ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

出し渋る

やっぱり歳やなあ😭

次の日じゃなくてその次の日に疲れがやってきます😨

 

こんばんは、ベロです😌

 

やはり強行軍の疲れは体に間違いなくでてますが、心が穏やかなのでへこたれません🤗

 

 

f:id:bero3:20200121193051j:image

今日はこちら

 

正常な支払いのために「ギャンブルの元手」を使うのを渋ることがありましたか?

 

ありましたか、というかそればかり。

 

ギャンブルをする為の資金以上に大事なものなんてあるの?

くらいの勢いでした。

 

お金をギャンブルの元手、としか考えられない感覚がまさにくるってるのですが、そのとおりでしたね。

 

学生の頃から電気、ガス、水道、家賃、それらはギャンブルの次に払わなきゃ行けないもの。

 

それは、ギャンブルにハマりだしてから普通のようになってしまいました。

 

そして、滞納を何度も繰り返すうちに、これは何ヶ月ほ止められない、という知らなくていい知識を身につけていきました。

 

そして、ご飯も美味しいものは決して食べない、またレストランでアルバイトしてたので、食事は2食はそこで食べるので、食費はあまりかかりませんでした。

 

 

ギャンブルの資金が足りなければ、先ずはギャンブルをして、勝ってから支払いをしよう、そのために、まずは絶対勝たなければ、そして買ってからじゃないと家賃は払えないというような考えを普通にしていました。

 

おかしいですよね、でもごくごく普通にそういう考えになっていました。

 

 

ギャンブルをしている時は、やはりそういった考えになっていたのですが、私は他の面例えば心の面、また人に対する物またモラハラの面など変わっていないところもたくさんあります。

まだまだ未熟な所は沢山あります。

 

 

ですが、金銭面だけに関してはまぁまぁ鍛えられてきたかなぁと思います。

自信があるというわけではないんですが、やはり金銭面に関してはたくさん訓練というか、練習をしました。

 

それはどういうことかというと、前の結婚の時には私は自炊をしていました。

 

寮に住んで自炊をしていました。そして、1日、私は三食800円で生活をしていました。なので、私は24000円月に1回振り込んでもらい、そしてそれを生活費として生活をしていたのです1週間に1回6000円だけおろします、そしてそれを毎日週末に自助グループに行った帰りに1週間分の食材を買います。

 

そしてなんとか1週間をやりくりしていました。

そしてそのなんとかやりくりをした上で、あとは自助グループへの献金、燃料代も出してました。

 

周年記念とかに行くお金は別精算をしてました。

 

自宅への帰省のお金に関しては別にくれていたので帰省のお金はかかりませんでしたが、帰省した時に家族にお寿司をおごったりそういうお金もそんなかから捻出してなので、激安スーパーとかそういうところでしか食材も買えず、今考えると正直すごく怪しい食材とか本当に安いもの、あとは何10%割引というもの、そういうものしか買えなかったです。

 

あとは飲み物に関しても30円ぐらいのコーラとかそういうものをたくさん買ってそういうものでお腹を膨らませていたという時期もありました。

 

 

今の結婚になって、私は家計の割り振りを妻と一緒に考えることができるようになりました。

 

前の結婚の時は私には一切そういう権限はなく、ただ与えられた生活費だけを采配していました。

 

段階としてはそれはそれで良かったのかもしれません。

 

そうやって訓練をしてきた、のを基盤として、もともと狂っていた私の金銭感覚を少しずつ少しずつ元に戻す努力はしていました。

 

 

そして今の結婚生活です。

 

今の結婚生活では基本的には私がお金のやり取りをします。それは妻は凄く悩んだのではないでしょうか。だけど、私に任せてくれています。本当に心の広いというか、素晴らしい妻ですよね。

 

私達は月に1回、予算を立てます。その予算は2人で立てますですが、私が口を出す方が多く、妻はその計画に足りないものがあればアドバイスをしてくれるという感じです。

 

なので、今は私に関しては金銭感覚というのはすごく戻っているとは思います。

ただ、私も妻も例えば人に対する物とか食べ物とか、食事が好きなので、食事に関しては結構お金は2人とも出してしまいます。

 

今はそんな感じになっているので、過去のことを思うと本当に狂っていたなぁと思います。

 

当然ながらですが、今は家賃電気、水道ガス、そういうものは一番に支払わなきゃいけないものとして、きちんと予算を立てています。

 

そして当然ながら生活費、食費などきちんと振り分けをしています。

 

ギャンブルをしていた頃は全てがギャンブルのためのもので、その元手を使うことにすごく躊躇したり、嫌になったりしていました。

 

なので、やはりギャンブルというのは本当に怖いものだなあとつくづく思います。

 

ギャンブル依存症というのは本当に怖いものです。

全ての生活のもの、ことよりもギャンブルが一番になってしまうのですからね。

 

でも、また私がスリップしてギャンブルを始めてしまうと、元のようにいや、それ以上に悪くなると思います。

 

それは私が何度もスリップをしてきて経験しているので変な言い方ですが、自信はあります。

 

今は少しずつでもせっかく戻った金銭感覚を大事にしたいし、また妻との生活を大事にしたいです。

 

こんなに楽しい毎日が来るとは思いませんでした。

これからもコツコツ生きていきたいですね。

 

何よりもギャンブルのためにお金を優先するなんていう生活はもう二度と戻りたくないです。

 

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク