ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

人を頼る

ギャンブル依存症である私は、病気になったからか、元々か、人に頼るということをほとんどしてきませんでした。

 

おはようございます、ベロです。

 

ギャンブルをしていた頃は当然機械にばかり向き合い、人と関わることを自分から避けてきたので、仕方なかったのかなとも思いますが、ギャンブルをやめても、人を頼ったり、相談したりすることはなかなか出来ませんでした。

 

もちろんこのギャンブルの問題って、借金とかもそうですが、家族との関係や、職場での関係など、色んなところに支障がありました。

 

そして、ギャンブルをしている頃は、そこに全く目を向けていなかったから、そこから逃げてきたから良かったけど、いざギャンブルが何とか止められるようになり、様々な問題に自分が向き合っていくようになると、乗り越えられず、立ち止まってしまう自分がいることに気が付きます。

 

借金の問題は、本当に簡単ではないし、なかなか進まないということも、収支のバランスから、難しいことも多々ありますが、シンプルではあります。

ギャンブルを止めていくことによって、必ず好転はして行きますから。その期間が長ければ長いほど、ちょっとずつでも楽にはなって行きますね。

 

だけど対人問題は、なかなか簡単には行きません。

 

嗜癖によって、様々な人間関係を崩していき、私の場合は、友人は全て失ったし、家族も1回は離婚もしました。

元家族との関係も修復に時間もかかりました。

現在はやっと皆で仲良く集まることも出来るようになりました。

 

職場でもトラブルも沢山ありました。

部下から借金をして、大事になったこともあります。

自分がギャンブルに行くために、全ての人、全ての仕事を疎かにしていたので、そういったつけも自分に返って来ます。

 

コミュニケーションをそもそもとっていなかったため、人との関わり方もどうやっていいのかわからない部分もあったりして、未だに人と話す話題に苦しむということもあったりします。

 

私の場合は、大人しいと言うよりも、話題が振れないので黙っていると言った方が正解でしょうか。

 

私の場合は、元々人に興味がない、またギャンブルをしていたことによって、ギャンブルの刺激以外にどんどん反応が鈍くなって行ったため、関わり方が育たなかったのだと思います。

 

だからギャンブルをやめ続けている今では、口数はあまり多くないと言っても、人と関わるのはどちらかと言うと好きになりました。

 

そんな中で、少しずつ人に自分の弱みを見せることも出来るようにはなってきました。

やめ始めは、全くと言っていいほど人には心を開かず、むしろこの人たちとは違うと思っていました。充分酷い横綱級のギャンブラーなのに、違うと思っていました。

 

ですが、やっぱりミーティングの効果でしょうね。通う期間が長くなってくると、少しずつですが心も開けるようになり、その途中でスリップを何回かしてしまうのですが、その度に、仲間と心から分かち合うことが出来るようになり、今では、もう本当に隠し事は誰にもないような生き方になってきました。

 

これはやはり、相手の問題ではなく、自分が心を開けるかどうか、相手のことをどう思って、どこまで話そうと思うのか、なので、皆が皆に心を開けるわけではありませんから、人によって様々です。

 

だけど、心を全く閉ざしていた私が、人を信じるようになり、少しずつ心を開き、誰かを頼るようになってきて、本当に生き方が楽になりました。

 

そして、一日が楽しい時間の方が多くなっています。人に頼るのは、恥ずかしいことではなく、自分だけで決めなくてもいいので楽でもあるし、いろんな考え方を知る参考にもなるし、頼った上で、自分の行動を決めていけばいいので、結果的には慎重な、間違いの少ない選択肢が選んでいけるんではないかなあと思っています。

 

ただ世の中にはどうしても性にあわない人もいたりするので、その人には頼らず、近寄らずっていうのも別にいいのではないかなと思います。

 

少なくとも私はみんなと仲良くできるとは思っていなくて、仲のいい何人かと楽しくやることしか出来ないとは考えます。

 

それがいいかどうかは、自分で決めたらいいですよね。私は八方美人になれるほど器用ではありませんので😌

 

色んな考え方を知ると、自分の選択肢が増えて、人生の色んな岐路に立たされた時、仲間の力は本当に大きなものになると思いますよ🤗

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク