ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

寄り添うことの難しさ

やっと仕事に復帰しました。約5ヶ月ぶりの仕事はやはりキツかったですね😭

 

しかしながら、このきついというのが久しぶりの感覚で、痛いとか、辛いとかはずっとあった感覚ですが、久しぶりの感じで、戻ってきたなあ、という感じもありますね。

 

こんばんは、ベロです。

 

f:id:bero3:20190917200306p:image

我々依存症当事者やその家族の方々は、色んな問題があるため、他の人との関わりを少なくせざるを得なくなり、人との付き合い方が上手くいかない、また上手くいかなくなったりします。

 

そして、鬱とか他の疾患を持つと更に人が怖くなってしまって、人との関わりを持たない方向に自分を持っていきます。

 

それは、自分の殻に閉じこもるということも含まれるとは思うのですが、自己憐憫に陥り、実際やるかどうかは別にして、心も体も自分自身を傷つけてしまいがちです。

 

そうなってしまった人に、私はどう対応したらいいのでしょうか?

 

その方の思いを全て理解も出来ないし、悪い方向へのスイッチもいつ入るのかも分かりません。

 

そもそも寄り添うと思うこと自体が傲慢なのかもしれないな、なんて最近思います。

 

私は自分を傷つける行為⇒ギャンブルでしたが、本当に人によって様々だと思います。

 

そして、ギャンブルに関してもそうなんですが、ほかの疾患とかある方にも、最近は、どんな言葉をかけたらいいか悩む時が結構あります。

 

でもある方に教えてもらいました。

 

「病んでる時はやっぱり人の話とかは入ってこないですよ。」

 

そうですよね。自分自身がそうでした😭

辛さが違うからといって、対処が違うというわけでもなく、やはり、どんな形であれ、病んでる時に殻にこもっていくのは、普通にやる手段で、そうなったら、その人が殻を開けて出てこないと、他の人の言葉や感覚、心を受け止めることは出来なくなってしまうんですよね。

 

本当にそれは仕方が無いので、やはり答えは、

殻から出てくるまでそっとしておく、又は、自分から聞く耳を持つ体勢になるまで待つしかないんでしょうね。

 

私も心から仲間に心を開いたのは、何回もスリップをした後ですから、私が少しギャンブル依存症のことを知ってるからと言って、分かるよ、なんておこがましいのかなあ、とかも思っちゃいます。

 

ここ数日間ですごい楽しくて、素晴らしいことも本当に沢山ありましたが、再び、人と、仲間と関わることの難しさを感じ、また、そういった難しさがあったからこそ、自分が殻に閉じこもっていたことや、今の振る舞いを立ち返って、考えることができることに本当に感謝ですね。

 

ちょっと短いですが、なんだかどうしてもモヤモヤしちゃったので。

 

人に寄り添う事は本当に難しいですよね、心を配ってるつもりでも、相手からすると、今は無理、とか、そっとしといて、って言う時もありますもんね。私もそうでしたから、そこは何とか分かりますね。

 

 

いつも見てくださりありがとうございます😁✨

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク