ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

ギャンブルをするきっかけ

昨日も突然夫婦キャスやりましたが、沢山の方に来てもらい、そして、話してくださる方沢山いらっしゃり、いい話を沢山聞けて、本当に仲間の提案に感謝ですね😁

 

みんなで作り上げていくキャス😌

 

是非多くの依存症当事者や家族、支援者の方に聞いて貰いたいなあ😁

 

こんばんは、ベロです。

 

今日はこちら

f:id:bero3:20200131081152j:image

口論や失望や欲求不満のためにギャンブルをしたいという衝動にかられたことがありますか?

 

口論はやはりよくありましたね。

 

私は自分の意見を人に押し付ける方なので、特に気が強い相手または主張が多い相手とは揉めることが多かったです。

仕事場では、だいたい私の方が立場が上だったので、有無を言わさず、従わせる感じでした。

でも結構抵抗されたり、反論されたりして、怒りがおさまらなかったりして、そのままギャンブルをしに行くこともよくあったように思います。

 

私の元妻は気が強く、そしてなかなか言うことを受け入れてもらえなかったです。

それはギャンブル依存症だと私が診断される前からそうでした。

 

でもそれは私に原因はあるんです。

嘘や隠し事が一番嫌いと出会った頃から言われていたのに、何度も何度も裏切ってきたので、元々強い性格が、更に歪んだり、強くなったりしたんだと思います。

口論やあって嫌になって家を出て、ギャンブルをするということは、結構ありました。

 

特に所長をしていた時は、子供もまだすごく小さかったので、元妻も育児や生活の不安が大きかったのでしょうが、よく喧嘩をしていました。

 

そして喧嘩をするとすぐに私は外に出でき、長い時間帰ってこなかったということもあります。勿論ギャンブルをしていました。

 

口論をするのが嫌で仕事場に泊まったことも何度もありました。

 

失望ということでいうとギャンブルに対しての失望というのはありました。

私は結構データなどを見て研究をして勝てる台を模索していた方なんですが、ことごとくそれが当たらず、いつも負けていました。

 

なのでパチンコ自体に失望して負けに行くようなことを何度も繰り返したりもしていました。

 

勿論仕事に対しても、実はそれほど頑張ってもないのに、そして、みんな私がギャンブルに支配されているのを知っているからこそ、なかなか評価もされないのに、なんでもっと高い評価を貰えないんだ、とか、どうせ会社の人達なんか俺の実力はわかってないとか本気で思ってました。

 

なので、会社や仕事場の同僚に対する失望からも、ギャンブルに走ることはよくありました。

 

 

またあまりにも借金も多くあったので、人生自体、生きていくこと自体に失望して、もういいや、どうせこの先がないならギャンブルをしてしまえというような考えもありました。

 

任意整理をして借金まみれになっていたにも関わらず、ギャンブルぐらいしてもいいじゃないか、唯一の楽しみなのにといつも考えてました。

 

でも家計にも迷惑をかけているので口にすることはできません。

なので、いつも自分自身では不満を抱えていました。

ですが、やはり多分相手には伝わっていたと思います。

私の言葉の端々に怒りや恨みがあったんだと思います。

本当にあなたは自分勝手だね、と言われることが結構ありました。

 

でも、いろんな理由はあったにせよ、とにかくギャンブルをする時間とお金が欲しかったし、ほとんどそのことばかり考えていたのです。

 

 

仕事をしていても家庭にいてもいつも考えるのはギャンブルのこと。

 

ギャンブルさえできれば、他のことはどうでもよかったのです。

 

本当に当時は狂っていましたね。

 

 

自助グループに通いだしてからもやはり不満はたくさんありました。

自分がギャンブル依存症だとわかっても本当はギャンブルをやめたくなかったので、下を向きながらもいつも何とかしてギャンブルをしたいと最初の頃はずっと思っていました。

 

 

欲求不満という点では、単純に私はギャンブルいつも、仕事をしないでギャンブルをしたかったです。

当然ながらそれはできないんですが、私は毎日ずっとパチンコが打ちたかったのに、あまり打てないので、欲求不満はどんどんたまっていました。

 

行ける機会があれば本当にいつでも打ちに行ってました。

そこまでしてギャンブルしなくても、と、よく人に言われました。

 

そして、私はいつもいつも借金があり、自分が自由になるお金はそれほどありませんでした。

 

結婚すると更に自分のお金はなくなります。

なので、ギャンブルがしたくても時間もお金も自由がききません。

それは普通受け入れて当たり前にギャンブルをしなくなったりするんですが、そこは私が本当にギャンブル依存症なのでギャンブルができないこと自体にすごく欲求不満を持っていました。

 

自分のお金なのになんで自分が使っちゃいけないんだという理不尽なことを私はよく言っていたように思います。

 

いずれにせよ、どんな考えを持っていても、とにかく何とかしてギャンブルをしたい、する為にはどうすればいいのかということご頭の中の1番大事な事だったので、他のことは物凄く疎かになっていました。

 

今のところですが、抜け出すことが出来ているので、この時間を少しでも長く続くよう、大切に生きていきたいですね。

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク