ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

健康的な対応

寒い寒いと言いながらもう11月も末ですね。

いよいよ師走、1年の最後になりますね。

今年は本当にいろんなことがありました。

 

おはようございます、ベロです。

 

f:id:bero3:20191130122302p:image

 

今日はコミュニケーションについてです。

 

コミユニケーションが苦手なお前が何を書くんや、と私自身も思いますが🤣

 

健康的な応対ってどんなんかな。

多分共依存を発揮しないやり方なんだろうな。

 

私も結構バリバリ共依存を、発揮する時があります。

 

1番は回復初めのギャンブラーに対して、家族に対してでしょうかね。

 

心配もかなりするんだけど、し過ぎて、出さなくてもいいところまで手を出したり、差し伸べたりしようとします。

 

人が負うべきというか自分で判断していかなきゃならない所を、先回りして教えたり、考えないでいいように 段取りしたり、という所でしょうね。

 

最近自分の行動も少しずつですが冷静に判断することができるので、余計な手出しはしないように、なるべく責任、というか判断は本人に返すようにはしています。

 

そして、提案のひとつですよ、という感じで自分の意見を言うようにはなってきてます。

 

ただまだまだ私は未熟なんで、反応する状況とか、言葉とかがあって、その場面に出くわすと、なかなか冷静に判断と言うより熱くなって、発言したり行動したりしちゃいます。

 

相手の状況を考えて話をするべきなのに、自分の考えをつい押し付けようとしたりします。

 

あと、自分がたくさんの失敗を経験してるため、結果がだいたい分かってるので、お節介をすることもあります。

 

自分もそうだし、たくさんの仲間を見てきたから、人や状況は違っても、この人今はヤバいなというのはもうそれなりに分かります。

 

なので、今例えば自助から離れたらいかん、とか、今仲間を頼る時だ、とかわかるので、相手を思って世話を焼こうとしてかえって傷つけちゃう、ということもあります。

 

なかなか難しいですよ、経験してることや、人を通して知ってることも約10年くらいこの業界に居ると、いいことも悪いことも分かってきます。

 

でもやっぱり自分で経験しましたが、成功も、失敗も経験しながら積み上げていかないと、回復へは向かっていかない、ということ。

 

その貴重な機会をできるだけ本人に返して、フォローだけはする、なかなか書くのは簡単だけど、出来ませんね。

しかも、フォローしようとする側の私は気性が荒いので、怒りが結構すぐ出てしまいます。

 

本人はのほほーんと落ち着いてるのに、私は怒ってるなんてことは結構あったりします。

 

やっぱり人と関わることを20年以上も避けて、ギャンブル三昧の生き方をしてきたので、なかなかそのバランスを取るのが難しいです。

 

そして、白黒思考でグレーをなかなか許さない性格なので、特に今は人に対する応対は、基本は言われるまではこちらからはアプローチしない、頼られてからにします。

 

今までもそれで結構失敗したし、私も傷つけられたこともあったので、学ばなきゃいけないのですが、つい最近も、はいる必要がない相手に突っ込んでしまって、相手を傷つけてしまったり。

 

相手と自分の距離感を詰めすぎないようにと思ってもお節介が始まってしまいます。

 

これも私自身が繰り返し積み重ねていきながら、少しずつ身に付けて、成長して行かねばならないのですね😁

 

だいたい私はストレートにブッコミすぎなので、もうちょっと考えてから行動しないと自分に帰ってくるぞーと思いました。

 

人と人って意外と簡単に関係は崩れちゃうから、もっともっと人付き合いの勉強はして行かなきゃです。

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク