ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

今日だからこそ

今日の日が何の日か皆さんお分かりですよね、そうです東日本大震災から9年が経ちました。

 

時が経つのは早いものです。わたしご自助グループに通いだしてから、7月で丸々9年、10年目に突入します。

 

こんばんは、ベロです。

f:id:bero3:20200311192708j:image

今日は特に感じたので、このことを書こうと思います。

 

私はギャンブル依存症と診断されて、その次の年にすぐにこの東日本大震災がありました。

 

私は建設業に従事しているので、震災のあとすぐに、もしかすると現地に行かなければいけないということも話の中ではありました。

 

いわゆる復興と言うよりは先ずは瓦礫の撤去とかそういう作業ですね。

結果、私は行くことはなかったのですが、私の会社の方は何人も現地へ行きました。

 

私は逆に誰かの為に役に立ちたい、なんとか手助けをしたいという思いはありました。

 

借金ばかりしている中でも、その時ばかりは私はタバコ代を惜しんで献金していました。義援金を送ったりしました。

 

 

コロナウイルスで全てのことが大変なことになってますね。

 

日本はまだマシな方なのかもしれませんが、世界的には本当に大変なことになっている場所もあります。

 

もちろん日本の中でも大変なところ沢山ありますね。

 

今日の夕方ツイートもしたのですが、やはり今この状況で毎日働くことができること、これは本当に当たり前ではないなぁと思うんです。

 

 

 

それは私の住んでいる地域にたまたまコロナウイルスの感染者が少ないこと、そして私の職場にそのウイルスが来ていないこと。

 

運がいいとか悪いとか言いますが、私の場所には本当にたまたまその影響が少なかっただけです。

私の職業がもしそういったウイルスの影響を直接受けるような仕事だったら、私の心境も大丈夫だったかどうか分かりません。

 

この時期人がおかしくなってしまうのは、ある意味パニックになっている所もあると思うので仕方ないとは思います。

 

だからといってギャンブルに行くという選択肢は私は取らなくて済んでるので有難いですね。

 

今日は一日中、回復を目指し始めた頃の自分を思い出していました。

 

この

大震災の時ばかりは、本当に心を入れ替えて、人のために少しでもなるような人間になろう、もうギャンブルは一生辞めようと固い決意をしていましたが、それは長くは続きませんでした。

 

自分の中で風化もしてしまうのでしょうね。

実際あの時現地に派遣されていたらどうなったでしょうね。

 

アルコール依存やギャンブル依存もかなりあったと聞きます。

 

その時の状況とはまた全く違いますが、このウイルスの影響は莫大ですね。世界的に恐慌、不景気となってきています。そして、高校野球も、若しかするとオリンピックも危ういかもしれません。

 

沢山の従事している方々、本当に不安を抱えていることかと思います。

 

そんな中で、今手は多少不自由ではあっても、毎日出勤することができる、そして一日があっという間に過ぎていくほど忙しい一日を過ごしていく事が出来ることに本当に感謝です。

 

もちろん支えてくれている妻にも感謝です。

 

本当に全てのことは当たり前ではなくて、ちゃんと色んな力が、出来事が沢山沢山重なって、その結果としての今があるのです。

 

今毎日を穏やかに暮らせている人がどれだけいるでしょうか?

 

先のことは多少不安はありますが、基本的には私には大きな不安とか、心配事はありません。

 

自分の体をきちんと治療して、長生きして、しっかり仕事をしていくことを考えるくらいです。

 

これからも仲間の中でコツコツ回復への道も、仲間と離れることなく、できるだけ正直に、謙虚にやれて行けたらいいな😌

 

ありがとう、感謝です🙇‍♂️

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク