ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

向き合う覚悟

昨日は一週間ぶりのキャスもやって、その中でのテーマというか、考え方を少し話をさせてもらいました。

 

おはようございます、ベロです。

 

キャスに来てくださった方は同じ話になりますが、私は大事なことだと思うので、ブログにも残したいと思います。

 

そして、これは私の考え方であることをご了承ください!

 

ギャンブル依存症というのは、孤独の病ともいわれ、自分のことも他の人にも言えず、自分で抱えてしまい、そこからまたさらに奥に落ち込んでしまう病気だと思っています。

 

そんな中で、先ゆく仲間や、医者、援助職の方々など、依存症の問題に関わる方が沢山いらっしゃると思いますが、皆さんの向き合い方を少し考えてもらったらと思っています。

 

それは、依存症当事者に関わるということは、並大抵の苦労じゃないということ。

 

ご家族はさんざん巻き込まれ、精神的にも金銭的にも大変な被害などを受けているでしょうから、向き合うことはすごく大変なんだと分かっていらっしゃるでしよう。

 

そして、お医者さんも、依存症のことをきちんと分かってる方は、私に出来ることは本当にありませんから、自助グループへ、仲間の元に行き、そこから、やめ方、考え方を学んでくださいと仰ってくれます。

1部のおかしな医者達は、誰でもうつ病にしてみたり、アルコールの方と同じように抗酒剤を与えてみたり、おかしなことをする先生もいたり、私の元に来れば、なんて言う変な人もいるでしょうから、気をつけて!

 

ギャンブル依存症というのは、他の精神疾患絡んでなければ、お医者さんでは治せない病気ですからね。その事を仲間も、これから関わる方にも、先ゆく仲間は教えてあげた方がいいと思ってます。医者につながったから安心するご家族もいらっしゃるのは事実なので。

 

次に援助職の方ですよね、こちらも申し訳ないが勘違いの方ばかり。

こちらの方々は、ご家族に関わること多いですが、ちょっと学んだ知識くらいで、こうしたが、あーしたが、なんてアドバイスはほんとにやめて欲しい。

ベテランの当事者でも、家族でも、相談を受けても簡単には解決できないことをかんがえると、数年で部署が変わる行政の方々が、出来ることは、できるだけその道のプロに繋げていくこと。少なくとも、回復途中の、ある程度回復した当事者や家族の方が、実際の自分の体験と、仲間の体験を吸収して成長しているので、的確なアドバイスもできると思います。

 

手前味噌ですが、我々夫婦の実際の相談を受ける所を目の前で見たことのある行政の方は、本当に私達夫婦にこれからも繋ぎますので、ぜひこれからも相談を受けてくださいと言われます。必ず。

私達でさえまだまだですが、やはり関わった仲間達の数も、経験も違います。

なおかつ当事者としての経験も話せるので、多分わかりやすいと思います。

 

そして、今日メインの話の仲間達です。

私もそうでしたが、回復をはじめて、少しずつ周りのことが見えてくるようになると、仲間のことがいい意味で気になり始めます。

それは、仲間を思う気持ちや、人としての感情が戻ってきている証拠で、本当に素晴らしいことだと思います。

 

ただ、その距離感というのが本当に難しく、また、色んな提案や考え方があるとは思いますが、決めるのはその当事者や、家族です。

言うことを聞くとか聞かないとか、合ってるとか間違ってるとか、もしそういうスタンスで相手のことを見ているんであれば、直ぐにアドバイスなどやめた方がいい。

 

私も妻にあの人はこんなんだからなあ、なんて話する時もありますが、私の意見を受け入れないからといって、その人がダメだとは思いません。

 

誰かの悪口ばかり言って、自分のことをきちんと向き合わない人は、私は相手にしないだけです。

 

色んなこと当事者は特に言われます。死ねとも言われるだろうし、ダメ人間とか、考え方が間違ってるとか色んなこと沢山言われます。

 

だけど言われるようなことも実際やってるし、病気だからといって、許されるものではないことはよく分かっているとは思います。

 

この依存症の問題は特にほんとに重たい、簡単には解決できないことばかりです。

簡単ではないけどシンプルなのはお金の問題。

それこそプロに頼めば、早くはないかもだけど、1歩ずつ確実に進みます、自分で返済とかしても、スリップしなければ、確実に変わっていくものです。

 

その依存症の問題に向き合うのは少なくとも自分自身。

人のことは当然二の次。自分の家庭がきちんとうまくも行ってないのに、人の問題に向き合うこと自体がおかしいですよね。

自分は幸せじゃないけどあなたは幸せになれるよ、って言う人の言うことを信じられますか?

 

私は家族と幸せになるというのが、回復を目指す1番の目的です。

 

家族と上手くいかないのに、依存症業界で注目されたいとも、目立ちたいとも、回復者とも言われなくても良いし、誰か1人でもいいから、助かればと思って色んな活動をしています。

 

でもそれは、自分が家族と幸せになるためにやっていることです。誰のためではありません。

そして、私は少なくとも依存症当事者に向き合うことをきちんと覚悟してますから、電話でも、住所でも、本名でも、必要なら教えるし、手助けも出来ることはします。

 

そして、繋がった仲間がその後どうするかは、その人と、その人の神に委ねています。

 

仲間が離れていったら寂しいけど、それも仕方なし。だけど、できるだけ向き合ってます。

 

ちょっとまとまらなかったな。

 

要は依存症に向き合うのに、適当なスタンスで向き合うと、ただ傷つけるだけだよってことを言いたかったのです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク