ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

与えられる場所、人

やっと、生活が少しずつ落ち着いてきて、金銭面でも色んなことが進みだしました。

養育費は少しですが減額が確定し、苦しいながらも引っ越し前にたくさん色んな方からいただいたお米を中心に、妻が毎日を節約生活を心がけてくれたので、なんとかしのいでいました。

私はミーティングでも、元々ホームにしていた場所に行くようにしたので、ただいま、という感じでなんのプレッシャーもなく行くことは出来ました。

 

おはようございます。ベロです。

 

でも、妻はまだ体調もあまり良くなくて、寝込んだりもしていて、精神的にも病んでいたので、引っ越し当初は、自助グループは暫くいいや、という感じでした。

それはそうですよね、今まで他県に出たことがない上に、慣れない土地で、誰も友達もいない環境、それに加えて、引っ越し当初がすごく体調悪かったので、精神的にも安定しないに決まってます。体調不良の原因の一つが、その後わかったことから、少し元気にはなってきました。

 

元気になってきたので、私が行ってるミーティングに彼女が参加したいと言い出して、週末一緒にミーティングに出かけるようになりました。

神様は妻を休ませてはくれません^^何週か通っているうちに、当事者のミーティングにご家族の方が2組くらい来られて、その方々と話しているうちに、妻が、ロビーでいいから、家族だけで分かち合いをする。といい、本当にロビーで分かち合いを始めました。

 

それが今は、たくさんの仲間でにぎわっている家族の自助グループの前身となるものでした。

 

何週かロビーで分かち合いをしているうちに、当事者メンバーが、部屋を取ってくれることになり、二人ではあるけど、私も書類関係だけちょっとだけ手伝い、家族の自助グループが発足しました。近隣の仲間も来てくれて、少しずつメンバーも増えてきました。

 

でもみなさん地元ではなく、隣の市から、また遠くからみえていたので、ホームメンバーではありませんでした。

ですが、家族のメンバーはいつも明るく、笑い声も絶えず、もちろん分かち合いの時は、涙もたくさんあったでしょうが、当事者の自助メンバーもその明るさに癒されていました。

 

それに加えて、妻は、こちらに来る前に始めていたステップが、一度解消することになったのですが、またまた縁があって、今のスポンサーにやってもらうことになり、

スポンサーシップも動き出すのです。色んな歯車が重なり合って、連動して動くように、次々と繋がり、少しずつ、少しずつ、妻の周りの状況は変わってきました。

 

私は仕事も慣れ、ミーティングも特に問題もなく、時々妻と周年記念に行けるようになり、私というよりも妻の環境の変化の方がこのころは大きかったです。

 

でも妻が元気に少しずつなっていく姿を間近で見ながら、私にもたくさんの刺激、笑いがあったのは言うまでもありません。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク