ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

向き合い方の変化

人によって今大事にしたいものって違いますよね!

ギャンブル依存症でも、そのやめている時間がどのくらいかによっても、変わってくるのかなと思います。

 

おはようございます!ベロです。

 

私は色んなやめ方とかはあっていいと思うのですが、そのやめ初めからの時期によって、大事にして行くものが変わっていく、またそこでその人の回復が見えてくるかなあと感じるので、今日はソレを書いてみます。

 

私は本当にやめ始めの約9年前は、自助グループに対して、ギャンブルの上手く付き合う方法を教えて貰うために行ってました。

なので、ミーティングに行くことも大事でもなかったし、先ずは私を置いて実家に帰ってしまった、元妻に対する恨みや怒りと、帰ってきてくれるのではという期待をしていたので、病院や自助に通っていました。

金銭的には、家庭内窃盗と、親からの借金がバレたことによって実家に帰ったので、返済というのはありませんでした。

 

次に、初めてのスリップしてしまった時ですが、そこでは仲間の言葉で救われました。

スリップした時の借金は15万位でした。

アルバイトを夜やって返そうと考えていて、ミーティングで仲間に話をしたら、借りている人に頭を下げて、コツコツ返して行くこと、自助グループに行く回数を増やすことを提案してもらい、その通りにしてみました。

 

そこからミーティングを週に3回以上行くようになり、仲間に会い、分かち合いも増え、また周年記念も行くようになったため、仲間がたくさん増えて、楽しくなり、自助グループに通う癖が一気について、それは今でも続いています。

 

そして、次にやはり仕事を優先する時期が来ました。というか、単純に残業が多くなり、また職場でも責任ある立場になったりと、ギャンブル依存症からの回復とともに、職場からの信頼も回復してきます。

 

そうなると、仕事優先や、家族優先になってくる時期がやってくると思います。

 

その時がやはりやばいんではないかなあと個人的には思います。

自助に通って、1年とか2年とか過ぎると来なくなる人が出てくるのは、その時期なんではないかなあ。もちろん大事にするものって変わってくるけど、自助グループに行かなくても大丈夫って思ってることがもうスリップへの道ですもんね。

 

私はまさにそれでした。そして、そこに職場での人間関係やら、家庭での不和やら重なって、

3年半くらい止めれたのに、スリップしてしまいました。

 

スリップの後病院に入院した時はもちろん時間もあるので自助グループには週5回とか行きましたが、それも退院すると、やはり生活が中心、やはり3ヶ月も穴を開けたので、仕事の信用を取り戻すのに必死になり、また自助を疎かにし、仲間から離れてスリップ。

 

私は何回も、自助グループの大切さや、仲間の大切さを分かっているのに、仕事を優先してしまい、そこからストレスを貯めてスリップを繰り返しました。

 

今は、事故してリハビリ中なので、忙しくはありませんが、決めた自助グループには必ず行くように、と仲間との分かち合いや、連絡など、途切らさないように意識しています。

 

そして、家では妻とステップの話や自助のはなし、活動の話など出来ているので、今は新記録更新中です。

 

なおかつTwitterで、たくさんのギャンブル依存症のアカウントの方々と仲良くさせてもらっているので、本当に助かっています。

 

わたしは、仕事以外の時間には、やはり仲間と何かしら繋がっていないと、やはり油断や慢心、逃げなど、良くない方の感情が生まれてきやすいんだと思いますから、そこを忘れないように、一日を大事に、そしてとにかく仲間から離れない一日を送っていこうと思っています。

 

私のこれからの最初の試練は、次の土地に行ってからの暮らし方ですね。

 

また皆さんに見守ってもらおう🤗

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク