ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

家庭を不幸にしてきました

なかなか手強いですね😭

妻の胃腸風邪のことです。

年末から悪くなったりちょっと良くなったりですが、ここ2日はすごく調子悪いみたいで、今日はとうとう水分しか取れなくなりました。

 

休み明けもう一度病院に連れていかなきゃな。

会社にはインフルとか言っておいて、ちょっと休みもらおうかな。

 

ギャンブルのための嘘ばかり散々ついてきたから、家族のための嘘はいいよねー、正直に言えばいいか🤔

 

 

こんばんは、ベロです。

f:id:bero3:20200103173755j:image

今日はこれ

 

ギャンブルのために家庭が不幸になることがありましたか

 

私は自分のギャンブル依存症で、親や親戚にもかなり迷惑をかけました。

 

親や親戚は尻拭いも何度もし、親に取り敢えずお金を借りてからの返済も何回もしました。

 

金銭面で解決できるものは、今はそんなに大きなことではないとおもってます。

 

それよりも、やはり精神的に苦しめたり、傷つけたりしたことが、やはりこちらも大きな心に残る傷とはなっています。

 

でもそれは言わば自業自得です。

ですがやはり、子供や、元妻には本当に酷いことをしてきました。

 

やはりこの2つは本当に傷ついたろうな、ということを。

 

 

まず1つ目は、子供が生まれたばかりで、退院して初の元妻の家で子供に会うときの話。

 

私は出産直前で、私のことは構う暇もない事が分かっていたので、やりたい放題ギャンブルしていました。

 

そして、借金ももうかなりしていて、毎月の返済がかなり苦しくなっていました。200万くらいだったかなあ。

 

なので、狂った計画をしました。

この頃はたまたま仕事を休んでまでギャンブルをしようと思ってなかったので、連休の時に、競艇に行って、何とか勝って、借金をチャラにしてもうギャンブルをやめよう、ということを考えました。

 

まず負ける前提がなく、1日あれば200万勝てるという根拠の無い自信も狂ってますよね。

 

元妻にはまだ給料が振り込まれてないと嘘をつき、初めて子供を抱いて、和気あいあいの時に、急に仕事が入ったから帰る。

 

と言って、半ば強引に元妻の実家を出て、そのまま競艇場へ。

 

ひと月分の給料を握りしめていました。

 

3レース位から賭け出すのですが、いきなり3万負け、5万負け。

焦りますが、またそこは起死回生、次のレースで50万取り戻します。

 

そうやって、綱渡りの賭け方をしながら、最終レース前で10万負け。

 

最後のレースで200万にしないと帰れない。

そんな考えしかなく、当たれば全て200万超えるように振り分けて買いました。

 

1月分の給料は2万になってしまいました。

 

何とか寮に帰るものの、もう返済のリミットも元妻からの催促もあります。

 

メールと電話で真相を伝えました。

借金があること、嘘をついて競艇場に行ったこと。ひと月分の給料を全てギャンブルで失ったこと。

 

しばらく連絡はなかったのですが、メールがあり、直ぐに帰ってきてと。

 

明日仕事あるから仕事終わってから行くと入れましたが、とにかくまず来てくださいと。

 

仕方なく行きました。

生まれたばかりの息子を抱いていた元妻はずっと泣いていました。

 

そして殴られました。

そのあと仕事を2日ほど休み、元妻の親や、元妻とずっと話し合い、まあ一方的になじられ、怒られ、反省文をノート1冊分書きました。

 

うちの両親もお詫びに来ました。親父には怒鳴られ、殴られました。

 

そしてそれから時間をかけてですが、任意整理の準備を少しずつして行ったのです。

その時は、まだギャンブル依存症だと思っていなかったので、誓約書を書いたり、義理親に借金して、お金を少しずつ返済したりしました。

 

その時は、次に借金したら離婚します、ということを書いて、任意整理返済期間は途中まではがむしゃらに頑張っていたので、ギャンブルをすることはありませんでした。

 

だけど、その時の元妻のことを考えると、さすがに申し訳ないと今でも思います。

 

子供が生まれたばかり、希望と明るい未来があると思いきや、目の前に暗闇が迫っていた彼女の気持ちは、推し量ることは出来ません。

 

 

もうひとつはやはり離婚ですね。

子供は、今も多分普通にパパのことは好きでしょうが、小学校2年の時に離婚しました。

 

私の大きなスリップをきっかけに、入院することになったのですが、入院を機に私は離婚を切り出そうと思っていました。

迷惑をかけたくないというのはほんの少し。

やはり、元妻には本音を語ることは一生出来ないだろう、と私が気づいたからです。

 

これからも正直になれないだろう人と一緒に暮らすのはお互い無理です。

私から言い出したことに、酷くプライドは傷つけられたでしょうが、相手も、もう借金を返しながらの生活は嫌だ、ということで、離婚に関しては、あっさりとすることにはなりました。

 

公正証書や慰謝料、養育費払わなどのことでは結構揉めましたが、それも何とか最終的には合意しました。

 

ですが、やはりなんと言っても息子と、元妻の気持ちですよね。

私はがむしゃらに離婚に向けて話をしていました。

息子には、離婚してから半年くらいたって、やっと初めて会えたくらいに、なかなか会うことも出来ませんでした。

 

私のギャンブル依存症のせいで、息子には、これから先も不便をかけるとは思います。

 

できることはしてあげたいのですが、私にもできる限界もあるので、少しずつだけど、金銭面だけではなく、精神面、心のケアも息子には少しずつ長い時間をかけてして行かなきゃ行けないとおもってます。

 

元妻に関しては、埋め合わせも、婚姻中は何度かしましたが、離婚してからはしてません。私が彼女の人生にはできるだけ関わらない方がいいと思ったからです。

 

何回か手紙を送ったこともありますが、無反応なので、関わりを持つのはもう辞めることにしました。

相手を傷つけてまでこちらの荷物を下ろすのは行けないことだからです。

 

 

他にも沢山家庭を不幸にしてきたことはありますが、新年早々家族の方の具合を悪くしても行けないので、もうやめときます。

 

このように、私は数え切れないくらい家庭を不幸にしてきました。

 

その事は今も鮮明に覚えているので、やはり私は一生をかけて、回復していきながら、息子へは少なくとも埋め合わせもできる時に何度でもしなきゃ行けないですね。

 

明日は妻と付き合いだしてからの話です。

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク