ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

仲間から学ぶ

 

今日はゆっくり書けますね。

やはり、仕事をしている日は、通勤に往復約2時間車で運転という状況のため、時間的に中々余裕もないのですが、朝7時より後に起きてもいいというのは楽なもんです🤗

 

こんにちは、ベロです。

 

今日の川柳はこちら

 

f:id:bero3:20191103082545j:image

 

そうなんですよね。たくさんの気づきを仲間から頂きました。

今もたくさん貰ってます。

 

それは、いいことだけではなく、いやぁ、俺ならこうしないな、とかいう反面教師的な面でもそうです。

 

まずは、いいにせよ悪いにせよ、仲間も元々狂ったただのギャンブラーです。

 

そもそもの前提を間違ってる方がものすごく多いような気がします🤣🤣

ある程度繋がってる先ゆく仲間は、聖人君子、ではなければならないような風潮がしますね。

 

私は個人的にですが、先ゆく仲間といってもギャンブラー。間違った考え方も沢山するし、元々自分勝手に長い時間を過ごしてきた人。

中々変わらない、傲慢で自己中な部分は無くならないと思うし、それは仕方の無いこと。

 

でもつい4年前くらいまでは、回復者はこうあるべき、みたいな私信がありました。

それご自分を苦しめたこともあります。

 

だけど、発言力や、行動力が大きいため、人にも影響力があるため、その人が発信したことがさも間違いないことのように感じることもありますが、そんなことはなくって、この人おかしなこと言ってるなあ、と思うこともしばしば。

 

 

私の発言やこのブログだって、ギャンブラーのひとつの意見であって、全てを代表した意見でもないし、そんなこと全く思っていません。

 

むしろ、この私の発信から、他の考え方や、意見を自分で持って貰えたら、と思います。

 

依存症ていうのは、本当に主治医は本人であり、その人が回復のスキルを上げて、実際の回復の経験を積み上げていくことでしか、ギャンブルをやめたり、生き方を変えたりはしていけないんではないかな。

 

勉強会になんぼ参加しようが、ミーティングに何回行こうが、病院に入院しようが、施設に入寮しようが、変わらない人は変わらない。

 

そこには

変わるための正直さ

 

変わるために人の意見を聞いたり受け入れたりする謙虚さ

 

人を傷つけてきたという意識から、思いやりを持とうとする心、人に対する思いやり

 

変わるための行動をする行動力

 

変わりたいと思う強いやる気

 

このようなものが沢山ないと、回復はなかなか難しいかもです。

時には息切れもするし、別にしてもいいと思います。

 

概ね回復する方向へ行ってれば。

 

回復する方向に行かないのは、やらないで批判だけする人、頭で考えてるだけの人、行動をしても人との比較、人との優劣ばかりつける人、この人達は回復には向いていかないでしょうね。

 

そんな人に限って、プログラムを使えてる、とか、ステップはもうきちんと手渡された、とか言ったりするんだけど、ちゃんと手渡されて、ステップを使い続ける人は、傲慢にはならないから、そんな発言はしないし、人の回復に目を向けるのではなく、あくまでも自分の過去との比較を出来てると思います。

 

仲間がどうだとか、彼の回復はどうだ、と言ってる時点でそもそもその人はどれくらい回復してるんだろう🤔

と疑ってしまいます。

 

私もその口。自分をきちんと見つめようと努力はしてますが、やはり人の回復に判定をしてしまいます。誰にでも言うわけじゃないけど、一部の人には愚痴のように言ってるかもしれませんね。

 

だからこそいつも人の回復より自分の回復、と言い続けてます。

これは人に対してではなく、私自身に言ってるんですね、多分。

 

どうしても私は特に人との優劣をつけたがります。

 

でも人と比較しても、誰かの批判をしても、自分の回復には何の役にも立たない、人の嫌な部分を見たら、そうはなりたくないという気持ちを持って、違う行動をして行ければと思います。

 

まだまだ回復には程遠いですわー。だけど本当に仲間は鏡、良いも悪いも沢山見せてくれます。自分が体験しなくてもある程度わかる所が勉強になります。

 

せっかくのたくさんの仲間の経験や力

役に立たせてもらいます!

 

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク