ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

一日なんです

今日も朝はかなり冷えました。そして昼はすごくポカポカで今はこの温度差が結構辛いです。

 

こんばんは、ベロです。

 

f:id:bero3:20200317191926j:image

 

今日はここ半年の私の色んな危なかったことについてます。

 

今日も一つ危なかったことがありました。

 

 

まずは1つ目。

 

クレジットカードを妻に黙って作ろうとしたことや作ってしまったことです。

 

自分自身の社会的信用、家を買えるようになりたい、そういった信用を回復したくて、そして自分がクレジットカードを作ることができるのかどうかということを試した部分もあると思います。

本来なら妻に相談し、元々妻のカードで事足りていたこの生活を変える必要はなかったんだと思います。そして、多分カードを作ることは反対されたかも知れません。なので、勝手に作った、ということもあります。

 

今はノーマルのカードからゴールドカードに移しました。限度額は少ないですけど。

 

やはり私は社会的信用もそれなりに回復したいと考えています。

なので、その点に関しては色んな批判もあるかもしれませんが、私は進めていこうと思っています。

 

この時何が悪かったかというと、妻に先に相談をしなかったこと。

 

そして到着する直前までカードを作ったことを言わなかったこと。

 

不正直ですね

 

 

2つ目はつい最近の健康診断の結果を言わなかったことです。

 

これについては、妻がいつも私の食事をよく考えてくれて、夜は炭水化物を出来るだけ取らないように、またなるべく太らないようにといった食生活をずっと心掛けてくれてたんです。

 

結果、数値的な期待に応えられなかったどころか数値がすごく悪くなっていたので、とてもじゃないが言えないと、隠してしまったのです。

 

でも考えてみれば夕食についてはきちんとカロリーや食材などたくさん考えてくれていましたがその後にほぼ毎晩のように私達はデザートを食べていました。

そして私の方が量が倍ぐらいデザートを食べていました。

 

そりゃ悪くもなってきますよね。

 

しかも、私は怪我の入院中、好き放題なんでも食べていたので、病院にいながら、体重は増えていきました。

 

いまそのツケが私の体に反映されてしまっているのでしょうね。

 

結果的に薬を飲むようになったのできちんと治療をする方向には向かっています。

 

しかしその健康診断の結果をもっと早くきちんと正直に知らせていれば治療はもっと早くからできたというのは間違いありません。

 

嘘と不正直ですよね

 

3つ目

 

今日のこと。

 

今日は妻に直接関係があるわけではありません。

 

そして完全に悪気がなかったのも事実です。

 

今日は何が起きたかというと、昨日私は休みでした。

私は離婚したのですが、子供が1人います。

その子供が今年、小学校を卒業します。

そして来年度からは中学生になります。

なので、卒業のお祝い、入学のお祝いをあげたいということは前から相談していました。

 

そしてこれは調べてないので、なんとも言えませんが、小学校の卒業式は私は勝手に3月18日だと思い込んでいたので、それに間に合うようにお祝いを送ってあげたいと思っていました。

 

そして実際に昨日私は手紙も書いて送ったつもりでいました。

 

今朝出勤しようとして自分のカバンの中を見てみると、あら1万円札が。

 

 

まさか入れ忘れたのか😰

 

でも一枚だけなら相手には分からない、妻にもわからないよねという考えがほんの一瞬だけ出ました

 

 

その考えはすぐに妻や仲間の事、子供の顔が頭に浮かんで、バカバカ何を考えているんやとすぐ打ち消すことはできました。

 

まさか一万円だけだよね、また送らなきゃと思ってよく見てみると用意したお金が全てカバンの中に入っていました😭

 

 

そうなんです私は現金書留の中に手紙だけを入れて昨日送ってしまったのです。

 

ただただ参ったなぁ、また送らなきゃいけないという思いで、午前中は仕事をしながらもそのことがかなり気になっていました。

 

今思えば、そのお金を持って少しギャンブルをして増やそうとか思ってもおかしくなかったのかもしれません。

 

今日に関してはたまたまそういった考えは全く起きませんでした。

 

それよりも、18日にもう間に合わなくなってしまう、早く送らなければ、そればかり考えていました。

 

なんとか昼休みの時に郵便局に行き、今度はきちんと現金書留に自分で入れたのも確認して送りました。

 

 

その後、急にすごく罪悪感が出てきてしまったのです。

 

そんなことを一瞬でも思ってしまった自分自身にも、子供にも、もちろん妻や仲間にも、なんだかすごく恥ずかしい気持ちになりました。

 

油断や傲慢さかな

 

 

私は最近はよくいろんな人にいろんなことを聞かれることが多くなっています。経験や体験談など。

 

そして私の経験は話せるので、その事はお伝えはしています。

 

話をしているとギャンブル依存症だったとは思えないということも結構言われることがあります。

 

そんなことは全くありません

 

私は本当に一日一日を積み重ねているだけです。

 

そしてこの三つの例のように全然回復してない部分もたくさんあります。

今日のように一歩間違えれば地獄に落ちていたということもまだまだ普通にありますよ。

 

10年前の私と比べれば間違いなく変わっているし、回復してきているとは思います。

 

 

しかしながらまだまだ回復者と言えるほど回復などを進んでおりません。

 

自分の欠点がたくさんあって、それが時々嫌になるぐらいです。

 

特別なんかじゃないですよ、何年経っていてもギャンブル依存症の当事者は当事者のままで変わることはありません。

 

ただ、止め続けていくための考え方や行動は少しずつ身に付いてくると思います。

 

でも、危険性は一生他の当事者の皆さんと一緒ですからね。

 

1度やってしまえばまた昔の最低な最悪な自分に戻っていってしまう。

 

 

それは間違いのない事実です。

 

回復していくためにやらなければならないことはたくさんあるし、それを私は社会の中でちょっとしたミスはたくさん犯しながらも、少しずつ少しずつ回復に向かってこれからも歩んでいきたいと思っているんです。

 

「明日に繋がる今日一日」

 

これを繰り返すしかないのです。

 

皆さんも一日を大事に、一緒に回復への道へ😁

 

 

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク