ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

仲間を頼ろう

昨日はお騒がせしましたが、妻は風邪をひいてかなりだるかったようで、今日は何とか起きて、少しずつ正月の準備をしているところです。

 

こんにちは、ベロです🤗🤚

 

f:id:bero3:20191231122826p:image

今日はこの年末年始のことについてです。

 

私はギャンブルをやっていた頃は、本当に正月が楽しみでした。

 

お金が尽きない限りは、食って飲んで、朝からパチンコ、夜はまた飲み会、みたいな感じでずっと遊んで過ごすのが通常だったので、遊びまくっていました。

 

そして、三が日を過ぎるともうお金はなくて、会社や友達、親などからお金を借りて、給料日まで過ごす感じでした。

 

正月を跨いで、借金がバレて、家はお通夜みたいになる、ということは不思議とありませんでした。

 

ギャンブル依存症なので、正月に揉め事を起こし、ギャンブルに行けない状況にならないように準備していたんだと思います。

 

ギャンブルをやめて、自助グループに通いだしてからは、自分はありませんでしたが、冬のボーナスあと、とかクリスマス近辺、とか正月とか。

 

正に年を来せない状況のギャンブラーや家族を結構沢山見てきました。

 

依存症なので、もちろん始めたら誰でも止められない、私もそうですけど、ただ私は正月に時期が重ならなかっただけなんですよね。

 

でも最後のスリップは12月頭でしたけど。

 

とにかくこの時期も休まずギャンブラーは問題を起こします。

 

本人が休みの場合が多く、また、年末の公営ギャンブルの熱狂で、一気にお金を失う人が多いのかも知れませんね。

 

当事者は自分がしてきたことなので、発覚後に大人しくしなきゃ行けないのは自業自得ですが、家族の方ですよね😭

 

本当に年越せないぞお前!マジでいい加減にしろ、死ねよ!

 

位の思いはあると思います。

 

そして、そうなってしまったので、問題を何とか解決したり、話をしたかったりするのですが、ここで本来頼るべき公共の機関がお休みです。

 

そこは別に責めてるわけでもなんでもありません。

 

ただ残念ながらお休みです。

いのちの電話とかはやってるかもですが、あの方達は本当にボランティア。

 

年々人が増えてるとは言えない状況みたいです。

 

こういう時のために、本来なら、民間団体や、委託等、国や自治体からの援助などで、話を聞いてくれたり、アドバイスをしてくれる所がなきゃいけないのですが、ありません。

 

ギャンブル業界と仲のいい民間団体は当てになりませんからね。

なんでならないかと言うと、解決の方法や経験が、直接はないから。

切羽詰まった状況を打破できたり、はっきり言えるのは、やはり経験者、体験者、回復者。

 

教科書どおりのアドバイスはネットで調べたり、検索すれば今はだいたい分かります。

 

頼りの先生やSWの皆さんもやはりお休みです。

でも先生方も火事場のギャンブラーに直接介入された方はあまりいないでしょうね。

 

そんな中では唯一と言ってもいいでしょう。

 

やはり

 

田中紀子

 

さんとその田中さんが作られた団体

 

公益社団法人ギャンブル依存症を考える会

 

の方が話を聞いてくれるのではないでしょうか?

 

他にあるなら本当に教えて欲しいです。

オススメしますから。

 

でもそこ一点に集中しても、相手にできる人数も限られます。

 

そんな中では、私達ギャンブル依存症当事者、回復を目指してる人達。

家族の方、こちらももちろん回復を目指してる方々。

 

Twitterでもリアルでも沢山いらっしゃいますよね。

 

その方々は話を聞くだけで、やり取りをするだけで、手助けになると本当に思います。

 

話を聞いて、寄り添ってくれるだけで、どれだけ助けてもらえるか。

 

それを経験した仲間たちだから、寄り添って、話を聞いて、最低限のアドバイスはできると思います。

 

ただ気をつけなきゃいけないのは、それぞれということ。

 

当事者は当事者のことを。

 

家族は家族のことを。

 

そして、その想いは沢山伝えてもいいけど、決めるのはその方々。

 

アドバイスを聞かなかったからダメだ、とか、言うことを聞くように強要するというのは全くの筋違い。

 

私達は仲間から頂いたものを、ほんのちょっとおすそ分けするだけ。

 

後は仲間やミーティング、医療やお医者さん、公共機関などと連携しながらサポートできることはするだけ。

 

どれだけひどい状況でも、否認して、受け入れないのがギャンブラーであり、また家族でもあります。

 

意外とタチ悪いのが申し訳ないが家族です。

 

恥とか体裁とか、色んなものがあるため、やはりその事実を隠そうとしたりします。

そして、肩代わりもしようとします。

 

時にはお金が無いけどあげていいですか、とか

聞かれたりしますが、やめてあげてくださいね、またギャンブルの資金にしかならないので😭

 

現物支給をオススメです、本当はそれも止めなきゃですけどね。

状況によりけりですが、おにぎりを売る人は居ないと思うので🤣

 

まあ家族のことはさておき、回復を目指してる仲間も、仲間を頼りましょう。

 

色んな状況で一人ぼっちの人も沢山いると思うし、苦しい人もいると思います。

 

返事が来るかどうかはべつにして、仲間に話を聞いて欲しいと言ってみましょう。

 

金銭面や問題が解決するわけではありませんが、心の荷物は少し軽くなるはずです。

 

実際の行動は自分が決めなきゃですが、できるだけ沢山の方の話を聞くことはいい事だと思いますね。

 

お互いがお互いを思いやることで、相談や話を頂いた側も心がおだやかになったり、考えさせられたりするので、常識の範囲内でどんどんやっていいと思います。

 

そこには何がいいとか、何が悪いとかは抜きに、寄り添うという気持ちがあればいいだけです。

 

今年も沢山の仲間にお世話になりました🤗

来年もよろしくお願いします😁

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク