ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

本音を語る

毎日色んな方々と会うため、ダイエット旅とは全くならず、少しずつ大きくなってしまい、なおかつ毎日結構な運転もして、日焼けもかなりしてるので、妻に、完全に怪しいイラン人の密売人と言われてます🤣🤣

 

おはようございます、ベロです。

 

f:id:bero3:20190814075753j:image

昨日は実家で兄夫婦と、姉夫婦、母とうちの夫婦、7人で食事会をしました。

 

初盆で家族で集まるために帰省したので、今回はこれがメインの旅でしたが、ここでも与えて貰いました。

 

まぁとにかくやはり話の中心は母の今後のことになりました。

 

そして、実家をどうするかという話は、今まで具体的にはしてこなかったので、やはりそろそろ決めていかなくてはと義兄が教えてくれたので、その話になりました。

 

その中で、先ずは姉と私の考え方が真っ向から対立し、ほぼ口喧嘩になりました。

 

姉と揉めたことは今までほとんどなかったのですが、相続の件なのですが、考え方が違う、というか、私も姉も白黒思考で、グレーゾーンを許せない性格のため、お互いに譲れない。

ということに気が付きました。

 

そして、私は家族が本音を語ってない、偽善だ、ということが本当に嫌でした。そこで更に話をすると、やっと本音が出てきて、そこで和解というか、話が出来て、収まりました。

ただ私はその話を主張する中で、妻の意見を聞かず、自分の考えを推し進めたことは反省しました。

 

その話の途中で、私の息子の話が出てきました。

私は、その時は息子に対しての不満がすごくありました。私は小学校5年生の時から自分の進路を決め、親にお願いし、中学受験をして、進学校に行かせてもらいました。

東京にもその当時1人で何度も行ったりし、高学年になれば、自分の事や主張はきちんと出来るものだと思っています。

 

だから、離婚して、面会場所も決められた中、中々会う機会が作れないとはいえ、手紙も来なくて、お見舞いにも来なかったことを恨みに思っていました。

かつ、私が死んだ後、相続は息子に行くということはわかっていたので、それも嫌でした。

何故嫌かと言うと、その後ろに元妻が控えているからです。

 

私はつい最近まで、仕事への不安や将来への不安で病んでいて、そして、元妻のことはやはり恨みや怒りが手放せなくて、多分息子の行動をいちいち制限してるんだろうなと思うと、更に腹が立ちます。

息子には便箋や切手も送っているので、自分の意思で手紙も送れるはずなのに、という思いなどもありました。

 

そんな話をしていると、周りの家族から非難轟々。まだまだ小学生のうちから理解は出来ないし、子供に見返りを求めている時点で親としては失格だ。

というようなことを沢山言われました。

 

もちろん確かにそうだし、でも自分が出来るのに、何故息子が出来ないのか、という思いを話していると、私のやはり本音が出ました。

 

息子を愛しているし、寂しかったのです。

ただお金のことや、誕生日プレゼントの話の時だけ手紙を送ってくる息子の事を、ちょっと嫌になってたのです。だけど、多分息子は私のことを愛してるでしょうし、感謝もしてるでしょう。

 

その事をきちんと認めずに、私の思うような行動をしなかった息子に対して恨みを持ってしまったのです。私は色んな思いから号泣しました。そこでも本音をきちんと家族に吐き出すことが出来ました。

 

私が大泣きしていると、妻がハグをしてくれました😭😭

 

「大丈夫、私はみんな分かってるよー」

と言って、一緒に泣いてくれました。兄も姉も泣いてました。

 

妻は落ち着いて、私が転勤して中々仕事に復帰できないことや、将来への不安から、最近は病んでることを説明してくれました。

 

そして、家族も話を分かってくれて、父親が嫌いな子供なんていないよ、大人になったら分かるよ、と色んな話をしてくれました。

 

そして、兄貴は許す、ということをまた話してくれました。

私はやはり許すことが中々出来てないのです。

自分の思い通りにならない元家族に対しての怒りや恨みがまだまだ残っています。

 

ただ子供に対しては、本当に大事な存在ではあるので、これからも見守って行きたいと思っています。

 

私は本当に恵まれてるなあと思いました。

いつも寄り添ってくれる妻がいて、色んな話を正直に出来る家族がいて、私の病気と向き合ってくれる仲間が沢山いて、皆さんにはあらためて感謝の気持ちをもちました。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク