ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

勇気をだして

今日は天気も良くて、絶好のドライブ日和😌

まだまだ暑いんだけど、楽しみながら、またミーティング行ってきたいと思ってます。

 

おはようございます、ベロです。

今日はこれ。

 

f:id:bero3:20190825082335j:image

 

これ、物凄く分かるんです。

私は、ギャンブルにハマりすぎて、コミュ障になってしまいました。

普通の方は、19歳くらいから、40位までの間には、相当な人と出会い、話し、色んなことを楽しんだり、素敵な時間を共有したり、とにかく人との関わりがかなりあるはずなんです。

 

だけど私はあまりにも機械だけに向き合いすぎて、本当に必要最低限のコミユニケーションしか取ってきませんでした。

 

なので、未だに直接人に接するのは苦手です。

 

ギャンブル依存症から回復したいと思って、色んな活動を始めてからは、かなり変わってきたとは思います。

 

でも、周りに知り合いがあまりいない状況とかになると、大体固まって、多分スマホを見だします🤣

 

とにかく人とどう接していいか、何を話したらいいか、未だに分かりません。

ギャンブルをしたからなのか、元々なのか、本当にあまり人に興味がありません。

 

なので、相手から話を振ってもらえばまあまあ話せるのですが、私から振って、話を広げる、というのはなかなか出来ません、未だに😨

 

そして、それはあまり行かない会場とかにミーティングに行った時もそうです。

 

新しい仲間が来たら、私は最初の頃、どうしていいか分からないという経験があったので、できるだけ話しかけるようにはしています。

 

ミーティングに行くのはとても勇気のいる事だし、不安もあるし、ミーティングに行っても変わらない、と信じてない方も沢山いらっしゃるので、1回目って凄い大事だと思うんですよね。

 

仲間の中には、それで来なくなれば仕方ないと言う方もいらっしゃるかもですが、今いる私たちが、何とか次も来てもらうよう少しでも、自助グループの良さを伝えて行かなきゃなあと私は思ってます。

 

だけど、実際は、なかなかいつも歓迎出来てるわけではないなあと思います。

 

普段行かない会場に行って、冷たくあしらわれたことも何度もあるので、沢山通ってる私が思うくらいだから、新しく来た方は次は来ないだろうなあ、と思う会場もいくつもあります。

 

だからこそ、私は、自分のホームだろうがそうでなかろうが、自助グループ初心者にはできるだけ声掛けはしています。

 

このスタンプのように、モジモジしてしまうのは当たり前だなあと感じます。

 

私自身も未だにあまり行かない場所では手持ち無沙汰になるし、新しい仲間は不安や不信、でも期待も持ってるけど、本当に何をしたら、どうしたらいいか分からないというのが本音だろうからです。

 

だから、勇気をだして行くこと、その会場にたどり着いただけで、本当によく来たね!

たどり着けたね!頑張ったね!

なんですね。私からすると。

 

私も含めたちょっとだけ先輩の仲間たちは、初心に戻って、新しく見えた仲間を労い、輪の中にできるだけ入れてあげて欲しいなと思うし、

私は、元々不機嫌顔なんですが、できるだけ話しかけたりして、少しでも気持ちを寄り添いたいなあと、そして、また来てくれるように、話をこれからもして行きたいなあと考えています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

スポンサーリンク