ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

それぞれの回復

昨日は遠くはないところに今度は妻と遠征に行き、二人とも満足して帰ってきました。

 

おはようございます、ではなくもうこんにちはですね!ベロです。

 

やはりリアルのミーティングに勝るものはありませんね。私はそう思います。

 

たくさんの仲間の話を聞かせてもらうことによって、自分自身の振り返りや考え方の変化、また変わってないところ、囚われてるところ、たくさんの気付きを与えてもらい、本当に感謝です。

 

ですがやはりここでも同じような問題がありますね。

 

相手側の態度や、変化への囚われ😭

 

頭で考えるほど簡単ではありませんよね笑

 

やっぱり家族は当事者が、ギャンブルに行ってないのか、から始まり、自助グループに行ってるのか、回復してるのか、返済は上手くいってるのか、この先やって行けるのか。

 

囚われは止まりませんね。

当事者が変わっていけば、ギャンブルをやめてくれれば全てが上手くいくと思ってるので、

自分の問題と言うよりは、当事者の問題ばかりに目を向けますよね。

 

だけど、家族が手助けできる当事者に対することって本当にないんですよね。

自助グループに行くことすら、本人がいこうと思わないと、首根っこ掴んで連れてっても、ただ参加してるだけでは回復はしないですよね。

 

小遣い、金銭管理しても、他所から借りれば全く意味もありませんね。

 

GPS付けても、職場や家に置いていけばそれも意味なし、さらに、そのまた置いていったことに腹を立てたり、いいことなんにもありませんね。

 

当事者が回復したいと思わない限りは、残念ながら、何をしてやっても、当事者のお世話をするほど回復からは遠ざかると思いますね。

 

けど、バリバリの初心者はイネイブリングばかりしてるので、なんでこっちが変わらなきゃダメなの?当事者が変わらなきゃでしょ、というのが普通かもしれませんね。

 

家族側が変わって、回復してくれば、自ずと当事者も変わらざるを得ないし、回復の手助けになる、と言われても受け入れられないのが本当の所かもしれませんね。

 

将来私の息子がギャンブル依存症になったら、冷静に見守ること出来るか、と言えば分かりませんねー。回復の仕方は分かってるから、それをつたえたり、責任を取り上げないことは出来るでしょうけどね。

 

そして、今度は当事者です。

 

当事者はどうしても家族側からの賞賛、ねぎらいを欲しがりますよね。以前の私は特にそうでしたね。

そして、本当に言って欲しくない言葉は、

「何も変わってないね」

でした。ギャンブルをやめただけでも昔の自分とは随分変わりました。そして、生き方、考え方を変えていこうとして、ミーティングやステップをしているのに、なんも変わっとらんてどういうことや😡といつも反論してました。

 

少しくらいは変わったやろー!なんも変わってないわけなかろうが😡といつも喧嘩ばかりしていました。家族の高い評価を欲しがりましたね。

 

散々家族のことを、気持ちを、辛さを見て見ぬふりして、ギャンブル三昧だったのに、やめた途端に、頑張ってる姿を認めて欲しい、頑張ってるねー、素敵ねーくらい言って欲しかったのか🤣

 

相手が変わっていく、変わってきたことばかりに目を取られている仲間が如何に多いか。

 

昨日もちょっと強めのツイートしました。

これは伸びなかったけど😭

 

 

当事者が何年も、何十年も掛けて、家族との、奥さんとの、子供との関係を崩してきたのに、ちょっと何ヶ月、何年やめた位で何を言ってんの?

 

と特に当事者に対しては本当に思います。

自分のことは棚に上げて、人のことばかり。

自分が本当に霊的にかわっていけば、周りは間違いなく変わっていくし、そして、相手の行動や言葉には反応しない自分も出てきますもんね。

 

埋め合わせの意味ひとつにしてもそう。

埋め合わせって、謝ることと勘違いしてる仲間が如何に多いか😭

 

埋め合わせって、自分の側の掃除をすることですよ。相手に許しをこう事でもなく、相手と和解が出来たから上手くいったのではありません。

 

生きづらさの種を少しずつ、ひとつずつ、自分から摘み取っていき、その自分が持っている罪悪感や囚われなどから開放されることが目的なんですよね。

 

相手から、罵声を浴びせられようが、拒まれようが、構わないのです。

自分の願いや思いだけでなく、きちんとフラットに話をして、長年自分の中にあった重たい心の荷物がおろせればそれでいいのです。

 

もちろん相手を傷つけないという大前提がありながらも、相手との和解や、仲良くなることが目的ではないことは、きちんとわかって欲しいですね。

 

その辺が伝わっていくには、やはりステップを踏んだ人が、どんどん発信もして行かないと行けないのでしょうし、少しずつでも伝わっていけばいいなぁと思ってます。

 

少し話が逸れましたが、やはりどちらの側も、お互いを理解することは、根本的には出来ないので、それぞれは、それぞれの自助グループに行って、または、それぞれの仲間に相談して、少しずつ理解を深めて行けばいいのかなあと考えます。

 

お互いに、お互いの気持ちを知りたいということをよく聞きますが、その立場にならないと理解することは出来ないので、参考程度にしたらいいんじゃないかなあ。

 

私は家族のことを心の底からは理解出来ないし、私の気持ちや行動、特にギャンブルにハマっていた時の気持ちなど、理解出来るわけないと思ってます。

そして、残念ながらもし理解出来たとしても、それは相手の回復の役には立たないので、自分の側をしっかり見つめて行きたいと思います。

 

私は最近はもう家族の相談は、できる限りは妻にバトンタッチしてます。

だって、ちょっとくらい変わったギャンブラーが何を偉そうに家族にアドバイス出来るの?

 

またいつスリップするか分からないような当事者には、自分はどうした、こうやって頑張ってます。意外に何が言えんのかなあ。

と最近は思うようになってきました。

 

家族は家族に

当事者は当事者に

 

相談すれば、解決の道は開けていけますね🤗

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク