ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

新たな出会い

車で行きの道中も妻と話していましたが、まあ私達は感覚がズレてるなあって言うことです。

 

私の住んでる地域から大阪まで3時間くらい

 

東京まで同じくらい

 

名古屋まで1時間半

 

どれも遠くないね😁

 

と思ってる2人です🤣

 

前住んでた地域では、高速で2時間以上車の運転は、本当に年に何回かの大仕事、きついのなんの、という感じでしたが、今はもう何処に行くのも遠すぎて、車で4時間以内で行けるところはそんなに遠くない、という感覚になってしまってる今日この頃。

でも予算は結構かかるのでいつでも行ける訳では無いけれど、行こうと思えばなんとかなる、という感じになってしまってる我々が怖い😨

 

こんばんは、ベロです。

 

f:id:bero3:20191228164445j:image

前置き長くなりましたが、待ちに待った忘年会に参加するため、わざわざ大阪に遠征しました。

 

というのもやはり会いたいフォロワーさん達に会って、1年を締めくくろう、ということになっていたので、普通に行きましょ、という感じで来ました。

 

今年は今までと全く違う人付き合いが始まりました。

 

Twitterを始めた頃は、私ももちろんほとんどなんの反応もなく、何となくギャンブル依存症のことを呟いてる人をフォローして、時々フォローバックがくる、時々断酒の方や、メンタルの方をフォローして、フォローバックがくる、という感じでした。

 

私の呟きにもそれほど反応もなく、何が面白いんだろう、と思いながらTwitterをやってました。

 

それが1年を過ぎた今は、Twitterと共に生活があるくらい呟いています🤣

 

 

その中で、たくさんのかけがえのない仲間に巡り会いました。

 

挙げたい方は何人もいらっしゃいますが、やはり

 

Tomyさん

 

此方を置いて、ギャンブル依存症は語れないでしょう。

私よりずっと前からTwitterをされていて、昔も今もギャンブル依存症界の番人的な、いつも仲間にも言葉がけをされていて、見守る優しいお兄さん的な方です。

 

この方がいなければ、私はツイキャスミーティング断念してたかも知れませんね。

 

NICKさん

推しも押されぬYouTuber🤗

依存症のことを、本当に論文など読み解き、また取材をされて、たくさんの発信をしてくれています。

そのおかげで、依存症のことがまた更に広まってきていて、また来年は少しずつ違うことにも挑戦されるそうで、ますます期待ですね😁✨

 

他にも沢山語りたい仲間はいますが、色々しがらみとか何とか、この依存症業界も意外と色々あるので、個人名はおふたりだけで。

 

私は今年は本当に沢山の変化がありました。

よくスリップをしなかったな、と本当に思いますね。

 

その振り返りは明日明後日くらいになると思うのでここでは書きませんが、そんな中で1番支えてもらったのは紛れもなくTwitterの仲間たちです。

 

特に入院の最中、痛みや自分の起こした怪我などへの責任とか、外に出られないストレスなど、耐えきれない思いが結構ありました。

それをやはり1番近い妻にモラハラとして出してしまっていたのですが、Twitterの仲間達が居てくれて、支えてくれてなかったら、もしかしたらもう別居位はなってたかも知れません。

 

Twitterも一日中結構張り付いて、相手してくれる人を探していました。

そして、たくさんのやり取りをしてくれたことによって、正直時間を忘れて楽しむこともありました。

 

それに加えてツイキャスも自分だけでなく、たくさんの仲間が入院中開いてくれて、その仲間の声を聞いたり、時には話すことによって、ミーティングの代わりにはならないんだけど、仲間を傍に感じることは出来たので、病んでる中にも穏やかさもありました。

 

あの時期に、たくさんの仲間とかかわれた事が、今のスリップをしてない、穏やかな私を作ってくれています。

 

そしてまた、退院してからがまた沢山楽しいことがありました。

 

そのネットで繋がった仲間達と、本当に沢山会えました。

 

いつもお世話になっているイケメン鶏屋の大将を始め、自助グループに通ってる方も通ってない方も、そんなこと関係なく、Twitterからギャンブルをやめていこう、という大きなコミュニティの仲間と会うことが出来たのです。

 

関西でも沢山会えたし、九州でも、そして、今年は当事者の自助グループの全国大会も遠くない関東で開催されたので、そこにも参加出来て、スピーカーもさせてもらいました。

 

その全国の集いでも実に沢山のフォロワーさんと会うことが出来ました。

 

こんなことが実際あるなんてTwitter始めた頃は全く思わなくって、そして、失礼ながら、Twitterの仲間っていうのはリアルの仲間ほど感情移入することも無く、ただ過ぎ去っていく人も沢山いたので、こんなに大切な仲間たちになるとは正直思いませんでした。

 

でも気がついたら、忘年会をするまでの仲に🤣

今年は決めていたので、関西でやりましたが、来年は中部地区にして、募れば結構な数のギャンブラー、ギャン家族さんも集まってくれるのでは!

と勝手に妄想しております🤗

 

どちらにしても、新たな出会いと新たな関係性が少しずつ出来てきているのを目の当たりにして、やはり使えるものは使っていきたいと思いました。

 

私は未だに顔を合わせて、わざわざ足を運ぶ、リアルの自助会に勝るものはないと思っています。

 

だけど本当に色んな事情、環境、状況で、今のところはなかなか参加までは、という方も全国にはいます。

 

都会の仲間たちはもしかしたら、いつでもやってるような地域に引っ越したらいいやん、という方も居るかもです。それはごもっとも。だけど本当にたくさんの自助グループの仲間たちで、自助グループに通うために、大都会にわざわざ引っ越した仲間が果たしてどのくらいいるのか?

 

そんなことをできる幸せな人ほんのひと握り。

 

理想は理想でいいと思いますが、先ずは直ぐにやれることから。

 

Twitterで仲間を探すのは難しいですか

 

ツイキャスを誰かのを聞くのはそんなに難しいですか?

 

Skypeに参加したいことを仲間に伝えて、参加してみるのはそんなに難しいですか?

 

病院に通っている人の経験を聞くことは出来ませんか?

 

近くに自助グループがあることを教えてくれる人はいませんか?

 

 

実はネットの世界ってやれることばかりなのです。

 

やれないことを語ることはいくらでも出来ます。

もちろん単純な依存症だけではなく、精神疾患をお持ちの方は更にこんなんだろう。

だけどそれでも頑張ってやめようとしている仲間はたくさん知ってるし、誇りに思ってます!

 

今自分がやれることを本当にやってるんだろうか?

仕事や借金の返済ばかり考えて、ギャンブルをやめる、という大事なことを疎かにしてないか、結局またやってしまえば、その時に一生懸命頑張って残業したって、仕事を沢山詰め込んだって、また負けて借金が膨らめば、解決はどんどん遠くなります。

 

やらない生活を定着させるのが1番の借金返済への近道だと思うんですよね。

 

これは例え話ですけど、金銭面だけでなく、精神面でも生活面でも、やめること、以上に重要なことってありますかね?

 

ギャンブル依存症だとしたら、やめ続けること、先ずはこれを1番、そして、生き方、考え方も変えていくこと、段階があるのかなあ、なんて私は思います。

 

そして、やめ続けていくために大切なのは、1人にならないこと。

辛い、打ちたい、死にたい、たくさんの思いを誰かに聞いてもらう、寄り添ってもらいながら、立っていく方法を考えて模索していく。

 

そうやってやめていくと、1人で解決しようとするよりも、すごく楽だと思いますよ。

 

私は仲間の中で、仲間と共に回復の道を一生歩いていきたいです。

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク