ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

1300日の積み上げ方

毎日断ギャンブル過去最高を更新中ですが、最近は、ちょっとギャンブル依存症とは離れたことも沢山書いてるので、初心に戻り、自分を見つめます。

 

おはようございます!ベロです。

 

たまたまキリ番でしたが、今日一日を大切に

 

シンプルですがそれに尽きますね。

 

最後のギャンブルをしてから、その日に自助グループに行き、次の日から仲間に電話をかけまくりました。

スリップ報告と、話をするためです。

本当に沢山の仲間にかけたのですが、色んな方がいらっしゃる。

私の話をずっと静かに聞いて、良く話せたね!と言う人。

私を諭すように沢山話をする人。

私の話を聞きながら、やり取りをしてくれる人。

 

でも誰一人として私のことを責めたりはしませんでした。

 

1番責めていたのは私自身でしょう。

だって自助でやり直そうと自助グループに行き、仲間と話をした次の日にまた妻に嘘をついて、ギャンブルに行ったのですから。

 

あまりお金も持ってなかったのですが、早々と負けて、途方に暮れて、どうしたらいいか分からず、夕方まで時間をパチ屋のマンガコーナーで過ごし、飲み物もご飯も食べれず、燃料もギリギリで、アパートに帰りました。

 

妻はシャワーに入っていましたが、また私が正座しているのを見て、直ぐに分かったんでしょうね。さすがに呆れたでしょうね。

 

でも私の話を途中まではウンウン聞いてくれてましたが、私が言い訳ばかりしてたんでしょうね。

 

「私に話すより、今は仲間を頼った方がいいよ、ベロは本当に沢山の仲間がいるのに、仲間の持ち腐れだよ!」

 

と言ってくれたことから、仲間を頼ることを再び始めました。

 

4、5日は仲間に電話かけてたんじゃないかな。

その1番落ちていた時の自分を仲間に素直に、正直に話すことが出来たこと。

 

 

そして、もう1つ大きかったことがあります。私は、自助グループに通っていて、ずっと、ギャンブルは嫌いにならなきゃ行けないと思っていたし、嫌いだし、無くなればいいと思ったり、仲間に話をしたりしていました。

 

しかし、そのスリップの後、妻から

 

「本当はギャンブルが好きなんでしょ?」

 

と言われた時、その瞬間はキレて、またモラ夫全開だったと思うのですが、そこは本当に図星で、その事実を認めることが出来たから、一日を適当に生きてはいけない、ということを思い、そこから一日の積み上げは始まりました。

 

普段は自分自身でもお金を持たないようにしていました。

でも休日のお金は全て私が管理していました。

だから、妻がトイレに行った隙に、お金をくすねることなど容易いことですが、それは未だに1度もしていません。

 

私のことを完全に信用するわけはないのは分かっています。だけど、妻は私が回復出来る、ということは信用してくれています。

また回復への行動も信頼してくれているし、尊敬もしてくれています。

 

1番のやめ続けていられる点は多分そこではないでしょうか。

 

妻が家族の自助グループに行こうが、家族会の代表だろうが、もし自助グループに行ってなかろうが、そこは私の問題ではないし、彼女が必要としているからやっていることです。

 

もちろん尊敬しているし、依存症のことを理解しようといつも勉強もし、啓発にも努めてくれているのは、当事者としても有難いし、応援ももちろん全力でしています。

 

私が回復しよう、変わろうとしようとしていることを、目を背けずに、きちんとみてくれて、そして、私が取るべき責任を、きちんと取らせてくれます。私がしなきゃいけない手続きその他も、全て私に返してくれて、一つ一つの困難も、一緒に乗り越えてくれています。

 

また、金銭面でも、私に責任を取らせてくれてます。

 

私達は、お給料を貰うと、必ず予算を立て、いちいち全て別の封筒に入れて、仕分けを完璧にします。

そして、このお金はこういう風に使う、ということを共通認識で、分かっています。

 

でも残金は私が全て把握しています。

妻のヘソクリは、私の彼女に対する返済もあったりするので、いくらあるか知りません🤣🤣

 

ですが、私は家計に今何に使うお金がいくらあるか把握してます。逆に私が、今月は何にお金を使いすぎだから、ちょっと節約せな行かんね、とか話をしたりします。

 

それはこちらに来た最初からです。

もちろんこちらに来た当初はスリップしてから、2ヶ月も経っていなくて、まぁ普通の家族なら、私に家計の管理なんかさせないでしょう。

 

でも私に借金の返済も含めた管理を任せることによって、私の狂った金銭感覚を取り戻す助けになりました。

 

毎月毎月返済する額を把握し、そのために家計が圧迫されることも二人とも感じ、また借金が減っていくことも二人で喜ぶことが出来たのも大きいと思います。

これはできる人とできない人いるでしょうが。

手を出すのではなく、応援だけしてくれるということですね。

 

そして、こちらも大きいのが自助グループです。

二人とも自助グループに通うことの大事さを分かっていたので、お互いのスケジュールは、自助グループを中心にしてくれたし、私も尊重しました。

 

そして、快復に終わりがないことも分かっているので、少なくとも私が一生自助グループに通うことは理解しています。

 

12ステッププログラムもそうです。一時期は、妻は1週間全てステップしてる時もありました。私の倍以上スポンシーを持っていたので、当然かもです。

私も週3回ステップ、2回ミーティングとかしてたので、夜はほとんど話さない日とかも何日もありました。

 

お互いの回復のための時間は惜しんだら行けないかなあと思います。特にギャンブラーは、自分がちょっと回復してくると、ギャンブルも辞めているので、家族の行動を管理、監視したくなることが多いようですが、ふざけんな!ですね。今まで散々放置しておいて、ちょっとやめたからその縛り何?でしょうね、家族からしたら。

 

私は妻のイベント事に、協力、応援はするものの、反対はしません。むしろ、自分のイベントには少し気を使います。ですが、やはり行きたいイベントは、話をきちんとして、行くようにはしてます。もちろん妻に反対されたこともありません。

 

そして、何せコミュニケーションですね。

毎日が結構私達もバタバタです。子供がいない分、確かにその時間は特別に与えられた時間と思っていますが、その分、私達は、自分のため、仲間のために沢山の時間を使っていると思います。

 

でも、話せる時間を極力作り、話をします。体調がいい、悪いもお互い把握してます。

心の調子も話せる範囲ではします。

 

他人の話以外は夫婦に基本的に隠し事はしません。

 

正直さ、心を開く、やる気

 

これは夫婦にも必要なことだと思いますよ。皆さんどう思われますか?

 

最近は我々夫婦をお褒めいただくことが結構ありますが、このブログを見てどうお考えですか?

 

私達は当たり前に仲が良い訳ではありません。

仲良く生きるため、一日を大事にするための努力を惜しまずやっています。

その一日の積み重ねの結果が、今です。

 

これはまだまだ続けていきます。

 

「明日に繋がる今日一日」

「自分を大切にできない人が他人を大事に出来るわけはありません」

 

今日はちょっと長かったですが、沢山の方に読んでもらい、何かを感じたり、うちは違うよ、と夫婦で話をしたりして貰えると嬉しいです。

 

一先ずsatomiさん、いつも対等に扱ってくれて、共に考えてくれて、生きてくれてありがとう❣️これからもよろしく✨🤲

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

スポンサーリンク