ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

懲りずに繰り返しました

年末から妻が調子がわるく、どこにも出かけられなかったのですが、ある意味うちでのんびり過ぎるほどのんびり、看病はそれなりにしたものの、ゆったり出来たことは本当に良かったんだと思います。

 

あまりにも食っちゃ寝ばかりだったので、仕事に行くのが本当に怖いのですが、ひとつずつまた頑張っていかなきゃなあ。

そして、指の方も症状固定(治療終了)になるので、今動ける範囲が限界というのを受け入れていかなきゃなのです

 

こんばんは、ベロです。

 

f:id:bero3:20200104182349p:image

 

昨日は前の結婚の時の話でしたが、今日はここ何年かの出来事です。

 

ギャンブルが原因で家庭が不幸になることがありましたか?

 

離婚をした後、私は1人なので毎月高額な借金返済もぼちぼちやりながら借りては返し借りては返しの生活をしていました。

 

そんな中で、私も妻も離婚してからしばらく経って、同じグループの仲間でしたが、お互いの相談をしていくうちに惹かれて私が告白して付き合うようになりました。

 

お互い歳も歳だったので、いずれは結婚というのは普通に考えていたし、そのためにも借金は早く返していかないと、と意気込んで頑張っていました。

 

しかし、また病気は再発します。

 

職場のストレス、体の不調から、また仕事を逃げてしまい、行先はギャンブルへ。

 

一度借金を一気に返済しようとしていたので、かなり一気にお金を返したことがあったため、金融機関からの信用もさらについてしまい、借金できる枠が沢山あったので、本当に一気に転落しました。

 

毎日朝から晩までギャンブルをし、終わるとコンビニで沢山食べ物を買って、ネットカフェへ、パチンコに買った時はビジネスホテルへ。

 

負ける日がもちろん多いため、一気に借金は膨らんでいきます。

 

サイトで一緒にパチンコを打ってくれる、個人的な打ち子見たいのを雇った時もあったので、負ける時は日に15万以上とかざらでした。

 

もちろん無限に借りれる訳でもないので、割と直ぐに限界はきました。

 

妻が住んでいるアパートに行き、正座して、妻にこのことを伝えました。

 

妻は、私の話を聞いて、絶望してたと思います。やはりギャンブル依存症当事者と付き合うことの難しさを肌で感じて、ガッカリはしてたと思います。

 

しかし彼女はそこで私と別れるでもなく、債務整理を私がしたいということだったので、知り合いを紹介してくれて、準備で書類がとにかく沢山必要だったのですが、手伝ってくれました。私が仕事に行ってるため、書類集めが上手くいかないところをサポートしてくれました。

 

その甲斐もあって、何とか債務整理は上手く行きました。

 

2人で何とか頑張って、もちろん借金の返済も協力してもらいながら、コツコツやっていこう、となりまた1から頑張ろう、と思ってたのは嘘でもなんでもありません。

 

しかしながら、まだまだそこをついていないので、ストレスからまたやってしまうのです。

 

今度は自助グループ献金の話でした。前回のスリップの時に、全てお金を使い込んでいたので、預かっていた献金にまで手を出していました。それを追求された時、咄嗟にお金はあります。と言ってしまい、その額が大きなものではなかったため、その金額を何とかしようと、またギャンブルに手を出すのです。

 

最近もTwitterでも書きましたが、ほんとにあとちょっと足りない、とかは本当にギャンブラーにとって危ないです。過去に少ない逆転した思い出だけをギャンブラーは持ってるので、あと1万なら何とか勝てばいい、とかいう考え方に直ぐになってしまうのです。

 

正直さが必要というのはこの辺でもいるんですよね。

50円だろうが5千円だろうが足りないものは足りないし、どうにもならないので、正直に話す。待ってもらう、生活費からだす、色んな方法はあるけど、きちんと話す。

 

それだけをしないばかりにまたスリップしたのです。

 

夕方、薄暗くなってる中、私はまた妻のアパートに正座して座ってました。

 

シャワーから出てきた妻は

「どうしたと、又ね?」

さすがに呆れていました。

私が言い訳をしようとすると、

「私は分からないから、仲間に相談してみらんね」

 

と言われ、沢山の仲間に相談しました。

 

そして、後日、妻と話をしていた時に、

「本当はギャンブルが好きで、やりたいんじゃないの?」

 

と言われて、マジギレしたのですが、まさに

その通り。私は色んな理由を付けては、やはりギャンブルのある生活をずっとしたかったのです。

 

そんな自分をきちんと認めることが出来てから、ギャンブルがやっと止まりました。

 

今は何とか穏やかに暮らせているので、笑って話せますが、真っ最中の時の妻は本当に辛かっただろうと思います。

 

時間やお金をきちんと管理できる人は、趣味でギャンブルもできるし、どうぞやってください、限界を超えないよう祈るだけですが、

ギャンブル依存症当事者となってしまった方は、早くギャンブルから逃げることをオススメします。

 

ギャンブルをしながら好転することはまずありませんから。なぜならギャンブル依存症当事者は負けるまでギャンブルをするから、勝つことはないのです。途中で勝っても必ず負けて、何も無くなるまで止められないので、早くギャンブルから逃げてくださいね🤗

 

私は逃げられてよかった🤚

でもその1日の積み重ねをしてるだけなんですけどね。

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク