ギャンブル依存症 ベムの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

それぞれの色

ナンバーワンにならなくてもいい

 

元々特別なオンリーワン

 

世界に一つだけの花

 

こんばんは、ベロです。

f:id:bero3:20200312192441p:image

私はTwitterとかブログとか、SNSの世界に入るまでは、本当に凝り固まった考え方をしていました。

 

私は病院に通い、自助グループに通い続け、ステップを踏み、仲間の中に居るのが、回復への道と思い、それ以外には道はない、と思っていました。

 

それは結構な長い間。

 

そして、自分がスリップすると、もう自助グループには戻れないからもうダメだ、とか、回復への道をいってても、スリップしちゃうんだから、何をやっても一緒だよ、もう何をやっても無駄、という考え方にもなっていました。

 

そして、自分がある程度長くやめていられた時は、スリップはしちゃいけない、とかスリップする人を、真剣味がない、とか思ったり、時には人に言ったりもしていました。

 

本当に世界が狭かったんですね。

しかも人を裁いてばっかり😨

 

自分が通ってきた道以外は全て邪道、回復にはこうするしかない、という自分なりのルールがあったように思います。

 

でも今となっては、こんなにユルユルに🤗

 

自分のルールはありますよ、自助グループ、プログラム、仲間、それに尽きる、そして、最後の最後まで諦めず、施設には行かない。

 

私はそう思っています。

 

だけど、人がどうやってやめていこうと、それはその人が考えること。

 

嫌いな人はもちろん避けますが、それ以外の人は、私が一人一人に向き合い方を変えていくだけ。

 

自助グループに行かない選択をする人が、それで全くダメかと言えば、別にそうとは思わないし、自分にきちんと向き合って、何とか変わろうとしている人は沢山見ました。

 

そして、逆に自助グループに通っていても、ただやめている、または、結局止められない、自分には向き合わず、周りの人に囚われてばかりでは、それはガッカリ。

 

だけどそれもまたその人の選択肢ですもんね。

 

昔は、自助グループを卒業、と言っている人に、あなたは頭大丈夫?そんなことありえないでしょ!

 

と思っていましたが、そういう考えの人もいるんだね、そのままやめ続けることができるといいね、とは思います。けど、そういう方とわざわざ付き合いを持つ必要も無いので、さようなら🙇‍♂️

 

自分の問題が解決したかどうかなんて、人が決めるんじゃなくて、自分が決めること。

 

ストイックに向き合って、一生自助グループに通わないと、と言ってる人が素晴らしいか?

といえばそうでも無いような。

 

私は少なくとも、楽しく仲間と共に自助グループに通いながらやめ続けることが出来ているし、それをやめたいとも、もういいとも思いません。

 

私には仲間と共に回復を目指す、というのが合っているし、自分が楽だから、それをまた他の人にも勧めるだけ。

 

そうじゃなきゃ、とか、何じゃなきゃ回復しない、というのはもうやめにしました。

なんでかと言うと、そのやり方以外をしてないのに、なんで分かるのかなぁ

 

と最近おもっているからです。

人のやり方を批評、批判するほど私は回復してないし、人の回復をとやかく言う前に、自分がこれから更に回復していくために、どうして行けばいいかを考えることに集中した方が健康的です。

 

もちろん私にも気に入らない人も居ます。

だけど、その人は多分私に必要な人で、その人を反面教師として、自分はそうならないように、と教えてくれる人なんだ、と落ち着いてる時は思いながら🤣怒りが出た時は、心の中でボロカス言いながら、落ち着いてくるのを待つ時もありますよ。

 

回復には、実は本当に沢山の道があっていいと思います。

 

ただ、人を下げて自分は上がる、とか人の振り見て我がフリではなく、諭したり、コントロールしようとしないようにしなきゃなと最近はつくづく思います。

 

変わりたければ、変わろうとする人は、こちらが言わなくても、変わるための行動、そして、人を上手く頼っているんじゃないかな。

 

回復の道はひとつだけじゃないですね。

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク