ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

先にしなきゃ行けないこと

こんなことあるもんですねぇ、だいたい帰り道はいつも工事中の場所があって、信号機が四つあるのですが、大体半分または全部ひっかかるんです。

今日はひとつも引っかからずスムーズでした😌

ここで何かいいことあるのかなと思うのがギャンブラー気質かもしれません😨

 

こんばんは、ベロです

f:id:bero3:20200124193003p:image

 

今日はスリップについて書きたいと思います。

 

 

ある意味何人かの仲間の為に書くことになるかもしれません。

 

私がスリップをした時はいつも決まって、タバコが絡んでいました。それと、タバコだけではなく、誰かに対する言い訳、何かに対する言い訳、借金を持っていることに対する焦り等でした。

 

焦っても仕方ないことはよく分かっているんです。

そして冷静な時はそんなことは考えもしないのです。

 

だけど、ふとした瞬間、それは調子が悪い時ばかりではなく、調子がいい時もそうです。

急に何か自分は全てのことができるんではないかとか逆にこのままじゃダメなんじゃないかとか、いわゆる万能感とかが急に出てきたり、急に早く返さなきゃ、現状を変えなきゃと思ってしまう時があるんです。

 

 

自助グループに通っていれば回復にはすごく時間がかかり、コツコツ1日1日を大事にしていくという事しか教えてもらえないし、結果的にはそれが一番近道なのだとわかります。

 

 

だけど、ふとした心の隙間に急に入ってくるものがあるんです。

これはなかなか説明がつきません。

 

 

ギャンブルをした理由を知ったところで、役に立つか立たないかは分かりません。

だけど意味があってギャンブルをするということはあまりありません。

 

 

だいたいギャンブラーなので、ギャンブルをして何とかしよう、ギャンブルをして現状を変えよう借金を早く返そう、借金さえ返してしまえば、あとはどうにかなると安易に考えがちです。

 

または借金のために待たせている人がいれば借金を返したら現状が変わる、未来が変わると思っているんです。

 

でも残念ながら借金を返しただけでは、現状は変わりません。

借金を返して物事が上手く運ぶ、自分が変わる、回復するのであれば、尻拭いをどんどんした方がいいでしょう。

 

でも、借金がなくなっただけでは自分の中身は何も変わりません。

 

自助グループに行きながらコツコツ借金を返済していくというようなことをすれば返済は意味のあるものに変わると思います。

 

だけど、例えばですが、尻拭いをしてもらったり、急に思っていなかったお金が手に入り、それで返済が繰り上がったとしても、それは回復が早まったとは言えません。

 

 

ただ、目の前にある借金だけが減り、その後のリスクは減っていないからです。

 

私もそうでした。他の仲間もそうですが、やはり借金の問題が大きいので何とか借金を返すということが最優先になりがちです。

 

 

でも、皆さんお分かりでしょうが、最優先になるのは二度とギャンブルをやらないための行動なんですよね。

 

いくら寝る間を惜しんで、ダブルワークトリプルワークをして、1日でも早く借金を返したとしても、ギャンブルをしないという習慣がきちんとついていなければギャンブルに対する無力が入っていなければまたギャンブルをしてしまう、それがギャンブル依存症だからです。

 

 

私だっていつ再発するなんていうのは分かりません。

明日再発するかもしれません。

だからこそ打たない1日、今日一日が大事になってくるのです。

予定は未定、計画なんていうのは、計画通りにいかないのがギャンブラーです。

 

なるべく予定が変わらないようにしていくためには一番大事なのはギャンブルをしないことなのです。

その癖を作ることなのです。

自助グループや病院などに出るために、その時間を割かれ、ギャンブルの借金の返済が早くはないかもしれません。

でも借金を返済することよりもギャンブルをしない生き方をすることの方が本当は近道なんです。

 

 

私もそれがわかるまでに長い長い年月がかかりました。

でも何度も失敗してるからこそ、今は自信持っています。

 

返すことではなく、やらないことが1番です。

 

最初のうちは我慢するしかないんです。

世の中には一発逆転、一攫千金をする人もいます、でも私達はそれではダメなのです。

 

もし一発逆転で借金を返済することができたとします。必ずその後やりますよ。そしてやめられない毎日、地獄の日々が続きますよ。

 

私は借金もたらふくしましたが、返済もたくさんしました。

 

返済は本当に辛いです。でも、コツコツやっていけば減るんです、増えなければ。

 

増えたら本当に途中の苦労が水の泡になります。使ってしまえば本当になくなってしまいます。

 

 

世の中では本当に一発逆転をしたみたいな人がいくらかいますが、私はその人達はその陰で人には言わない努力がたくさんたくさんあるんだと思います。

 

そして人生の大きな賭けをしたにせよ、それまでに至る準備や努力、それは散々してきているのです。

 

 

 

 

今のところやめ続ける努力を実践してきています。

私だけでなく、沢山の仲間がそうやって少しずつ変わってきているので、そこは間違いないと思います。

私はこれからもギャンブルはやらないように1日1日を大事にしていきます。

 

それが結果的には自分を大事にすることになるからです。

自分を大事に出来れば、周りの人も大事にすることもできます。

迷惑をかけて本当に申し訳ないと思うんであれば借金を返済することより自分が1ミリでもいいから変わっていくための努力をした方がいいと思います。

 

 

何度も言いますが、私は今のところかけないで生きているだけです。考え方が根本から全て変わったわけではありません。私はギャンブル依存症です。それは変わることはありません。

 

そして私がギャンブルをまた打つことができるようになるという日は二度と来ることはありません。

でもそれでいいんですスリップした時はやはり心も落ち込み、自己憐憫にもなり、本当に死にたくなったりします。

 

そして、現実から目を背け、逃げたくなります。

逃げてしまうのも一つの手かもしれません。

でも逃げても自分自身は変わりません。

作った借金や人間関係から逃げるだけです。

 

向き合わなければいずれ死にます。

それは間違いありません。

ギャンブル依存症はそんなに甘い病気ではありません。

 

ちょっとの間しなかったから、借金を返したから変わっていくものではありません。

 

ギャンブル依存症になってしまったとすれば、回復はありますが、完治することはありません。

 

ギャンブルに対する無力を認めることは難しいですが、これがないといつまでもやめることはできません。

 

無力だけは99%ではダメだとよく言われました。

そうだと思います。

無力だけは100%じゃなきゃダメなんです。

 

もしかしたらギャンブルができるようになるんじゃないかと思うことを手放せなければまたいつかやってしまいます。

 

これは全部私の経験なので、全ての人には当てはまるかどうかは分かりません。

 

だけどギャンブル依存症であれば多分そうなると思います。

 

いつまでたっても浮かばれる日が来ないなんていうことではありません。

 

ただギャンブルができないだけです。他のことはできます。

 

せっかくなので楽しみながら仲間と一緒に、やめていければいいなぁ、

 

これからも仲間と共に1日1日を大事に生きていこうと思います。

 

ブログ応援してください。

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク