ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

変わるために

おはようございます、ベロです。

 

自分がギャンブル依存症だとして、じゃあ変わっていくために、どうすればいいのでしょう。

 

私は、やはり、今までのやり方を変えていくしかないのかなと思っています。

 

今までのやり方というのは、もちろんギャンブルをやめること。

ギャンブルをしていて、生活が何もかも上手くいかないのだから、そして、病気であると自覚するなら、やめるしかないですね。

 

もし本当に継続しながらできる方法なんてあるとしたら、、、たらればはやめておきましょう。横綱級のギャンブラーがギャンブルを続ける方法などある訳はありませんから。

 

そして、それを継続していくために、1人の力では無理だなということを、結構長い時間かけてから、やっと分かりました。

 

やめ始めの当初は、自助グループに行っても、なかなか人と打ち解けられず、また、そんなに簡単に、自分の闇の部分を、晒せるワケもないだろうなと思うし、私はそうでした。

 

だから昨日キャスに入るのをためらうとか言うのは、当たり前の話だよなあと思います。

 

私の場合は、ほんとに、仲間に色んな分かち合い出来たのも、半年くらいたって、スリップしてからですから。

 

それまでは、教科書通りというか、理想論みたいな感じで、上っ面の、それこそ家族のためにやめたいです。

みたいなことばかり言ってました。

 

そして、ミーティングが終われば、仲間と話することも無く、逃げるように帰っていました。

 

そもそも、仲間の話を聞くことをしなかったので、内容は、最初の頃なんか全く覚えていません。

 

だから、今は、キャスでラジオ配信で聞けるので、人の考え方を聞けるだけでも、貴重だなあとか思います。

人の目を気にせず、集中して聞こうと思えばできるので、いい事だなあと思っています。

 

そして、仲間に本音を話し出して、仲間の話を聞くことが出来るようになると、やっぱり自分の行動が、明らかにかわっていくのですよね。

 

自分の考えだけで動かず、ギャンブルをしていた頃とは違う、色んな意見を取り入れて、自分だけで決めなくていい、色んなやり方を取り入れていくと、変わっていくのは当然ですよね。

 

だから、変わるためには、自分が今できる、今までやらなかったことをしてみるというのは、結構自分を変えるためにはいい事かなあと思います。

 

家族への挨拶、会社とかでもそう、自分からの発信を増やすとか、本当にひとつずつなんだけど、自分が今まで出来なかったことをやってみるというのは、変わっていく第一歩だと思います。

 

ブログ応援して下さい!クリックお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク