ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

ちょっとした幸せ、涙

こんばんは、ベロです!

 

今日は全く違うこと書く予定だったのですが、朝から凄い感動しちゃって🥺



朝無断でちょっとお外を散策して、久しぶりに下界の空気を吸った後、帰ってきて、院内にあるコンビニの前を通り過ぎようとしていました。

 

すると、5歳くらいでしょう、小さな子が、可愛かったので性別わかんないなあ😭

ふっと私を見て、痛そうな顔をして、私とママの方を向いて言いました。

 

「あのおじさんのお手手が早く良くなるといいねぇ」

 

お母さんは

 

「ほんとにそうだね」

 

私はその子の頭をポンポンと撫でて、

ありがとうって素早く立ち去りました、

だってオッサン歳のせいか涙脆くなっちゃって、ちょっと泣いちゃったから。

 

 

歳のせいだけじゃないんですよね多分。

私はギャンブルしていた時、20年以上の長い間、泣いたことは、姉貴の結婚式くらい。

 

映画を見ても、彼女に振られても、借金でどん底に落ちても、泣くことはありませんでした。

 

借金の肩代わりをしてもらった時に嘘泣きみたいなのをしたことはあります。演技派の嘘つきでしたから。

 

ギャンブルを止めて、何が1番変わったかと言うと、やはり1番は人と関わること、ほんとにそこが1番なんですよ。

 

自助に行き始めて、長い時間をかけて仲間を少しずつ、不器用ながらも増やしていきながら、

そして、ギャンブルしてない時間は、やはり人と関わることが当然増えていくので、人間的感情も少しずつですが、出てきました。

 

喜怒哀楽がキチンと出るようになったのかな。

 

怒りは、かなり前と比べたら減ってきました。

今でももちろん穏やかでない時はありますが、

怒りを表に出し、鬼のようになる時はかなり少なくはなりました!

 

そして、人から、兄弟から特によく言われるようになったのが、明るくなった、よく笑うようになったということです。

これは、ステップをして、性格が、と書きたいところですが、間違いなく妻のおかげです。

 

今でも遊びのないつまらない男ではあるのですが、それでもかなり明るくなったと自分でも思います。妻は毎日私を笑わせてくれます。

私も必死に真似するのですが、いつも冷ややかな目で見られますが、先ずボケとか、笑いを真似するということが全くありませんでした。

 

そして、よく笑えるようになったことで、職場でも雰囲気は良くなりました。前は葬式みたいな感じだったので。

 

後はやっぱり涙脆くなりました。

 

大きいのから言えば、父の死でしたが、あんなに嗚咽をあげて泣くことは今までありませんでした。人前ではいつも冷静にしてましたが、さすがに、でしたね、でもギャンブルをしたままだったら、あの時でも泣かなかったでしょう。

 

最近では、感動のドラマとかでも泣くし、

1番最近は、映画「アリー」だったかな、あれはかなり泣けました。歌の映画かと思ったら、依存症などが絡む私向けの映画でした。

 

私の妻は感動屋さんで、事ある事に泣くのですが、今はそれが結構、共感できるので、ああ、妻は泣くだろうなあと思ったら大抵やっぱり泣いてます😭

 

でもそんな、人としての感情が、少しずつでも育っていることに、感謝です。

 

よく笑い、よく泣く

 

でいいのかなあなんてね🤗

 

ブログ応援してください!クリックお願いします!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク