ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

スリップの後

退院してきたその日に隣の県までわざわざ鰻を食べに行く、なんとも笑えるギャンブラーのベロです🤣

 

こんばんは😌

 

今日は、リアルでも、SNSでもちょっとスリップの話があったので、私自身のことを振り返ってみました。

 

f:id:bero3:20191226202538p:image

 

私は自助グループに通いだしてからも何度もスリップをしてしまいました。

 

大きなスリップ2つについてはなします。

 

まずは最初のスリップです。

私は病院に通いだして、認知行動療法を受けました。

そこで、考え方を少しずつ変えていく勉強をしました。

 

同時に自助グループにも通うようになりました。土曜日は、他の人が残業でも、必ず17時には仕事を終わらせてもらい、19時からの自助に間に合うようなタイムスケジュールを、仕事場の所長さんがありがたいことに組んでくれたので、無理なく行けました。

 

週に1回の自助と、2週間に1回の診察。

私はまずこれをベースにギャンブル依存症からの回復を目指しました。

 

いや、実は目指してませんでした。元家族が実家に帰ってしまったため、元家族とまた住みたいがために、実績作りをするために、行動していたのです。

実際やめるつもりはありませんでした。先ずは元家族がまた帰ってきたらギャンブルを始めよう、それまでに、上手くギャンブルがやれる方法を考えたり、教えてもらおう、と本気で思っていました。

 

そんな思いだったので、仲間にも心も開かず、不正直、自己中で謙虚さもなかったです。

 

よく半年ギャンブルしないで居られたとおもいますが、半年すぎに、タバコ代が欲しいという些細な理由から、簡単にスリップしました。

 

 

その時に、初めて仲間に正直な話を沢山したのと、借金の返済の仕方を相談したことから、少しずつ回復の方向へ、そして、人のためじゃなく、自分のためにやめていかなきゃいつまでも変わらんな、という思いになりました。

 

結果として、病院は月一に減りましたが、自助グループには週3から4回行くようになり、毎週のように、どこかで日曜日に記念ミーティングを行っていたので、月に1回またはふた月に1回位は記念ミーティングにも参加するようになりました。

 

そうしているうちに、仲間は増えて、やめていく期間も少しずつ増えて、転勤で住む場所が変わっても、仲間に見守ってもらいながら、新しいグループも立ち上げ、3年半はやめ続けることが出来ました。

 

それからずっと順調に行かばよかったのですが、その次の転勤でまた大きなスリップをしてしまいます。

 

次は会社でのストレスでした。元々すごく忙しい職場で、毎日4時間くらい残業は当たり前といった、ブラックもいい所の仕事場に転勤になりました。

 

職種もまったく変わりましたが、そこでなんと言っても人間関係に悩まされます。

私は元々人と話すのも上手ではなく、打ち解けられない性格なので、また新しい職種で、自分から教えてと言えるほど謙虚でもなかったので、最初の頃は本当に孤立します。

その上、ベテランさんから突き上げられ、まあいじめみたいなことも受けました。

 

残業が多いし、みんな忙しそうにしてるので、自助グループに行きたいとも言えず、だんだん自助グループが週に2回から、1回、そして月に2回、とどんどん減っていきました。

 

日曜出勤とかもあり、記念ミーティングにも参加しなくなり、仲間にもあまり連絡も取らなくなってきました。

 

やはり待ってますねー。自暴自棄と仕事の過酷さから逃げるようにスリップしてしまいました。

 

最初のうちは体調悪いと、月に1回から2回、後は週末にギャンブルしてましたが、どんどんエスカレート。

とうとう失踪して、1ヶ月半会社に出勤しませんでした。そこでたっぷり借金を作り、病院に入院になりました。

入院して、またたくさんミーティングにも出て、内観療法もやるものの、仕事に復帰して、また上手く行かず、スリップしました。

 

何回もスリップするので、本当に私は死んだ方がいいと、何回も思いました。

 

周りの人に心を助けてもらわなかったら死んでいたかもしれません。

 

そういった大きなスリップを何回も繰り返した中で学んだこと。

 

仲間から離れない

 

仲間や家族には悪いことほど正直に話す

 

人のためじゃなく自分のために止めなきゃ続かない

 

ギャンブルが大好きであること

を認める

 

この4つは本当に痛感しました。

疲れることや病むことはたくさんあり、その度に私のようにスリップしていては、いつまで経っても回復には向かいません。

 

仲間にだけは正直に、そして、頼ることが必要だと思います。ひとりぼっちでやめるのは辛いと思います。

 

そして、ストレスなど抱え込んでしまう前に、色んなことをできるだけ仲間に分かち合い、家族にも話してみる。伴侶や子供が真剣に悩んでいるなら、やはり親身になって聞いてくれると思います。

もちろんお金のこと以外ですけどね。

 

これは私だけかもしれませんが、家族や誰かのためにやめようと思っても長続きはしません。

自分で生き方を変えていかないと生きづらい、苦しい、と思えば、少しずつでも自分の今までのやり方を変えていこうとして行けると思います。

スリップしたなら、私は同じやめ方はもう通用しないと思ってます。やり方を少しずつでも変えていかないと。

 

私にとってはこれが1番でしたが、ギャンブルが私にはいつまで経ってもやはり1番好きな物、今でもやりたいもの、ということを心から認めること、だけど、自分は1度始めたらもう止められなくなるのでやめる、ということを認められてから、今4年は何とかやめ続けられています。

 

人によって様々かも知れませんが、孤独だけは避けた方がいいのかな、リアルで会えなくても、今は仲間と関わる方法はいくらでもありますから、活用しない手はないとおもっています。

 

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク