ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

褒めて欲しい😌

昨日は全国的に雨だったみたいですね、間を縫って何とか歩いたり、トレーニングしたりで、集いまでに何とか少しでも見栄え良くならなきゃ、と一生懸命頑張ってます🤣

 

おはようございます✨ベロです。

 

f:id:bero3:20190823212105j:image

 

我々ギャンブル依存症当事者は、家族や周囲を巻き込んで、台風のように全てを破壊して行く存在なので、憎まれたり、恨まれたりすることはあります。

 

そして、ギャンブル依存症と認めて、回復に向かおうとしても、家族には恨み、怒りが半端ないので、人格を否定されたりします。

小遣いの管理はもちろんのこと、携帯のGPS、罵声を浴びせられたり、時には暴力もあったりしますね。

 

だけど、家族からすれば、そのような感情になるのは仕方ないとも言えますが、私は家族ではないので分かりません。

 

だから褒められたりすることもないし、上げてもらうこともないと思います。

 

やめ続けてるギャンブラーも、ギャンブル依存症であること以外は普通の人間。

 

私の場合は、やめ続けてることが当たり前とは思わないので、一日の終わりには、自分に

 

「今日もギャンブルをせずに一日を過ごせたね、良かったね✨よくやった👍」

 

と自分を褒めています。

 

たた、家族や周囲にこれを求めるのは違うし、そんなこともするつもりもないでしょう。

 

ただやはりけっこう長い間やめていられたり、

明らかに変わってきたと思うことは、やはり褒めて欲しいものですね。これは当事者の思い。

 

だけど、当事者は間違いなくすぐ調子に乗るという面も多々あるので、褒めすぎたら直ぐに調子に乗るので、加減が難しいですよね。

 

私はモラオなので、ときどき全てを台無しにしてしまう時があって、これを変えていくのは本当に大変です。でも少しずつでも変えていかないと、いつか妻にも逃げられてしまうので、何とか変わりたいとは思います。

 

当事者も家族も、基本的には自分自身を見つめて、自分が変わっていくこと。

特に当事者はじぶんが変わることに焦点を当てて、他の人、周りの方の対応や、態度などに一喜一憂するのではなく、生き方、考え方を少しずつでも変えていき、やはりたくさんの迷惑や心配も掛けていたのも事実なので、機会ある事に埋め合わせをし、家族や周囲をいたわることが出来る人になりたいですね。

 

そのためにはまず自分が変わっていき、心から平安な日々を送れるようなり、幸せを感じていかないと、人にも優しくなっていけないかなと

思います。

 

自分が変わっていき、回復するってのは永遠のテーマなので、なかなか上手くは行きませんがね。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク