ギャンブル依存症 ベムの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

慣れてません

今日はまた寒暖差が激しかったです😨

 

体調を整えるのが大変な季節ですね、崩さないよう気をつけていかなきゃなりませんね😁

 

こんばんは、ベロです。

 

f:id:bero3:20200319191832j:image

 

依存症の当事者って、回復に向かおうときめて、歩き始める前は、ろくなことをしてこなかったので、人から批判や否定、蔑まれることはあっても、褒められることなんか滅多にありません。

 

ギャンブルを始める前や、おかしくなってしまう前はまだ人としても沢山の魅力もあり、沢山褒めてもらったこともあるこもですが、ギャンブルに関わって、ギャンブル依存症になってしまい、人との関係を尽くこわすようになると、本当に孤立してしまいますね。

 

回復に向かい始めても、少し辞めているくらいでは、誰も褒めてくれません。

 

だって、ギャンブル依存症の人以外は、ギャンブルを辞めることはそれほど難しいことではないし、色んなきっかけがあれば、スパッと辞めるもの。

 

出来ないなんて理解できない、意志が弱いんだよ、というのが一般的ですよね。

 

依存症を少し理解してくれる人でも、やはりそれまでに起こされたギャンブルにまつわる数々の酷い出来事があるため、簡単には評価などしてくれません。

 

もちろん評価してもらう為に辞める訳では無いんですけど、やはり周りの目は気になります。

 

そして、誰かに回復への道を否定されただけで、簡単にスリップしたり、落ち込んだりします。

 

だけど、自分で考えたらよく分かると思うんですよね。

自分がしでかしてしまったことを逆にパートナーがしたらそれを許せますか?

 

酷いギャンブラーであればあるほど許せないかもしれませんね。

そうなんです。思い切り自分のことは棚に上げて、回復へ向かってることを人には褒めて欲しかったり、頑張ってる姿を認めて欲しいんです。

 

つくづく俺らは甘いですよね。

それまでにどれだけ家族や周囲を巻き込んできたか、喉元過ぎれば直ぐに忘れてしまいます。

 

なので、人から褒めてもらうことや認めて貰うことは、望んではいけないと思います。

 

そして、認めてくれた時は逆にありがとう、と素直に喜ぶだけなんですよね。

 

そして、それがあろうとなかろうと、自分の回復にむかって、1歩ずつ歩いていくだけです。

 

更に、もうひとつ。

 

人に上げられた自尊心は人によって簡単に下がります。

それと、人は欲望のかたまりなので、尊敬、賞賛や羨望など、されてもされても満足はしません。

もっともっとと限りなくなってきます。

 

どこかで自分が気づかないと、大変なことになってしまうことも。

なので、人から褒めてもらうことなどは長続きしませんよね。

 

だから、じゃあどうするの?

 

調子に乗ったら行けませんけど、きちんと現状の自分がやれたことを認めて、褒めるんです。

 

自分でできなかった事じゃなくて、出来たこと、乗り切れたことをきちんと自分で噛み締めていけば、揺るぎない自信に繋がります。

 

その自信は、誰かに何かを言われても、自分が積み上げてきたものだから、崩れ去ることはありません。

 

回復なんか、簡単にはしませんし、1年、2年くらい辞めていても、そんなにギャンブルしてた頃と変わってませんよ。

 

調子に乗るでもなく、自分を下げるでもなく、ありのままの事実の自分をきちんと認めることが、結果的には、辞めていくための大きな1歩にもなると思うのです。

 

もちろん周りの人の考えや行動から見習うことも沢山、逆にこうはなりたくないと、反面教師も沢山います。

 

その中で、自分をきちんとみて、弱い自分、情けない自分も認めて、でもそんな自分でもやれたよ、というものを見つけていくことも大事ではないかと思います。

 

しっかり自分を点検して、ケアしなきゃですね🤗

 

ブログ応援してください!

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク