ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

助けを求めて

雨続きでこちらはダムも放流を始めました。

結構降ってるので今後も心配です。

 

せめて小雨か、日を置いて降ってくれるといいのですが。

 

こんばんは、ベロです。

 

今日の川柳はこちら


f:id:bero3:20191019100458j:image

当事者はとくになかなか出来ませんねー😱

 

繋がって長い方とか、人間関係上手な方は、仲間もたくさんいるし、結構色んなジャンルの人が居るので、この相談はこの方かなあ、なんて、相談によって相談する相手を変えたりも出来ます。

 

しかし、つながり初めの仲間たちはまず話しかけること自体もなかなか難しいし、自分の悩みとかはプライドなのか、心を開かないのか、なかなか打ち明けてくれませんね。

 

そして、やっと聞き出したら、結構もう大事になってた、とかよくある話ですもんね。

 

調べたらわかる事も沢山ありますが、当然ながら何を調べたらいいのか、何から手をつけたらいいかとか、わからない人が圧倒的に多くて、結果的には何もまだ動いてない、という人が沢山います。

 

この業界に入ったら、とにかく行動あるのみですよね、経験者の皆さん!

 

そして、これだけ情報のある時代、最低限は自分で調べましょう。それも行動ですから。自分の借金を人任せにしてはいけませんよね。

自分の病気は自分で研究ですよね。

 

依存症は本人が主治医とはよく言ったものだと思います。

 

最初の頃は動く前に先取り不安や、グルグルが止まりません。

 

動いたとしても、上手くいくとは限りません。当事者は本当に動くだけなのに、すぐ仲間との違い探しを始めます。

 

あの人みたいに酷くないとか、俺の方が回復してる、とか私の方がステップが、入ってるとか。

 

このブログでも何回も言ってますけど、比較するとすればギャンブルしてた頃の自分、ギャンブルをやめた後の自分、そして、やめ始めの自分と、自助グループに長く繋がってからの自分、ステップする前の自分とやった後の自分。

 

自分との比較、それだけなんですよね。

 

でも、直ぐに人との優劣を付けたがります。

ギャンブラーですから、直ぐに勝ち負けです😭

私の場合は特に酷かった😱

 

仲間に打ち明けることはあまりありませんでしたが、家では結構愚痴とか言ったこともあったり、ミーティングに行ったのに怒りを持って帰ってくることもしばしば。

 

人の成長まで裁いていた私がいます。

 

今はそこの部分はだいぶ無くなっては来ましたね。そもそもみんな回復の途中なんで、足りないところがあって当たり前、そうやって裁く自分は何者ですか?というようになってきたので、ノーコメント、が多くはなってきました。

 

このブログを書き始めた頃は、自助グループに通ってない人は全くダメ、通っててもステップしてない人はダメ、とかダメ出しばかりしていました。

 

SNSの世界に足を踏み入れて、本当に色んな方がいらっしゃるのだということもわかり、また色々あった結果、本当に回復を目指すのに色んな方法があるから、どれを正解なんてなくて、わたしがやりたいことは、どんな手段でもいいから、自助グループに行ってもらい、共に回復をしていく、という目標だけを持って仲間たちに接しています。

 

何がいい、何がダメ、なんて考えたり呟いたりするより、とにかく動かなきゃ、と思っているし、オススメしてます。

 

 

この病気は頭の中で考えて解決できるほど簡単な病気ではありませんし、コントロール出来ないからこそ、自分を超えた力に委ねる、という考え方にもなるのだと思います。

 

自分でコントロール出来るなら、これ程楽なことはありません。

 

 

 

家族も当事者の振る舞いに一喜一憂するでしょうが、それ自体が無力じゃないですよね。

 

ギャンブラーはつながり初めや、繋がってても回復に向かってない仲間は嘘つきで、家族のご機嫌取りばかりしてます。

 

そのギャンブラーを信じても裏切られるだけですもんね。何回私も裏切ってきたことか。

 

家族に色々話しをしたり、相談しても無駄です。

その方がギャンブル依存症ならば話しを理解してくれるし、間違えない対応を話しをしてくれるでしょうけど。

 

当事者に、仲間に相談してください。仲間は自分の経験しか話せないにしても、色んな考え方と、ギャンブラーはしては行けないことはよくわかってます。

 

悩んで、相談できる人が居ないなら、仲間しか居ないでしょう。沢山の意見の中から自分で決めていけばいいと思います。

 

ただ難しいのは、やはり当事者は当事者のこと、家族は家族のことしかわからないということ。一般的なことはもし知らなければお伝えすることは出来ますが。

 

当事者に相談するってことは、ギャンブラーに相談してるってことですからね。

何年経っていようが、ギャンブル狂いの人間。いつスリップするか分からないギャンブラーに聞くなら、家族の立場の人に聞いた方がいいんじゃないかなあ。

 

そして、逆もまた然り、当事者の人がいくら家族に相談しても、その気持ちは理解できません。

 

やりたくないのにギャンブルに行く心境はギャンブラーにしか分からないし、回復の考え方も家族と当事者は決定的に違います。

 

表面上の話しはしていいし、参考にしていいと思いますが、深い話は避けた方がトラブルにもなりにくいと私は思います。

 

家族に深い相談された時は、私は間違いなく妻に振ります。

 

そして、妻もギャンブラーの話しは私に振ります。

 

それでいいと思ってます。

 

ただ本当に考えなきゃ行けないのは、

 

自分が変わりたいのか、変わりたくないのか。

 

人を変えるんじゃないですよ。自分です。

 

人の話しをする人には、結果的にアドバイスや話をしても耳に入りません。

 

家族によくありがちですが、当事者のことを心配しても無駄です。当事者は家族の思う通りには動きませんから。

 

ですから、相手の話ばかりする方には、自分が変わりたいと思うまでは放置するしかありません。

 

当事者も家族も、お互いの行動に一喜一憂するんじゃなくて、自分が変わりたい、変わるためにどうしようかな、という思考になっていきたいものです。

 

そうすれば、例えば当事者がギャンブルしてようが回復しようが、また家族がステップをしなかろうが、自助グループに通わなくても、その事に囚われることもありません。

 

家族の心境は分かりませんが、ギャンブラーはそう簡単には変わりませんから。

 

ちょっと調子が良くなったからと言って、即座に信用すれば、ひどい裏切りや問題行動が出てきます。浮き沈みはやめ始めのギャンブラーには特によくある事です。

 

そこから回復に向かうのか、また落ちていくのかは、仲間でさえも分かりませんから、家族が分かるはずはありません。

 

人のことより自分のこと。

 

お互いが回復していけば、それぞれの妥協点や解決策も沢山出てきます。

 

変わって欲しいと思うなら自分が変わること。もちろんそれさえも難しくて簡単ではないですが、少なくとも人を変えるよりは自分が変わっていくことの方がやりやすいです。

 

仲間と共に、自分が変わりましょう!

恥ずかしがらずに相談を!

経験者は必ず何かしらわかってくれて、寄り添ってくれますよ!

 

逆に経験者でない人の言葉に惑わされないように😱

ベロが偉そうに家族のことを話していたら、いつでも指摘してください。

私は当事者ですから(๑´ω`๑)/

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク