ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

変えられるもの

今日も1日寒かったですねー🥶

ってうちの地域だけかもしれないけど、雪もちらほら、毎日寒いですが、なんとか頑張っていまーす😁

 

こんばんは、ベロです。

 

今日は一昨日のテーマの反対ですね。

f:id:bero3:20200210193013j:image

変えられるもの

 

です。

 

 

自助グループに行かれてるみなさんや、12ステッププログラム等に取り組まれているみなさんは、この平安の祈りの一部がお分かりでしょう。

 

そうですよね、変えられるものっていうのは自分自分の考え方生き方、行動そして、未来ですよね。

 

過去に起きた出来事は変えられないものです。

 

現在をしっかり地に足をつけて生きていくことで過去の事実は消えないけど現在の自分、そして周りの人、そして未来の出来事も自分の周りもガラッと変わってきます。

 

 

もちろん変われない、変わりたくないっていう人も中にはいるかもしれません。

 

でも、もし依存症であるならばできれば変わった方が楽になると私は思います。

 

私はギャンブルをしていた頃は、ほとんどの時期に借金があったし、借金がなくてもギャンブルのこと、お金のこと、時間のことばかり考えていたので心が休まる日々がほとんどありませんでした。

 

そうしてでもギャンブルをしたかったし、ギャンブルをしていたので、もちろん自業自得なんですけどね。

 

 

やらない日々を、最初は続けるのは本当に難しかったし、自助グループに繋がるまでは一番長く止めても3ヶ月から半年ぐらいでした。

 

しかもそれは借金を肩代わりしてもらった手前とか周りに気を使ってギャンブルをしていないふりをするという程度のことでした。

 

なので、自助グループに通うまではやめていたというより、ちょっと中断していたという感じでしょうか。

 

 

 

ギャンブル依存症だとはっきりわかり、病院や自助グループに行き始めましたが、やはりギャンブルがしたくてたまらない時期が何回もありました。

 

 

そしてスリップも何回もしました。

 

だけど、自助グループに通ってやらない時間が1日1日と増えていくうちに、生き方考え方がほんの少しずつですが、変わっていきます。

 

私を大きく変えたのは、やはり自助グループの存在です。

もちろん12ステッププログラムも私の生き方考え方を変えていくのに、今もかなり大きな影響は与えていますです。

 

私は本当にプログラムについてはまだまだ未熟者だし、人に何か語れるようなものを持っているわけでもありません。

 

なのでミーティングと仲間、それが私を大きく変えてきたんだと思います。

 

もちろん私は自助グループに通い始めて、今年の夏でもう10年目になるので、それだけの長い年月をかけてもまだこの辺にしかいません。

 

相変わらず利己的だし、身勝手だし配慮もなく、という場面がたくさんあります。

 

 

そして人を傷つけることも相変わらずたくさんあると思います。

 

 

でも10年前の自分からすれば、私は多分別人のようだと思います。

 

ただ、ギャンブルをやめているというだけではなく、考え方を少しずつでも変えていかないと大きくは変わっていかないと私は思っています。

 

少しの間やめることは多分誰でもできます、だけど長い年月5年10年も15年もやめていくためには、考え方生き方を変えていかないと継続は難しいと思います。

 

 

他の人も10年15年やめている方もいらっしゃるので、色んな考え方があると思います。

それは私は色んな考えを少しずつだけど、受け入れることは出来るようになってきました。

 

今、私は楽に止められています。

ギャンブル依存症に関しては考え方はまだまだ悩むところも多いし、変わってないところもたくさんあると思います。

 

私は散々自分勝手に生きてきたので、そんなに簡単に性格も生き方も考え方も変わっていくとは思いません。

 

 

だけどことある事に自分自身を振り返り、変わっていく努力をしていかないと私の場合はすぐに元の自分、過去の自分勝手で身勝手な自分に戻ってしまいます。

 

 

なので少しずつでも変わり続ける努力をずっとずっとしていかなければなりません。

 

でもそれが今は苦痛ではありません。

 

怒りや恨みで冷静でない時もたくさんありますが、冷静な時はやはり自分の欠点に気付き、それを少しずつでも変えていかなきゃという風には思えています。

 

周りの人は変えられないことは皆さんよくよくお分かりでしょう。

変えていけるのは本当に自分だけなので、自分自身が楽な生き方をしたいと思えば、嗜癖を使わない生き方を選んだ方が私は絶対楽だと思います。

 

もし嗜癖を使い続けても生きていくことができる人がいるなら、それはその方がもしかしたら楽しいのかもしれません。

 

だけど、私のように横綱級のギャンブラーになってしまうと中途半端に使うということはもうできないので、やらない生き方しか選択肢はありません。

 

今はギャンブルをやらない方が楽しくもあるし、生きてて楽なのでもう昔のギャンブルをしていた頃には戻りたいと思いません。

 

大きな自分の心のダメージが、今からもあるかもしれませんが、そんな時でも嗜癖に逃げないで済むような生き方考え方になっていくよう少しずつでも成長していけたらなぁって思っています。

 

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク