ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

支え

おはようございます、ベロです。

 

2日ぶりに、やっと手の痛みも少し緩和され、ブログを書きたくなったので、更新します。

 

今回はリアルでも、ネットの世界でも、沢山の応援本当にありがとうございました。

 

詳細を知っている方もいらっしゃるでしょうが、手術前日に、母の徘徊事件があり、そこで妻に対しての暴言、そのあとのフォローの不足で、少し嫌な気持ちのままで手術を受ける所でしたが、妻にもなんとか謝り、穏やかな気持ちで手術を迎えることが出来ました。

 

手術は全身麻酔だったので、痛みとかはなかったのですが、何と7時間もかかったので、ほんとに大変な手術だったようです。

 

ここの病院は不親切なのか、病状とか経過とかあんまり話してくれず、術前説明で急に全治2年くらいとかいきなり言われ、今月末に退院して、6月からバリバリ働こうと思っていた私はさすがにショックを隠しきれませんでした。

 

確かに手術の内容や、説明を受けても、簡単に治る訳ではなく、むしろ切断した方が治りは早いとは思います。

 

ですが先生方の必死の努力によって、指がまた動く可能性が残されている、形は普通に残っていることに、本当に感謝しかありません。

 

会社には申し訳ないのですが、しっかり手を治すまでお世話になろうと思っています。

 

 

そんな大手術の中で、本当に妻にはずっと支えてもらい、心配もかけました。

 

私はずっと前から、ブルガダ症候群というものを持っています。これは、原因不明なのですが、突然心臓が止まってしまうというもので、薬で治療することも、対策をとることもできません。

 

そして、元々3~4時間で終わる手術だと言われていたのに、4時間経っても5時間経っても終わらないということで、指の手術といえど、色々な心配があったと思います。まぁ途中経過をいちいち教えてくれはしないと思いますが、倍くらい時間かかると、誰でも不安になりますよね。

 

 

結果的には7時間もかかり、何とか終わりました。病室に帰り、ふと時間を見るともう3時半超えていたので、えっなんで、午前中で終わるんじゃなかったの?と思いましたが、後で先生がみえて、かなりの難手術だったようで、かなり高度な手技が必要だったようです。本当にありがとうございました。

 

そして、不安だった妻も、やっとホッとしてくれたと思います。私の入院当初から、ずっと体調も悪く、今もまだ全快とは言えない中、いつも傍で支えてくれています。

 

いつも妻が傍にいてくれるので、看護師はほぼ私には近づきません。もちろんここの病棟は戦場のように看護師さんが忙しく頑張っておられる所なので、手のかからない私は楽なのでしょうね。

 

まだまだこの指の再生には沢山の時間がかかりますが、夫婦二人三脚で頑張っていきますので、これからも暖かくみまもってもらえると助かります🤗

 

ギャンブル依存症の話がない時もありますけど、御容赦願います😌

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク