ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

危ない時期

昨日は帰ってきて、久しぶりに自分の布団でゆっくり寝れたけど、1週間の疲れが溜まってしまい、中々平常運転にはならないです。けど少なくとも仕事復帰に向けて、ダイエット、筋トレはしなきゃ!

 

こんにちは、ベロです。

 

本当はこれは盆前に書かなきゃだったのですが、このことについて。

 

f:id:bero3:20190816113428j:image

 

家族がいる方もそうかもしれませんが、特に現在独身の方は、この時期、大型連休は危ないですよねー!

 

私はギャンブルしてた時は、お盆は何回も帰省を飛ばして、ギャンブルに明け暮れてました。

仕事を堂々と休んでいいこの時期、毎日朝から晩までギャンブル出来るのに、なんでいちいち実家に帰らなきゃ行かんの?

 

くらい思ってました。ほんとに狂ってましたねー。特に私がやってた頃は、パチ屋も活気があり、モーニングあったり、高設定確定の日があったりで、実際にバカ出しすることもよくあったので、朝の7時くらいから開店待ちで並ぶのは普通でした。

 

特に盆休みなになると、普段は来れないサラリーマンの方などでごった返します。

並んで座れるのは楽ですが、抽選になると、早くから並んでも、順番が悪くて、いい台取れなかったり、それでも毎日ワクワクしてました。

 

家族がいる方は、帰省やら、家族サービスで、どちらかと言うと時間が取れなくなる方だと思いますが、私は嘘をついて、一日二日前に帰省を早めて、ギャンブルに行ったり、わざと喧嘩して、家から出て行ったりしていました。

なんともクレイジーですが、普通に行くためにはどうすればいいかばかり考えてました。

 

だから、家族とどこかに出かけても、つまらなそうだったり、(実際つまらないのですが)直ぐにイライラしたりしてました。

 

時間があって、お金があったら、余裕あれば、なくても、行きたいなあという考えになるのは、ギャンブル依存症であればごく自然に出てきますよね。

回復を目指して、自助グループや病院に通ったりしたところでその思いが全くなくなる訳ではありません。

 

だからこそ、この時期を危ないと思い、いつもとは違う行動とかしていかなきゃならないのかなあと思ってます。

 

先ずは大型連休は、危ない、自信がないと思えること。

これが謙虚には繋がります。特にこの時期は地域によっては、自助グループがない、休止の場所も多いので、じゃあどうします?

 

自助グループとかがないからこそ、仲間と連絡取り合う、Twitter多めにする、とか、なんかしら繋がりを持つようにする。

 

もし自助グループあるなら、確実に行くようにする。いつも行けない遠くの場所にもチャレンジしてみる!

依存症関連のイベントもお盆期間中やってましたね。そういった有難いイベントをチェックして行ってみる。

 

仲間とオフ会をする。仲間と食事とかでも、全然落ち着いたり、貰えるもの沢山ありますよねー。

 

そして、後は、この時期だからこそ、計画的に行動するため、計画を立てる。余った時間と余ったお金が1番危ないので、怪しいと自分で思える人ほど、綿密な計画と予算、または、連休の前半に買い物をしておいて、後は、大人しくしておくとかですかね。

 

とにかく自分がギャンブルをしないためのいつもとは違う行動を一つ一つ考えながら行動していかないと、意外と簡単にスリップしちゃいますよね。

 

私は妻と離れないように、また、仲間とのやり取りを途切らせないように、は今も心がけてます。

 

そして、今回は特に、仲間と会う時間を沢山取れましたので、穏やかな一日を積み重ねることが出来、史上最高のお盆を過ごすことが出来ました。

 

そろそろやることなくなってきた仲間もいるかもなあ。お金と時間がなきゃいいけど、今日明日明後日なんか危ないですよー😭

 

自分が依存症であることを忘れず、落とし穴はどこにでもあることを意識しながら一先ず後3日過ごしていきましょう!

 

お盆期間お仕事中のの方は、振替休日気をつけてくださいね!

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク