ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

人の中にいての孤独

昨日は観たかった映画「凪待ち」を夕方から妻と見てきました。こちらではやってないのかなと思っていたのと、結構雨が凄いということだったので、高いところがいいかなあ、なんて、単純に思いながら、でも楽しみにして行ってきました。

 

おはようございます!ベロです。

 

私は評論家でもなんでもないのであれですが、私にとっては、うーん、でした。

 

まるで、強迫的ギャンブラーは、おかしくなったら、全てこんなふうになってしまう、という印象を与えやしないかと、不安になりました。

狂気の世界を表現したかったのでしょうが、納得の行くものでは。映画だなあと思いました。

 

香取君の迫真の演技は本当に賞賛に値するのですが。娯楽として一般の方が観に行くのは本当にいいと思います。あまりにもフィクションで、共依存も激しすぎるので。

 

私は個人的には「アリー」の方がぶっちぎりに良かったです。

 

まあ映画の話はこのくらいで。

 

昨日、ある方が開いてくれたキャスで、孤独についてのテーマでした。

 

私は、もちろんギャンブルをしていた時は、自分から、ギャンブルに行くために、1人になりたかったし、なったのですが、自分からなって行った孤独、というのは、それほどきついものでもなく、むしろ、自分だけの世界の構築になるので、自己満足としては、その世界の中にずっと居たい、孤独のままがいい、と感じるのかなと思います。

 

だけど、人と一緒にいて、その中で感じる孤独感とか、夫婦で、恋人と、友人といるのに、楽しんでるはずなのに孤独を感じることが本当に辛いのではないかなあと思います。

 

私はギャンブルを始める前まで、孤独感とかは感じなくて、いつも家族に愛されて生きてきました。親の期待とかはかなりあり、アルコールの問題ある父親の元で育ったものの、ACではなく、周りに大切に育てられ、いじめを受けることもなく、どちらかと言うと、自分中心になってたので、傲慢さは育ってしまいましたが、みんなに大事に育ててもらったと思ってます。

 

大学に行き、ギャンブルを初めて、彼女の死という大きな出来事があってから、ギャンブルにのめり込んだ時は、自分から現実逃避のためにギャンブルや、他の女の人に逃げていたので、孤独感はあったけど、自分から逃げ込んだので、外にいながら心が引きこもりという感じでした。

 

その後もずっとギャンブルを中心に生きてきたので、人との付き合い方が分からなくなって、ギャンブルがないと人と付き合えないようになってました。自分のことや人のことには関心はなく、ギャンブルの話と勝った負けただけの薄っぺらい人になって行きました。

 

それは恋愛をして、結婚したら変わると思いました。子供が出来たら変わると思いました。

 

だけど、自分にとって大事な人が出来ればできるほど、どんどん孤独になって行きました。

心の拠り所はギャンブルや、仕事になって行きました。

 

愛されるのが当たり前だった私が、あまりにも自分勝手すぎて、人が離れて行ったことが、受け入れられなかったのかも知れません。

社会の中に、家族の中に居場所が無くなると言うのが、どれだけ寂しいことか。

 

最初は自ら1人になりたかったのだけど、いざ周りを見渡してみると、誰もいない、誰も心から話を聞いてくれる人はもういない。

 

だから、私は本当に自助グループと仲間が必要なんだなあって思うんです。

 

自分のやってきたことや、辛かったこと、してきたことへの罪悪感、それでもまだやりたい辛さ。

 

ギャンブラーしか、狂ったギャンブラーしか分からない想いを分かってくれる仲間がいるから、そこから少しずつ心を開いて、這い上がって来れるんだろうなあ。なんてね。

 

1人で、とか、自助離れて回復を目指す人は、本当に大変だなあ、凄いなあと私は思います。

私は強くないので、心が、ひとりじゃなくて、仲間の中で回復していきたいです。

 

これからもずっとずっと🤗

 

今はすぐ側に沢山のことを理解して、寄り添って、時には自立するために、きちんと境界線を引いてくれる妻がいるから、凄く生きやすいですが、仲間がいなければ私は回復はしません。

 

家族の理解と、仲間がいることは全くの別物ですからね。家族の想いは私は分からないし、家族は当事者の想いは分からない。

 

だけど寄り添って一緒に生きていくことは出来ますよね。

きちんとお互いを尊重出来るようになって行きたいです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク