ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

言い訳よりも

本当まじでやばいです🥶この寒さに慣れろと言われてもなかなか難しいです。痛いんです。

ですがなんとか1日を過ごせました。

 

高いカッパを買って大事に使いながら寒さをしのいで、なんとかコツコツ頑張っていこうと思います。

 

こんばんは、ベロです。

 

f:id:bero3:20200206190056j:image

 

私はギャンブルをしていた時、とにかく言い訳が多かったです。

しかも自分を守るための嘘や言い訳です。

 

今となってはほんの少しですが、素直になり悪いことは悪いと認め、すぐ謝ることもできることが多くはなりました。

 

しかし、ギャンブルをしていた当時は自分を正当化するための言い訳ばっかりして何かにつけ人のせい自分の罪から逃げていたように思います。

 

今思うと言い訳しても一緒なんですよね。

その事実だけ見ると明らかに私が悪い、しかもかなり悪質、それは自分自身で本当にわかっているのにそのことを認めようとしなかっただけです。

 

ギャンブル依存症当事者の特徴は嘘と借金とよく言います。

 

そして今私がよく思うのは、ギャンブルをしていた時はとにかくどんなことをしてもお金も時間も都合をつけていたのに、いざ回復の行動となるともちろん私も含めなんですが、言い訳ばかりしていましたし、今も時々そうかもしれません。

 

会場に行けない言い訳、時間が作れない言い訳。

 

事の重大さからすれば、ミーティングや回復への活動をたくさんするということは必要な事ではあっても、どっちでもいいことではありません。

 

むしろギャンブルをすることは本当にどっちでもいいし、いや逆に借金を背負っているならしてはいけないものなのに、それはどうしても必要なものでした。

 

そして回復への活動は逆にやれるならやってみたい、行けるなら行ってみたい、変われるなら変わってみたい。

 

最初のうちはその程度のものです。

そして、自分ができない、行けない言い訳をたくさんしているうちは、やはりなかなか変わることはできないと思います。

私はそうでしたねー。

 

今はもちろんリアルで会場に行くことが一番なんですが、それ以外でもツイキャスSkypeその他掲示板やカウンセリング、施設、病院、本当に色んなものがあります。

 

それがどれが有効かなんて言うエビデンスももちろん出ていませんし、全てが全てダメでもないし、全てが全て素晴らしいものでもないというのは実感されている方が分かると思います。

 

だけど、回復に向かう活動、行動というのはどこにいてもどんな形でもできるというのは私はこの1年ちょっとの間で実際に実践してきたし、皆さんもご存知だと思います。

 

なので、できないということはあり得ないです。

何かしらのできることを探すか探さないか、

突き詰めれば本当に心からギャンブルをやめたいか、やめたくないか、そこだけなんだと思います。

 

 

もちろん私のように横綱級の本当に最低のギャンブラーはギャンブルを絶対に止めなきゃダメだと思います。

だけど、そこまで行かない重症ではない、ギャンブル依存症1歩手前くらいの人もまあまあいると思います。

 

その人は本当にやめれるか上手くやれるか自分で試してみたらいいと思います。

 

だけど、自分はギャンブル依存症だと思った、感じたら、診断されたらもう諦めましょう。

 

 

止めるという以外の選択肢は私はないと思っています。

 

そして、ギャンブル依存症になってしまったら、元依存症とか昔は依存症だったということにはなりません。

 

もしそれを言える人がいるとすれば、その人は多分ギャンブル依存症ではないんでしょう。

 

 

とにかくその辺のことはさて置いて、言い訳をするよりも、行動が一番です。その行動というのは自助グループに行くことだけではありません。自助グループが四六時中やっている訳ではありません。

 

やっていない時間も自分たちは生きていかなきゃいけないんです。

 

根詰めて一日中依存症のことを考えている必要はないと思いますが、少なくとも自分は依存症であるということを自覚し、できるだけ賭けない1日を過ごしていくために、どうやって行けばいいか、そこを考えるのはできることだと思います。

 

 

その後が行動に移せるかどうかというのはもちろん、体調の問題、精神面の問題、誰でも同じようにできるとは思っていません。

 

 

だけど大筋の方向は回復したいという方向ではないと先には進まないと思います。

 

どれだけどん底に落ちたって諦める必要なんてないと思います。だけど、そこに落ちる前に、本当は代われるものなら代わってほしい。

 

私は本当にどん底を経験していっているので、そこは仲間達には本当に伝えたいところです。

 

できることならどん底に落ちる前に変わるための行動をしてほしいなぁ。

 

 

誰でも失敗しながら、少しずつ成長していくので、途中経過は色んなことがあって、全然大丈夫だと思います。

 

仲間はいつでもそばにいます。

 

言い訳をするくらいなら仲間にたくさん相談しましょう。

 

そして出来るだけ自分に正直でいましょう。

 

一番大事なのは人に出来るだけ正直になりましょう。

 

 

そうすれば、本当に少しずつでも変わっていくことはできるんじゃないかなあ🤔

 

少なくとも私は嘘をつかず出来るだけ正直に生きていくことで過去の自分からは考えられないくらい変わりました。

 

そして今もほんのちょっとずつですが、成長は実感できてます。

 

誰にでも正直になることなんてできないでしょう。

でも少なくとも同じ経験をした同じような経験をしている仲間たちは受け入れてくれます。

 

少なくとも私は受け入れますよ。

どんな話でも聞きますよ。

 

私にできることはほとんどありませんけどね。聞くことで寄り添うことはできるのでいくらでもしたいですね。

 

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク