その間、何度ギャンブルを止めようと思ったか。私もやめたくて、自分自身に腹が立って、何度も泣いたこともあります。

 

最後の大きなスリップの時も、今の妻に

 

「俺はもうだめなんだよ、自助グループに通っても、ステップ踏んでも、何にも変われなかった、生きてても価値がないんだよ」

 

と泣きながら言いました。そのとき妻は、

 

「何言ってるの、前の自分とは全然変わってきてるよ。止められない自分がいることをきちんと認めて、また一から歩いていこう」

 

と泣きながら言ってくれて、そこからまた歩き出したことを思い出しました。

 

 

 

話は昨日の話に戻ります。新しい当事者が二人来られて、私と直接話がしたいということで、別の部屋に行き、話を二人としました。

 

その中で、やはり当事者が家族会に来ることが、どれだけ勇気がいることか、また変わりたいという強い意志を感じたこと、変わろうとしていることを、称賛し、一緒に変わっていきましょうと労いました。

 

 

そして、一人の方とはすでにラインも交換し、やり取りもしていたので、行動はすでに変わってきてること、あともうちょっとの勇気と行動力があれば、もっと楽になれるよ、ということを言いました。

 

具体的には、会社の方に、相談できる方がいらっしゃるなら、相談して、自助グループに行く日だけでも少し早く上がらせてもらう。だめなら、用事があるから、と言うことで、自助グループに行く日だけでも残業はしない。

 

会社の同僚から借金をすることも度々あるようなので、上司に、または同僚に、直接、私はギャンブル依存症なので、お金を貸さないように、ギャンブルに誘わないようにしてください、と頼んでみる。

 

会社のパチ仲間って簡単にお金を貸します、これは過去にお互いに貸しあった過去もあるからだと思いますが、かなり危険です。

パチンコをしたい気持ちはわかるので、つい貸してしまいますが、トラブルの種にいつもなります。

お互いそこまで考えてないところが行けないんですけどね。

ギャンブラーは勝って返すからいい、という狂った考えを常にもっているので、そこは当事者が注意しなきゃいけないところです。

 

 

こういった話は本当になかなか告白できないと思うのですが、全ての人に話す必要もありませんが、会社の一部の方でも理解してくださる方がいらっしゃったら、回復のすごい助けになることを私は知っているので、おすすめはしてみました。

 

一人の方は、実際同僚に、ギャンブルに誘わないでほしいということはお願いしたそうです。

 

ギャンブルを止めていくのには、たくさんの困難があります。

まして、仕事をしながら、ある程度お金を持ちながら止めていくことは、本当に大変なことです。止めている日々は決して当たり前ではありません。

 

病院や、施設にいても、完全にやめていられるとは限りません。お膳立てはやろうと思えば、どうにか、どうにでもなるのです。

ギャンブル依存症は意志の問題ではない病気ではありますが、止めようとする意志を持って、行動していくのは自分で出来ることです。

 

自動ドアを開けて、パチンコ屋の中に入っていくのも自分の足ですが、自助グループや回復のために足を運ぶのも自分の足です。

 

自分の足をどちらに向けるかは、その人が決めることができます。最初は難しくても、

共に歩んでいけたらと思います。回復の待っている光の方へ。

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク