ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

人生って何?

昨日は丸々半日かかって、大変ではありましたが、楽しい遠征となりました。

 

また、フェローでも、自分なりの経験を話し、仲間の話もゆっくり聞けて、思った以上に仲間のしっかりとした考え方に共感し、一日を大切にして行こうねとお互いに労って、よかったです😌

 

おはようございます、ベロです。

 

今日はこちら

f:id:bero3:20190825234937j:image

 

私は自分自身に絶望する度に、そして、自助グループに繋がってからは、スリップする度に思っていました。

 

ギャンブルが、たまたまその時勝っていたり、表面上うまく行ってたりしたときには、人生は上々だなんて思って、調子に乗っていますが、借金が重なり追い詰められたり、どうにもならなくなって途方にくれたりすると、自分の人生ってなんだったんだろう?と絶望していました。

 

ほんと都合のいい頭ですよね。

多分そんなことを考えている時は、死を少しは考えているのでしょうが、その先で、借金を肩代わりしてくれたり、力になってくれたりする人が現れると、直ぐにその考えは無くなり、もう一度頑張ってみよう!なんて思います。

 

狂ってる時は、昨日も仲間と話していたのですが、ほぼお金や時間を作ることしか考えてなく、仕事も家庭も全く疎かにしているのですが、自分だけは一生懸命頑張っていると思い込んでいるんですよね。

 

一生懸命生きて、何とか生活してるのに、なんでこんなに負けるんだ、とか、なんで上手くいかないんだ、とか

 

今となっては、プログラムもやってますし、当然ながら過去も変えられないことも分かっているし、過去の自分をありのままに認めて、今を大事に生きる、ということが少しずつ出来るようにはなっているため、今現在の自分を認めることが出来ます。

 

回り道とか、遠回りとかではなく、色んなことを経験したから、今の自分がいるということを認めることが出来るようにはなってきました。

 

あの時こうしとけば良かった、違うやり方をしてれば上手くいった、とか、変えられない過去を思ってクヨクヨすることが無くなりました。

 

でも全てがうまく行かなかったあの頃は、生まれてきてすみません、というようなことを結構思ってましたね。

 

人生に意味はあるのかないのか、それはいつ誰が決めるのか分かりません。

 

ですが私は今が幸せだし、ギャンブルをしてなかったら、今私を取り巻く状況がないと考えると、ギャンブルに出会えてよかったとは思わないけど、ギャンブル依存症になっては良かったと思ってます。

 

もちろん回復に向けては一生の問題なので、終わることは無く、果てしない道のりですが、裏を返すと、ずっと仲間と繋がり続けられます。

 

少なくとも、全ては言わなくても、自分の負の部分を分かっている仲間たちです。

そして、私がまた落ちて、スリップしてしまっても、離れては行かない仲間です。

 

親友って言うのは一生の中で何人も居ないだろうし、私は自分のせいで学生時代の友達は皆いなくなりました。

 

だけど、今は心友は何人かいます。

自分のことを本当に包み隠さず打ち明けられる人がいます。

 

その人たちに出会えただけでも今の自分で良かったと思えます。

出会いに本当に感謝です。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク