ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

行動あるのみ

昨日も一昨日もそうなんですけど、当事者同士、また家族同士、当事者と家族、という関係で、色んな話を伺って、思うことがあったので、振り返りは置いといて。

 

おはようございます、ベロです。

 

連日リアルミーティングや、キャスを聞かせて貰ったりして、やっぱり限界はあると言うことを感じていました。

 

それは、当然ながら、問題を抱えた本人がどう動くか、という行動を起こすしかないということです。

 

我々は、依存症と向き合い、当事者も家族も、その問題からの解放のために、日夜努力しています。

 

そして、長く関われば関わるほど、沢山の経験もして行きます。当事者も家族も沢山の失敗やつまづきを重ねながら成長して行きます。

 

でも例外なく、成長されている方の特徴。

 

「足を運ぶ

 

これは必ずしている事だと思います。それは、医療だったり、行政だったり、司法だったり、自助グループだったり、講演会だったり。

 

これだけ情報の溢れている中、それをきちんと整理しきれずに、回り道をしてしまったり、いわゆる正しい方向に導いて貰えず、出口が見えなかったりする方も中にはいらっしゃいます。

 

だけど、皆さんとにかく足を運んでいます。

その行動は、今までとは違うやり方を皆さん選択されていると思います。

 

その今までとは違う行動を少しずつして行くことによって、全てが直ぐに好転する訳では無いのですが、確実に変わっては行きます。

 

 

そして、もう1つ。

 

「人の話に耳を傾ける」

 

これもすごく大事だと思います。最初の頃の私は全く出来なかったので。

特に当事者も家族も、間違った行動をしている時や、回復の流れに沿ってない時は、特に人の話が入ってきませんね。

 

それは、自分のしている事を肯定したいからでしょうね。自分のしてきた事が間違ったことをしてきちゃったなんて、簡単に認めて、それを変えて行ける人はそうそういません。

 

でも生きづらさや、頑張っても上手く行かないということから、少しずつ耳を傾けて行くのかなあと思います。

 

そして、持論を展開する方々よりも、人の話を素直に聞き、そして、先ずは行動してみる、ということができる人の成長はとにかく早いんです。

そして、ほぼ皆さん健康的な考え方を持つようになって行き、特にご家族は、笑顔が増えていきます。

当事者も、素直に耳を傾けて、行動できている方は、明るくなって行きますよね。

 

当事者は元々ギャンブルばかりの生き方をずっとされてる方ばかりなので、コミュニケーション能力は低いか、低下しているのですが、明らかに変わっていく自分を感じることで、自己肯定感も上がってくるのだと思います。

 

ご家族は、ギャンブラーに振り回されて来た方々ばかりなので、当事者同様、社会から孤立していることも多々あり、こちらも回復していくことにより、変わっていき、自分を大事にだんだんしていくこと頑張ってできて行きますよね。

 

自身の経験上もそうです。私はとにかく自己中心的で傲慢なオトコなので、なかなか人の意見とかは受け入れないのですが、私の考えと違う行動をする時ほど、結果的には健康的だったり、いい結果が出たり。そういうことを経験してきたことによって、自分の経験だけでは、回復はしていけないことや、いろんな人の話から、学べることが本当に沢山あるということを感じ取ることが出来ました。

 

苦しい時は、殻に籠って、出たくない、何も聞きたくない、というふうになったり、自分の考え方を肯定するような意見ばかり探したりするものです。

 

だけど、自分を、周りを守りながら、変えていくためには、とにかく行動が必要です。

待つことが大事な時もありますが、迷った時ほど、沢山の意見を求め、その中から、自分がどうしたいのか、そこをしっかり見極めて、行動することしかないと思います。

 

考えるだけで、行動に移さないのは勿体ないし、変われないし、事態も好転もしません。

 

いろんな方の意見、情報を参考にし、行動することで道は開けます。

 

周りの方は、心を支えてくれたり、癒してくれたり、祈ってくれたりしますが、動くのはその問題に直面している本人です。

 

安易に大丈夫だよ、応援するよだけでは行けないし、救えるわけでもありませんから、注意しなくてはいけませんね。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク