ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

苦しみ

昨日はステップをしていて、キャスに入れなくって、聞くことも出来ませんでしたが、良い分かち合いだったでしょう。

 

おはようございます、ベロです。

 

ギャンブル依存症になってしまって、沢山の苦しみがあったと思うし、今も抱えている人も沢山いらっしゃるでしょう。

 

その苦しみって、金銭的なものから、精神的なものまで多岐に渡るので、人が1番今何が苦しいかは本当に人それぞれですよね。

 

やめ始めの最初の頃って、お金の問題が、簡単ではないけど、やめ続けていればシンプルな問題、ということには分からないので、金銭面でまずは苦しむと思います。

 

今まで散々お金を支払うことについては、考えることから逃げてきたのに、急に向き合うようになると、そこにばかり囚われてしまいます。

 

絶対的に収入が少なくて、返済しても、楽にはならないという方もいらっしゃると思います。

財務の棚卸しをして、生活を再建して行くことも必要かも知れませんが、それは具体的に色々背景とかも分からなければなんとも言えないので、こちらは難しいです。

 

そこまでない方に関しては、金銭面は、何とか頑張ってやめ続けていれば、間違いなく楽にはなって行くので、一日を、ギャンブルをしない一日を何とか積み重ねて言って貰えたらと思います。

 

精神面で、自分も回りも苦しむことが、本当に大変だと私は思っています。

 

私は鬱状態になったことはありますが、鬱という診断はされては居ないし、違うと思うので、そういった方々の苦しみを簡単に話は出来ないと思います。

私の鬱症状の時のことだけで話をすると、やはり何もやる気も起きず、起きてるのも辛いし、ましてや外に出るなんて、ギャンブルをしている時だけが、心が何とか落ち着いた状態で、勝ちとか負けとかあまり関係なく、その場所にいるのが楽でした。

ただ、一日が終わると、仕事をサボったことや、金銭面での不安、借金や家族との問題など、考えることが沢山あって、投げ出したくなったり、死にたくなったりと言うこともありました。

 

金銭面が簡単に解決するとも思いませんが、少なくとも解決法はシンプルです。

ギャンブルをしないでコツコツ稼ぐこと。

 

だけど、感情面は、ほとんど1人だけの問題でもなく、周りを台風のように巻き込んでしまっているので、簡単に解決出来ることはありません。苦しみはだんだん楽になるとも限りません。どんどん追い詰められることもあります。

 

そして、この問題は、どこででも話せる話ではないので、当事者も家族も、社会からだんだん孤立して行きます。だからこそ、聞いてくれる場所や人、時間が大切なんですよね。

 

でも話が出来たからと言って、何も解決出来るわけではありませんよね。その後、自分がどう行動していくか、これに尽きるんですよね。

 

当事者は特に、止められない、と言いながら、行動を変えない方が圧倒的に多いです。今苦しいのなら、吐き出した後、行動することが大切ですよね。

自分が変わるための行動、出来ることは山ほどありますね。

お金を持たない。ギャンブル場を避ける。関連するサイトや動画を見ない。クレジットカードや銀行のカードは破棄。相談機関に相談。ギャンブル場を出禁してもらう。送金口座の解約。スマホをやめる。自助に通う。病院を受診する。施設に入る。職を変える。

 

例を上げればキリがありませんが、何かひとつでも、変えようという行動をして、なお苦しいのなら、また仲間に相談をしていけばいいですよね。

変える行動もせずに、苦しい、と言われても、いやいや、まず動かなきゃでしょ自分が。と思います。

 

相談を受けることが沢山あるのですが、大抵動けない理由、言い訳をする方がほとんど。私が出来る方法を話すと黙ってしまう。

 

いくら貴重な経験を聞き、アドバイスを受けて、変われる素材を手に入れたとしても、自分が動かなければ、現状は変わりません。

 

そして、動いた方は、ほぼ間違いなく変わってきてます。私は今まで散々動いてきたから、少しだけ変わったし、生活も、考え方も楽になってます。

 

以前の生き方には恐ろしくて戻れません。

 

今のわたしの苦しみは、回復が遅いわけではないんだけど、リハビリが間に合わないこと。

それを昨日勇気を持って、次の職場の上司や事務員さんにお伝えしました。

仕事に入る日が決まってたのに、文句を言われるかな、とか、人が足りないから困るとか、給料は補償してもらえないだろうなとか、先取り不安ばかりだったのですが、

金銭面ではまだ解決はしてない部分もありますが、とにかく無理をせずに、しっかり治してくれという言葉を頂いたので、ホッとしてます。

 

次の場所に転勤しても、ちょっと余裕が出来たのは、やはり電話とはいえ、自分が行動したからだと思うし、また金銭面での交渉もして行きたいと思っています。

 

コレはほんの小さな話ですが、動けることを動ける範囲で、それは人それぞれで、できないことの方が多いという方もいらっしゃいますが、少なくとも当事者は、言い訳よりも先に動け!

 

と過去の私に、今の私が言っております🤣

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク